シーバスが釣れない原因「ボウズの原因分析をしろ」

今回は「シーバスが釣れない原因 ボウズの原因分析をしろ」をお送りします。

シーバスが釣れないとボウズになってしまいますが、ボウズの原因が必ずあります。これらを分析することによってシーバスを釣る事に近づくので参考にしてください。

 ボウズにも種類がある、どれに該当しているかが重要

  • アタリが一切ない、シーバスにカスリもしないボウズ
  • シーバスと思われるアタリがあったボウズ
  • 掛けたがバラしてしまいボウズ

この3つがシーバスをやっていてよくあるボウズの種類です。

ボウズの種類でご自身がどれに良く当てはまってしまうのかを考えてみてください、ここからはそれらの対処法と分析の仕方を紹介します。

  • アタリが一切ない、シーバスにカスリもしないボウズ

このタイプはすべてがかみ合っていない時に発生します。

シーバスで大事な要素のシーバスがそこにいるのか、釣り方があっているのか、がずれすぎているので起こります。

例えば河口ならベイトがいないのでそこにシーバスがいない、ベイエリアならスレ対策ができていないので無反応といった具合です。

このタイプのボウズを分析するのに必要な考え方はそのポイントに本当にシーバスがいたかどうか?という点です。

もし、自分がやっていた後に他のアングラーに釣られてしまった場合はシーバスはいたが釣り方があっていないので釣れなかったという風に解釈できます。

他には、周りのアングラーも釣れてないし自分も釣れなかった場合はそのポイントにシーバスがいない可能性が非常に高いと解釈できます。重要なのはシーバスがそこにいたかという点です。

  • シーバスと思われるアタリがあったボウズ

基本的にシーバスは反転食いするのでバイトが派手に出る事が多く手元に伝わる衝撃も強いです。

過去シーバスを釣ったことがあるなら一発で分かります。しかし、活性が低い時や釣り方やレンジがずれてしまうとショートバイトになったりチェイスだけで終わったりすることが多くなります。

軽いアタリならメバルやチヌの可能性も十分ありますし、沖目でガツンと来るだけだとダツや太刀魚の可能性もあります。こういった場合に本当にシーバスかどうか検証するのが重要です。

  • 掛けたがバラしてしまいボウズ

これは釣り方も正解ですし、シーバスがいるのも確定していますので実質的に釣ったといってもよいでしょう。

確かに陸揚げしていないのでボウズなのは間違いありませんが、シーバスはバラシ率が非常に高いサカナなので取り込めるかどうかには運も絡みます。

レンジや釣り方が合致していると反転食いをするので下あごの部分にかかり非常にバレづらくなります。

パターンにうまくハマっても何度も連続でバラしたりする場合はタックルバランスややり取りの仕方に問題があるので確認して練習をする必要があります。

これらを参考にしてください。

ボウズの原因を検証して対策を打たないと釣れるようにならない

  • どのパターンがどれぐらい多いのか検証する

ボウズを分析する上で重要なのがどのパターンがどれぐらい続ているのかというのを知る事です。

例えばアタリが一切ない、シーバスにカスリもしないボウズが連続で何度も続くようであれば通っているポイントにシーバスが回ってきていない可能性が非常に高いのでポイントを変えてみる必要がありますし、何度も続いているが他は釣れているのなら釣り方が大幅に間違っている場合があります。

しっかりデータをとって周りと比較していくのが重要です。最近はSNSやサイト、ブログなどが非常に発達しているのでお住まいの地域の釣果情報はすぐに手に入れる事ができます。

  • シーバスを釣るには最低限のテクニックや知識も必要

ミノーのただ巻きで釣れるほど楽な釣り場はほとんどないのである程度釣り方を模索しないとシーバスと思われるアタリがあったボウズが頻発するようになってしまいます。他にもシーバスはいるのにアタリが一切ない、シーバスにカスリもしないボウズが連発する場合もあります。

特にボイルしているのに一切食わない状況下では大幅に釣り方が間違っている場合があります。

連日釣れていたのに徐々に失速していった場合などはスレ対策ができていない場合もありますし、最低限の知識とテクニックはシーバス釣りでは絶対に必要なので日々意識して釣りをしなければいけません。

他にも…

  • レンジ
  • キャスト精度
  • ルアーの選定

などもかなり重要な要素です。

ここまで聞くとかなり複雑そうな印象受けますが、逆に言い返せば最低限のテクニックとレンジ、キャスト精度、ルアーの選定さえ合えば釣れることは非常に簡単になります。

何から習得すればいいのか分からない場合はシーバスがそこにいるかどうかだけに意識を集中しておきましょう。

シーバスは回遊頻度が非常に高いので好みのベイトがいれば居着きでも移動してしまいますし、日によって着く位置がまばらな事が非常に多いです。

いるかどうか分からないと釣り方を考えても意味がないので確実にいる確信があるというのが重要です。

  • 毎回シーバスの反応が少しある場合は微調整を行う

シーバスと思われるアタリがあったボウズが頻発する場合は、釣り方が大幅にずれている事が多いのでルアーチェンジやレンジを微調整して食うまで釣りをするのが効果的です。

例えばミノー系でショートバイトが多発するようならミノーのサイズをワンランク落とす、カラーを地味に変更する、バイブレーションやワームで下のレンジを探ってみるなどです。

  • ルアーサイズを下げる
  • ルアーカテゴリーをチェンジする
  • レンジを下げる
  • 潮位が変動するのを待つ

などの調整をしつつ、シーバスの掛かりを待ちましょう。

その際に気をつけるのが安定してそのポイントでシーバスの反応があるかというのを調べる事です。

例えば何もない岸壁でただ数回アタリがあってもたまたまベイトがいてシーバスがいただけかもしれないので安定性に欠ける場合があります。

シーバスが居着く、回遊頻度が良いポイントというのは必ず変化が伴うのでそういった地形的な変化、流れの変化、ベイトなどもよく観察しておくと良いでしょう。

まとめ

ボウズを分析して対策を打つ必要があります。シーバスがいないのが一番厄介なのでいるかいないかというのは常に意識して釣りをしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA