チニング ミノーでチヌを釣るやり方 

チヌのミノーイングのメリットや釣れる時期について

  • 実はミノーイングでチヌはいつでも釣れる

ポイントや地域の細かいチヌの習性にもよりますが、いつでも年がら年中ミノーで釣る事ができます。特にチヌの魚影が濃い関西圏、瀬戸内海、九州などはかなり釣りやすいですね。逆にシーバスが多い関東の東京付近や寒い東日本あたりは狙って釣るのは難しいかもしれません。

年がら年中釣れますが比較的釣りやすいのが冬場~夏にかけてあたりですね。

チヌはシーバスと違い冬から捕食をたくさん初めて春に産卵するのでサイズが期待しやすく数も釣りやすいです。夏場になると大物というよりはやや小さいのがいっぱい釣れるイメージです。

  • チヌをミノーで釣るメリット

チニングは一般的にはトップ系とワームやバイブレーションなどのボトム系で釣る事ができますが、前者のトップ系はバラシが多いというデメリットがあり後者のボトム系は根がかりが多いという欠点があります。

この中間を攻めれるミノーはバラシも少なく、根がかりもしにくいのでおススメです。やり方も簡単なのでシーバスが釣れない時に狙ってもいいですし、専門で狙っても面白いです。

チヌをミノーで狙う場合は河口か河川に絞ろう

ベイエリアでもチヌは釣れますが、仮にベイエリアで釣るとなると普通に餌釣りの方が釣れますし、楽なので河口でシーバスと同様に狙っていった方が効率が良いから河口をおススメします。

ちなみにベイエリアだとチヌは岸壁にいるカニやフジツボを多く捕食するのでミノーではかなりやりにくい場合が多くおススメではないですね。

  • どういった河口がおススメ?

ある程度広ければどこでも可能ですが、なるべく濁っていた方が釣りやすいです。チヌはシーバス程光を嫌うわけで張りませんが、透明度が高いと見切ってくる場合があるので汚い都市型河川などがおススメです。

食べれなくなってしまいますが、その分専門で狙う人があまりいないのでシーバスよりかはスレてなく釣りやすいと思います。

水深はなるべく浅めの方がやりやすいので2m以内になるようなポイント中心に攻めていきましょう。東日本でない限りどこでもいるのでポイントには不自由しないと思いますね。

ミノーでのチヌの狙い方

  • やり方はめちゃくちゃ簡単飛ばして根がかりしない程度で早く巻くだけ!

シーバスのように丹念にドリフトさせる必要がないので超簡単です。基本的にロッドを立てて根がかりしない程度に早く巻くだけで釣れます。もしここでスローリトリーブやドリフトで攻めてしまうとシーバスの方が多く釣れてしまうので注意してください。

ちなみにただ巻きよりもっと早く攻めたい時はジャーキングや連続トゥイッチも効果的です。チヌの活性に応じて適宜釣り方を変えて行くとより簡単に釣れるのでおススメです。

  • 流れが強い場所を重点的に攻めよう

これもシーバス釣り分けるうえで重要でチヌはシーバス程動かない訳ではないので海底付近は頻繁に動いて獲物を狙います。特に流れがキツイ場所だとカニやエビなどの甲殻類、死にかけのボラやイナッコが上流から流れてくるのでこういったベイトを積極的に見つけて襲います。

シーバスは大型になればなるほどその場から動かずに自分付近のベイトを襲いますので、きつい場所より緩い場所を好みます。なのでなるべく流れがキツイポイントを重点的に攻めるようにしておくといいでしょう。

チニングに適したミノーのスペック

  • 安定感を求めるなら8~10cm台がおすすめ

チヌは口が大きくないのでミノーのサイズを下げておくとかなり乗りやすくなります。さらに全体的に鱗が硬いので貫通力が高い小型フックが搭載された小型~中型ミノーが非常にハマりやすいです。小型ミノーだとカニやエビなどを勘違いする場合もあるのでより安定感が高い釣りが期待できるでしょう。

  • 50アップ以上を視野に入れるのなら10~125で攻めよう

チヌは40を超えるとイナッコなども普通にバリバリとかみ砕くので魚食性が強くなります。こうなると上の小型ミノーより大型のシーバス向けのリップレスミノーや100mm台で寸胴なタイプのミノーを使った方が一発のサイズが非常に大きくなるのでおススメです。特にリップレスミノーは流れに強く巻き感も少ないのでおススメのルアーです。

  • チニング向けのカラーって?

これはシーバスのようなチャート系よりイワシやッボラなどのナチュラル系のホログラムの方がハマりやすいです。他にもグリ金や赤金なども好反応を示すので今一歩アタリがない時やスレて反応が薄くなってきた時はカラーチェンジしていきましょう。

チャート系はどちらかというとシーバスの方がバイトしてきやすいのでシーバスよりの釣り方をしたいのならチャート、チヌ寄りならホログラムにしておくといったやり方がおススメ。

チヌのミノーイングでおススメはサイレントアサシンシリーズ

アサシンは飛距離が出て80、99、129とサイズがありどれもそこそこ潜るので非常にチニング向きのミノーです。どのシリーズもはっきりしたウォブリングで使いやすく初心者にもおススメ。さらにシーバスもかなり釣れるのでチヌシーバスともに狙えます。

こちらは129Fでの釣果ですね、かなり飛距離が出るので広い河口のシャローや水深が1m前後の場所で活躍します。慣れてないと根がかりする場合もあるので注意が必要ですが、十分釣れます。

こちらは99Fでの釣果ですね、129と同様なフィールドで使えますがやや食い渋る時や無難に行きたい場合は99からスタートするのが良いでしょう。

こちらはアサシン80での釣果ですね、非常に使いやすいサイズなのでシーバスチヌ共にかなり釣れます。シンキングなのでロッドはしっかり立てて巻きましょう。

ミノーでのチヌの釣果

こちらはゴリアテハイシリーズの釣果ですね。125,95どちらも釣れますが、同様にサイズも上げていきたい場合は125がおススメです。

こちらはレスポンダー105での釣果ですね。このサイズ感は滅多に出るモノではありませんが釣る事は十分可能です。イナッコもガンガン食えるサイズなので表層でも普通に釣れます。

※釣果は随時記載します。

チニングミノーQ&A

  • 全然釣れないのですが・・・どうすればいいですか?

まず見直したいのが水深ですね、一般的な岸壁から狙う場合は干潮時でないと水深が深すぎて表層を泳ぐミノーにチヌはバイトしてこなくなります。

シーバスの場合は目線が上のミノーを狙うので問題ないですが、チヌは目線が下を狙うので釣れないです。

従ってまずは干潮時にアプローチする。降りれる場所があれば降りて狙ってみましょう。チヌとシーバスは同じ場所にいることが非常に多いですが、チヌはボトムにいたら岩の間のカニや上から底を流れてくるエビなどを探してうろうろしています。

シーバスは逆で底にいても上を通る小魚を襲うので水深が深くても表層で食うわけです。こちらのポイントは水深が約4m前後でレスポンダー129は表層を泳ぐのでチヌは実質釣れないですね。しかし、潮位が下がって水深が浅くなると普通に釣れます。

あとこんなに浅かったらいないだろ・・・ってぐらい浅い水深の場所を狙ってみてください。

  • ミノーのローテーションはどうすればいいですか?

面倒なことは考えずに飛ばしたいので大きいミノー、大きいのを狙いたいので大きいミノー、潜るって根がかりしそうなのでリップレスミノーやシャローランナーのようにトラブル回避や釣りやすさを重視してローテーションすればいいですね。

基本カラーもシーバスと同様にチャートとホロのローテーションで十分釣れます。特にチニングでのミノーは速く巻くので細かいことは気にせず行きましょう。

  • デイゲームでもミノーでチニングできますか?

余裕でできます。しかし、やっぱり大型が出やすいのは夜間ですね。シャローで明るいとチヌ自体も警戒するので夜間で視界が封じられていた方が絶対にいいです。

あとシーバスとチヌのルアーは全体的に夜自体が釣れるのでナイトゲームに絞った方がトータル的にサイズも数も伸びるんじゃないかなと思います。

  • ミノーでチヌを狙う時のおススメのタックルはありますか?

注意点があり、チニング用のライトロッドで狙うのはやめましょう。理由は簡単で上のようなシャローでナイトゲームだとバイトしてくるシーバスがかなり大きいことがありチニングのロッドではサイズによっては取り込めない可能性があります。

従ってシーバスの河口用の9~10フィートでML以上のパワーのロッドで、PE1号程度リーダーフロロ25ポンドあたりをお勧めします。特に上で釣ったような超ド級のチヌはけた外れにパワーがあるので注意。ちなみに40cmぐらいまでのチヌは大して引きません。



Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA