サブスク会員限定 シンペンのアクションを4つに分類! 流れとの親和性なども解説! 

この記事はプロモーションが含まれています。

こちらはサブスク会員限定記事になります。 シーバスラボラトリーサブスク有料記事読み放題会員限定にご加入いただければ、投稿済みの有料記事記事をすべてご覧いただくことができます。

気になる方は要チェック!

釣り天気予報とルアーのインプレ記事、実釣記事の有料記事だけ購読したい方は上リンクを要チェック! 釣り天気予報のサブスクは無料トライアルあり!

会員登録はしたくないという方は記事中部から単品購入することもできます。

シンペンのアクションには4つの違いがある

シンペンはスラロームが基本アクションですが、細かく見るとけっこう差があります。まずは目を通してみてください。

  • ノーマルスラロームタイプ

基本的なアクションで、頭を起点に尻尾を振る動きです。大体のシンペンがこのアクションに設定されており種類が多いのが特徴的です。ワイド系のシンペンに採用されてますね。 こちらはパンチラインでの釣果ですね。パンチラインはヘッドが切り立っておりかなり分かりやすくスラロームしてくれます。小さいリップがついたシンペンもありますね。

アピア ルアー パンチライン80#20 CHモヒート.

アピア ルアー パンチライン80#20 CHモヒート.

1,500円(07/16 01:54時点)
Amazonの情報を掲載しています
  • 微弱スラロームタイプ

こちらはノーマルスラロームを抑えた感じのアクションで、振りが弱いスラロームタイプです。やや細めのシンペンやバチ抜け用のシンペンに多いですね。 こちらはスタッガリングスイマーでの釣果ですね。パンチラインほどははっきりスラロームしませんが、のらりくらりとスラロームしてくれます。