実釣 シーバスライトタックルでセイゴ+河口でチヌ

 

今回は実釣です。最近ポツポツ釣りに行っていたのでまとめて書きます。

当日のコンディション

大潮周りで風は無風、晴天とやや釣り向きではないコンディションでした。まあベイエリア中心なので満潮付近の方が釣りやすい傾向があります。河口でチニングした時は小潮だったと思います。あまり覚えてないですね。

ベイエリアでも風があった方が断然釣りやすいので大潮周りとはいえど難しくなったりもします。逆に風が吹いたら若潮や長潮でも簡単に釣れたりするのでやはりシーバスにとって風は重要な要素です。

釣果


タックルハウス ローリングベイト66でガツンとバイト。お盆中釣りに行けなかったときタックル整理してたら出てきたので使ってみました。やはり定番は伊達じゃなく結構釣れますね~。


DUO マニック75 でバシュッとバイト、やはりマニック先生は釣れますね。ベイトは謎の小魚で水面を切るように泳いでいたので引き波を立てて巻くと一発でした。

途中70程度のシーバスがすんでのところまでチェイスするも惜しくも見切られました。写真は撮ってないですが30cm程度のセイゴが5匹程度釣れたので合計で10匹前後とまあまあ楽しめた釣りでした。久しぶりにベイエリアに行ったのですがなかなかストックが多くあまり釣られていない感じがしましたね。

こちらはどぶ川での釣果です。APIA パンチライン80 のボトムドリフトでゲット。やはり真冬の方がでかいチヌが釣れるので早く冬になってほしいと思います。

ドブ川のシーバスは無って感じで全く居ませんね~。そろそろビッグベイトで炸裂させたいんですが居ない事にはどうすることもできないのでまあいづれ決着をつけたいと思います。

ライトタックルは面白い

まずライトタックルは乗りの良さや小型ルアーの操作性向上のメリットの他に小さいシーバスでも十分楽しめるっていうのが良いですね。岸壁などのオープンエリアならドラグをゆるゆるにすれば小型シーバスでもかなり引きが増幅されるので面白いです。

上のように晴天無風だとシンペンとかでアプローチしたら結構な確率で釣れるのですが、どうしても通常のMLロッドでやると乗る前に吐き出されたりして乗らないことが多いのでそういった点でもストレスなく釣りを楽しめるのが良いところです。70UPでも落ち着いて30分ぐらいやりとりすれば十分取り込めますし、バラシが多くて気になる方はおススメです。

過去の釣果ですね。11月ごろになるとこのサイズがポツポツベイエリアに回ってくるのでジャーキングなどの強い釣りでごり押しすると小さいセイゴを散らしてバイトさせることができます。

シマノ スピニングロッド ディアルーナ XR シーバス S806L-S 8.6フィート

ソリッドティップならかなりバイトを乗せる事ができます。その分折れやすいので注意してください。私は扱いが雑なのでソリッドなしのディアルーナLSTでやっています。

まとめ

田中のスピニングタックルとディアルーナLST+トーナメント2500番+PE06+リーダー適当。ヒットルアーロリベ、マニック先生、パンチライン。

来週はウェーディングですかね~。ガンティアで釣るぞ~。

超不定期配信なのでフォローしてもらえるとシーバスラボラトリーの更新がすぐ分かります!

Twitterブログパーツ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA