シーバス ビッグベイトの使い方と釣れない時の対処法


今回は「シーバス 釣れるビッグベイトの使い方」をお送りします。ビッグベイトは特殊なルアーですが切り札的な使用ができます。しかし、使い方を少しでもミスると異常なほど釣れないので参考にしてみてください。今回は河口での釣りに限定しています。

ビッグベイトの特徴を理解しないと全く釣れない

昨今のシーバスの状況を見るとスレているポイントが多いのでビッグベイトの尋常でないアピール力はマイナスに働きます。ある程度特性を理解して使わないとボウズどころか長期間カスリしない場合もあると思います。

しかしビッグベイトはかなり特徴が通常のシーバスルアーと違いますし、さらに性能もいい意味でも悪い意味でも振り切れていますので使用できる、釣れるシチュエーションが分かりやすいです。

なので釣れるシチュエーションやポイントさえ理解できて何度も実践すれば十分釣れます。以下からはビッグベイトの特徴をお送りします

  • 飛ばない

ベイトタックルを使用するのが基本ですが、たとえスピニングでも全く飛びません。飛距離は平均20~30mと捉えてもらっても良いです。

もちろんタックルバランスやキャストフォームなどで大きく伸びる場合もありますが体力的な面(毎回フルキャストすると異常に疲れます)や風などもありますから飛ばないルアーです。

さらに向かい風に尋常でなく弱いので風が強すぎる場面では使用できません。

※飛ばないのはジョイントビッグベイトの話です。ビッグミノーやビッグプラグはタックルセッティングやキャストにもよりますがモノによっては60m近く飛びます。

  • でかいシーバスしか釣れない

マッチザベイトの側面から考えるとデカいシーバスが着くようなボラパターンやコノシロパターン、アユパターンで使用することになるのでそれらのベイトに着いたシーバスはでかいです。

さらにビッグベイトはフック自体もでかいので小さいシーバスは乗らないと考えてもらって良いでしょう。

なので狙い方やポイントにもよりますが、ほぼ70UP以上が釣れる(取り込める)と思ってもらって良いでしょう。これは型狙いのアングラーには非常に良いポイントです。

60~70手前ぐらいの浮いたシーバスが厄介ですが、河口でよくいるセイゴ~フッコなんかはほぼ釣れないのでメリットですね。

  • 尋常でないアピール力と集魚力

ボディがでかいので水中から良く見えます。特にシーバスは目でベイトを探すことが多いのでビッグベイトは見えやすく非常に集魚力が高いです。

さらに動かすとS字でもスネークでもかなり動きます。これは非常に水を押すので波動も尋常ではありません。

明るい場所で使ってもらうと分かりますが、シーバスがいないと思っていてもキャストして巻くと後ろからわらわらとシーバスがチェイスしてきます。(食わないですが・・・)

これは使用しないと分からないのですが、明らかに通常のシーバスルアーと違う反応が得られます。

この3つが重要なビッグベイトの特徴です。これから察すると・・・

  1. シーバスの型が良い、型が良いのを狙いたい
  2. シーバスが20m以内にいる
  3. ベイトがでかい(コノシロ、アユ)

これらを満たすシチュエーションとフィールドで使用するのが釣る上でのポイントです。イメージはある程度でかいシーバスが恒常的にいるのが分かっている場合の使用が一番適しています。

なので河口で使用するなら・・・

  1. シャロー
  2. 橋脚
  3. 川幅が狭い
  4. 流量が多い

これらが複合するポイントがおススメです。もちろん色々な使い方ができますがこれが私の中ではベストです。シーバスの距離がやや遠い場合はウェーディングもありですね。

現にビッグベイトを使用する際はウェーディング(ひざ下ぐらいまでしか浸かりませんが・・・)でやや距離を詰めて使用しています。

おすすめはベイトロッドが一番得意とするパワーファイトが生かしやすい橋脚周りと水中の根周りがおススメですね。

ビッグベイト使用時は断然ベイトタックルがおすすめ

ビッグベイトはスピニングでもロッドとラインを変えればキャストできますが飛距離は全く変わらず、さらに細かい操作などがしにくくなることから全くおススメではありません。

特にスピニングタックルだとドリフトさせる時にラインをフリーにして流したり、接近戦になるのでごり押しができない、ジョイクロマグナムのような3オンスクラスは使用できないなどの制約があります。

なので基本はベイトタックル一択ですね。

  • ビッグベイト向けのダイワベイトタックル例

ラインはナイロン5号がおススメです。

簡単にベイトリールは3万程度、ロッドはエクストラハードのモノを用意すれば十分使えますが、それはベイトリールに慣れた人は使えるというだけでベイトに全く触れていないような人は相当使いこなすまでに時間がかかるので注意してください。

上のリンクは私が使用しているビッグベイト用のタックルですね。ラインは主にナイロン5号かフロロ4号直結のどちらかをお好みで選んでいます。

ビッグベイトの使い方「ドリフト一本で攻める!」

  • いろいろな角度や流し方を試してドリフトで食わせるのが良い

ビッグベイトは少しでも水の流れがあると勝手に泳ぎますのでドリフトで巻くという違和感を消してシーバスが食う流し方で釣るというのが経験上一番釣りやすいです。

例えば・・・

通常アップクロスにキャストしてリップレスミノーを浮かべるとラインが先に流れていてリップレスミノーは浮いたままのゴミになってしまいますが、ビッグベイトで同様に浮かべて流すとジョイントで勝手に動くの上の動画のようなアクションが自然に出ます。

こうなるとゴミではなく魚に近くなりますのでバイトしてくるという寸法です。

他にもダウンクロスにキャストしてほっておくなど、流し方を工夫して完全に食うまでじっくり粘るというやり方が効果的です。何度も通すとどうしてもスレますが、食う流し方をするといきなりドカンときますので大丈夫です。

流し方に法則性はありませんのでその日に応じて調整する必要はあります。

ここでポイントがあり調整して食わせるので時間が非常にかかります、さらに居ないところで調整しても意味が全くないのでなるべく居るという事を知っているというのが釣れる条件になります。

一見非効率ですがうまく調整すればド派手のバイトとド級のシーバスを獲ることができます。

  • ビッグベイトの頭の向きがドリフトで重要

上の図のようにアップクロスにキャストしてラインを流すとビッグベイトは下流側に頭を向けたまま泳ぎます。クロスにキャストすると流れと垂直に、ダウンクロスにキャストすると上流側に頭を向けた状態と3つの頭の向きがあります。

その日ごとに流れてくるベイトを好むのか、平行に泳いでいるのを好むのか、流れに逆らっているのを好むのかありますので調整が必要です。

特にアユは上から落ちてくるのでアップクロスの方が良いですし、ボラなどは適当に泳いでいるのでダウンなどベイトごとに通るコースや流れてくる位置がありますので、そういったモノを見逃さずにして試すとかなり確率が上がると思います。

  • イナッコやボラの挙動に注目すると位置が絞りやすい

ビッグベイトのドリフトは非効率な釣りなので時間がかかります。こういった釣りではシーバスの位置が絞れていないといけません。このシーバスの位置を絞る時に重要なのがイナッコやボラの挙動です。

ある程度のサイズのシーバスは派手にボイルする事は少なくさらに定位置にいる事が多いのですが、その居る位置の上をボラやイナッコが通ると嫌がったり、避けて通ることがあります。

イナッコやボラもあまり食われはしないですが、さすがに真上を通るとかなり避けようとします。こういった位置を探して通すとかなり可能性が高まります。

ビッグベイトは風に異常に弱いのでどうしても使える範囲の風量でないと操作ができなくなります。という事はシーバスの活性が上がる風を封じてしまうのでやタフコンになります。

こうなるとよりヒントが得られなくなります。なのでイナッコの動きで位置を特定するのは非常に重要になります。

  • ビッグベイトで長距離をトレースする裏技

先ほどのダウンクロスの図ですがキャストしてから着水時にそのままラインを出すと下にどんどんビッグベイトが流されていくのでそのまま任意のポイントで放出を止めるとラインが続く限り探れます。

もちろんダウン限定の裏技ですが、ビッグベイトは全く巻かなくても勝手に動いてシーバスが居れば勝手にバイトしてくるのでキャストして放置するというのも結構釣れます

長くなってきたのでまとめると・・・

  1. ビッグベイトが届くシーバスの位置を絞り込む(なるべく大型サイズの位置が分かればよい)
  2. ビッグベイトをアップ、クロス、ダウンなどで流して食うトレースコースを探す
  3. 流すだけで食わない場合はジャークなどを入れて調整する

この3工程を意識すれば釣りやすくなります。ここで一番難しいのが1、ビッグベイトが届くシーバスの位置を絞り込む(なるべく大型サイズの位置が分かればよい)ですね。

これが分からないと飛距離の出ないビッグベイトで探る羽目になるのでまず時間が足りなくなってしまいます。

知っておきたいビッグベイトのアクションの入れ方

  • ハンドルのグリ巻き

ビッグベイトは水の掴みが非常にいいのでリールのハンドルを一回転ないし、半回転強くグリっと巻くことで急激にアクションし平打ちさせることができます。

特にホロ系のビッグベイトだとかなり発光するので非常にスイッチを入れやすくドリフトの食わせとして使ったり、ベイトを散らすアクションとして使用できます。

  • 強く激しいジャーキング

グリ巻きと同様にジャークも非常にビッグベイトと相性が良いです。

ジャークを入れる時のポイントは一回ないし数回を速く強く入れるのを意識しましょう。ミノーのように連続で入れるとフックを拾ってエビ絡みしやすくなるので注意が必要です。

ロッドを立ててラインスラッグを取りそのまま下に強くジャークするとビッグベイトが360°回転するアクションなども出せるので要所ではしっかり入れてシーバスの反応を見るようにしましょう。

ビッグベイトで釣れない時の対処法

  • ビッグベイトは巻いたら引くぐらい釣れない

ビッグベイトはS字とジョイントのスネーク系がありますがどれも巻くと非常に釣れそうな魚のようなアクションが出ます。

実はこれが落とし穴で、巻くとびっくりするぐらい釣れません!

もちろん異常に活性が高い場合やルアーを見たことがないような完全回遊シーバスやコノシロやアユに狂っているようなシーバスには巻くと非常に反応が良いですが、別段特に活性も上がっておらずさらにある程度のプレッシャーがかかっている状態で巻くと尋常でないほどアピールがありますからこれだけで見切られてしまいます

巻いたら食わない理由として他にはビッグベイトサイズのベイト食うでかいシーバスはあまりベイト自体を追いかけず死にかけのベイトが近くに来たときだけ食うといった捕食スタイルを獲ることがあり、巻くと襲っても失敗すると判断するのか反応が悪いです。

例外はもちろんありますがトータルすると巻くとデカいのは状況がよっぽど良くないと釣れないと思ってもらっても結構です。さらにただ巻いて使うなら普通のルアーを使った方が100倍釣れますし効率も良いです。

  • 飛距離への執着を捨てよう

ダウンクロスで流す以外、20mぐらいしか飛ばないので近くにシーバスがいるようなフィールドで使用してください。

仮に40m先の流れのヨレやストラクチャーを攻める時はどうやっても届かないのでそのポイントはビッグベイトで釣るのは不可能です。

なので慣れないうちはビッグベイト用ベイトタックル、通常のスピニングタックルの二本差しでやるようにすると打ち漏らしが減ります。

  • ベイトの大きさもこだわらなくても良い

ビッグベイトは尋常でないアピール力と集魚力があるので実際のところマッチザベイトなどは関係ありません。なので捕食されているベイトの大きさや種類はあまり意識しなくてもOKです。

しかし、ベイトの位置や挙動はシーバスの位置を絞り込む上で有効なのでそこだけは見逃さないようにしてください。

  • でかいシーバスがいない時は釣れん、潔く諦めるべし!

バイトしてくるシーバスが大きいのがビッグベイトの特徴ですが、その大きいシーバス自体の数は総数に比べて少ないので普通にいない日も多いです。

なので色々試したうえで釣れないようであれば潔く諦めて次の機会を待ちましょう。

※バイトはあってもバラシてノーフィッシュってことも多いです。

ビッグベイトを掛けた時のシーバスとのファイトのやり方

  • 思いっきりフッキングを入れるのを何回もして確実にフックを貫通させよう

ビッグベイトは外がかりになることが多いのでフッキングを何回も決めて確実にフックを外皮に貫通させておきましょう。

ビッグベイトにシーバスがバイトしてくるとドゴンッ!と鈍い感じがロッドに伝わるのでそのまま3回ほど思いっきりフッキングを入れておきましょう。

フックが貫通してない場合にヘッドシェイクさせてしまうとほぼ確実に外れてしまうので注意が必要です。

ロッドもフックもラインも強いタックルにできるのがビッグベイトのメリットなので遠慮せずに思いっきり合わせましょう。

  • ベイトロッドならロッドを思いっきり立ててごり巻きしろ!

エクストラハードやロングのミディアムなどのビッグベイトロッドを使用している場合はドラグを事前にフルロックしておいて如何にシーバスに引っ張られようとそのまま無理やりロッドを立ててごり押ししましょう。

ディアルーナのMLで5kg以上あるランカーをロッド立ててのごり押しでも折れる気配はないので絶対大丈夫です。安心して力でねじ伏せましょう

スピニングのようにロッドワークでいなそうとするとシーバスに走られるので余計面倒になってしまいます。

なのでロッドとベイトリールのパワーを信じて無理やり寄せて速く取り込むのがばらさないようにするコツです。

80クラスだとドラグをフルロックでもズルズルとラインを出してきますがそれも指で押さえて無理やり取り込みましょう。

PE5号やナイロン5号以上かフロロ4号直結なら土嚢や木の塊に絡まってもそのまま絶対に取り込めるのであらかじめ太いラインを使用するようにしてください。

  • フックは入念に交換すべし

あらかじめでかいシーバスが来ることが分かっているので少しでも乗りやすくするようにフックをこまめに好感しておきましょう。

バス用のビッグベイトを流用する場合は事前に交換しておくか、数回使って錆びてきたら交換しておくのをおススメします。

ビッグベイトの釣りは数より一匹の質が上がる釣りなので上がる釣りなのでバラシが非常にメンタルに響きます。なのでフックはビッグベイトのデータを見ながらカルティバかがまかつのシーバス用に交換しておきましょう。

初心者向けシーバスビッグベイトQ&A

  • でかいシーバスがいる位置が分からない!

フィールドによって大きくいる位置が異なるので一概にどこがよいとはいえませんが、意外と足元や手前のシャローに時期関係なくいます

特にランカークラスは鈍重なのでかなり浅いシャローにベイトを追いこむ時があり水深が30cm程度も普通にいるので注意。

ベイエリアでも70~70後半ぐらいなら足元の岸壁際にいるのでとりあえずビッグベイトを投げまくってチェイスがあるかどうかなども最初はよく観察してください

  • 小さいベイトしかいませんが、ビッグベイトで釣れますか?

普通に釣れますね

とりあえずでかいのがいりゃ何かしら反応があるのでマイクロベイトにボイルしていてもぶっこんで見ましょう。

ちなみにマイクロベイトにボイルしていてもビッグベイトが通ると普通にバイトしてきます。

これはシーバスから見るとビッグベイトは敵対魚なので威嚇やついでに捕食してしまおうという欲求などが働きバイトしてきます。

※釣れるのは釣れるという意味です。マイクロベイトパターンには小さいルアーの方が断然釣れます。

  • 何種類ぐらいビッグベイトは集めた方がいいですか?

最悪ベーシックなジョイクロ178Fのホロ系とチャート系の二本あれば大丈夫ですね。

従って逆にルアー自体には金がかからないかもしれません。後述しますが理由が色々あります。ちなみに私はサカナタイプよりギルタイプの方が好きなのでそちらばかり使用します。

しかし。ジョイントビッグベイトだけだと基本ドリフトしかできないので飽きる場合もあります。なので大型トップや大型ミノーなどを用意しておくと飽きずにできます。

  • ビッグベイトのローテーションってどうすればいいですか?

厳密にしなくて大丈夫です。よほどクリアーな水質でない限りお好きなカラー、お好きなビッグベイトで何とかなります。ビッグベイト自体の決着は早いことが多いです。ローテーションでじわじわとやっている時点でちょっとその日は厳しいかもしれません。

使い続けると飽きてくるのでその時交換すればOK。従って2~3本あれば飽きずに色々できます。

  • フローティングとシンキングはどっちがいいですか?

絶対にフローティングです。シンキングは根がかりするといけないので水深と相談してください。

フローティングでも板オモリを貼ればすぐにシンキングにできます。

ベイエリアや足場の高いポイントで使用する時は板オモリやシンカーをつけてシンキングにしましょう。

  • フェザーフックって効果ありますか?

なしです。邪魔なのでのけましょう。

  • サイズとかウェイトとか気にするべき?

ある程度でかければ勝手にアピールするので最低150mmほどあれば十分ランカーを狙えますね。これ以下だと中途半端な60ぐらいも釣れるというかバイトしてくるので邪魔になるかもしれません。

ウェイトは40g以上あれば水の掴みも重くなるので存在感も出ます。

  • バス用のでかいスイムベイトなどでも釣れますか?

問題なく釣れます。一応上は5インチなのでそこまで大きいサイズのスイムベイトではないですが使用しても全然問題ないレベルで使えます。しかし、ファストシンキング気味のスイムベイトも多いので根がかりには注意してください。

  • 全然釣れんけど! どうすりゃいいですか?

とにかく最初はキャストしまくってください。

どこでもいいので投げまくっていると勝手にドカーンと来ますからそのドカーンときた位置を覚えておいて、なんでシーバスがいたのか、いついるのか?などを推理していけばOK。

ドリフトが難しいようであれば最悪デッドスローで巻いてくればOKです。とにかく投げまくるのが重要

ビッグベイトの釣果

これらはガンティア180の釣果です。ダウンクロスにキャストして放置でガッツーン!バシャバシャッ!みたいなバイトでとにかく面白いです。あとビッグベイトで釣れる魚は生命的に強いモノが多く尋常でないパワーなのも良いですね。

こちらはブリガンテswでの釣果ですね。こちらはアップクロスにキャストしてジャークを入れるとドゴンッ!でした。ブリガンテはシンキングなので若干怖いですがまあ使いやすいです。

ジョイクロ148での釣果ですね。ドリフトでアップから流すとド派手なバイト。まさに水面爆発ですね。148ならスピニングでも使用できます。このタックルはディアルーナB806MLなので178はキャストできないので148の32gを使用しています。

こちらは6月初旬の釣果ですね。橋脚乱れ打ちでバイト、148はスピニングロッドでも十分使えるので一本持っておくと面白いかもしれません。

7月初旬の釣果ですね。ジョイクロ148だとサイズは伸び悩んでしまいますが、それでも接近戦はミノーやシンペンよりも断然強いので重宝します。

丸吞みですね。アップから流しつつジャークを入れるとガキンッ!とスーパーバイト! 迫力がいいですね。

ジャッカルのチビタレルでの釣果ですね。130mm,40g程度なのでディアルーナB806MLでもギリギリ使用できます。チビタレル以外にもガンタレル、ギガンタレルとラインナップがあるのでうまく使い分けたいですね。ちなみにギル型のビッグベイトは360°ターンという特殊なアクションができます。

非常にでかいですね。ビッグベイトは釣れるタイミングやトレースコースをしっかり考えるとかなり高確率で大型シーバスを引っ張ってこれます。まずはどの潮位でどの位置にランカーが着くのかを意識して何度も釣行して細かいデータをとる作業を行って精度を上げていきましょう。

こちらはガンタレルでの釣果ですね。アシストフックなども着けてバラシ対策を研究しています。この70手前ぐらいのサイズは結構バラすので取り込むか捨てるか選んだほうかいいかもしれないですね。

ベイエリアでの釣果ですね。普通にベイエリアでもビッグベイトで釣れます。むしろ中途半端なミノーやアイ部レーションよりは釣果もましなので一発狙いも兼ねつつ使うと良いでしょう。その代りアシストフックなどをつけていないと異常にばらすので注意。

こちらは春ごろの釣果ですね。ボラの群れに流し込むとバイト。久しぶりのビッグベイトなのでちょっとびっくりしてしまいましたが・・・。ものすごく力が強ったです。

こちらはヴァタリオンでの釣果ですね、110なのでビッグベイトか?と言われると?ですが、でも体高はあるのでビッグベイトよりです。S字というよりバイブレーションに近いアクションなので使用感はかなりあります。

こちらはコノシラススイマーでの釣果ですね、上のヴァタリオンをでかくしてみた感じのビッグベイトです。非常に使いやすいので今後お楽しみなルアーの一つになりそうです。

こちらはジョイクロ178での釣果ですね、岸壁でボラとコノシロがいたのでキャストするとドーンとバイト。ようやくジョイクロバラシ神話に終止符が打てました。

スライドスイマーでの釣果ですね、アップにキャストしてゆっくりドリフトさせるとドゴンとバイト。このドゴンとくる感じが病みつきになります。

※釣果は随時記載します。

ビッグベイトは純粋に面白い

ビッグベイトは飛距離に制限があり、タックルもベイトタックルでないといけないので釣るために色々やらないといけません。要は簡単に釣れないというわけです。

実際巻いて釣れないという大きな罠がありますからただ流すという釣ったことがないと釣れそうな気がしないやり方をしないといけないのでさらに難しく感じると思います。

しかし、体験してもらえると分かりますがかなりド派手なバイトと超強烈なシーバスの引きをドラグフルロックで一気に受け止めるというまさに決戦感があります。あと正直あまり釣れないので釣れた時のうれしさも非常にあります。

とりあえず面白いので使ってみる事をおススメしますが、タックルやビッグベイトを揃えるとかなりお金がかかり、さらに釣れるまでかなり苦労しますので覚悟は必要です笑






Twitterフォロワー募集中です!


不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

シーバスがビッグベイトの届く範囲にいる事が重要。巻いたら死ぬほど釣れないのでとにかく流す。最初はびっくりするほど釣れないので最初の一匹まで我慢が重要。ビッグベイトで釣ったらかなり感動があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA