シーバス初心者向けのスピニングリール選び方

 

今回はシーバス初心者向け講座「シーバスリール選びのコツ」をお送りします。シーバスはPEメインの飛距離重視の釣りが多いですからスピニングタックルがメインになります。今回はシーバス向けスペックのリールを紹介していきます。注意点があり主にシーバス、チニングメインの釣り用に紹介しますのでカンパチなどの青物、アカメなどの巨大魚なども複合して狙えるようなポイントではある程度別のタイプのリールが必要になるので注意してください。

シーバスリールの基本は3000番~4000番

シーバスではPEラインを巻くのでダイワかシマノの3000番から4000番程度が一番合います

各種リールごとにどのぐらい巻けるかが決まっているので巻き取った時のラインの量が足りない場合はナイロンラインか、フロロラインを下巻きしてスプール内のライン量を調整してみてください。

ベイエリアや中規模ないし小規模河川を中心に釣りをする方は3000番、サーフや大規模な河川で釣りを行う方は4000番程度でいいでしょう。

  • ショアジギ、サーフ、磯→4000番
  • 河口、河川、ベイエリア、その他汎用→3000番

特に1オンスのバイブレーションをロングロッドで遠投するような超遠距離戦の場合はPE100巻きでは少ないですが普通程度のルアーでごく普通の釣りをするなら100巻きで十分です。

2500番は軽くて使いやすいのですが、糸巻き量が少ないリールもあるので一番ベーシックな3000番がおススメです。

初心者向けスピニングリールは結局どういうのを選べばいいの?

番数が3000~4000番でダイワかシマノ、一回転の巻き取りが80cm程度、できればダブルハンドルのエントリー、ミドルスペックのリールを選んでおけばまず問題ありません。最近のSW用のスピニングならPEライン対応タイプなのでバックラッシュしにくいです。

  1. ダイワorシマノ※
  2. 巻き取り量ハンドル一回転あたり80~100cm※
  3. 直近数年間に発売orリニューアル※
  4. 巻きやすいハンドル
  5. ビギナークラスorミドルクラス

これを満たしておけばまず問題ありません。(※重要)安さを求めて古い中古品や型落ちに手を出すとトラブルになる可能性があるのでできれば新品をおすすめします。

  • エントリーモデル【ダイワ製】
  • エントリーモデル【シマノ製】
  • ミドルクラス【ダイワ製】
  • ミドルクラス【シマノ製】

シーバス初心者向けリール選びのアドバイス

  • 初心者の方はエクストラハイギアXGを選んではダメ

リール型番の3000XGなどのXGがついたエクストラハイギアタイプは糸巻きがリール一回転に対して1m以上あるのでスローリトリーブがやりづらくなり変な癖がついてしまいます。

  • 巻き取り量が100cm以上ある→×
  • レバーブレーキ→×
  • ハイエンド→×

夜間でスローリトリーブがしずらいと釣果に響くのでピーキーなエクストラハイギアはかなり慣れてきて用途に応じて揃えるようにしましょう。他にもレバーブレーキも慣れないとラインブレイクやバックラッシュの原因になるのでおススメではありません。

  • PEラインは1,2号を巻くようにしよう

基本的な1,2号を巻いてある程度釣ってフィールドに応じて細くしたり太くしたりして調整しましょう。ビギナー時代はタックルバランスより釣り場に行ってシーバスの習性や実際のやり取りに慣れていく方が重要です。

ラインの巻き方やバックラッシュ対策などは上述のリンクに細かく記載しているので参考にしてください。シーバス初心者におススメなのはファイヤーラインでコーティングで根ズレに強い、腰があるので操作性が良いという特徴があります。リンクを参考にしてください。

スピニングリールを長持ちさせるコツ

  • 写真撮影や地面に置く際はリールスタンドをつけておくとボディの傷防止になる

下の写真のようにリールをそのまま岸壁におくとボディに傷が入りまくります。なのでハンドルノブ逆側につけるリールスタンドを装備しておくとかなり傷が減ります。

特にスプールに傷がつくとライントラブルの原因になる恐れがあるのでできるだけ丁寧に地面に置くようにしましょう。あとはサーフなどの砂も厄介で内部に入るとオーバーホールしないといけなくなるので注意しましょう。

  • 釣り場に携行するときや自宅で保存する場合はリールケースに入れておくとより安心

意外とよくあるのが釣り場に行く途中で何かにぶつけて傷が入るパターンです。

DSC_0004

特に自然が多い河口やテトラポットを乗り降りする際にガリガリと何かにこすって傷がつく場合もあります。なのでこういったパターンを防ぐ場合はリールケースに入れておきましょう。自宅で保管する場合は傷が入ることはほとんどないですが、一応つけておくと安心です。

  • 最低限のメンテナンスのやり方は把握して実践しよう

スピニングリールのメンテナンスのやり方は超簡単です。

以下を参考に釣りに行かない時はメンテンスしてください。特に車に積みっぱなしの方が結構多いですが、車内は高温になるので海水で潮が固着したりしやすいので絶対に置きっぱなしにしないようにしましょう。

シーバスリール選びの初心者向けQ&A

  • リールのメーカーはどこがいいですか?

ダイワかシマノのエントリーかミドルスペックのリールがあれば十分です。

ある程度シーバスが釣れるようになってきたらハイエンドに変更するか、フィールドや用途ごとにスペックの合うリールを揃えてタックルバランスを調整するのが良いですね。

しかし、最初はダイワかシマノのエントリーかミドルスペックのリールだけでOkです。

  • 糸巻き量って何? どれぐらいがいいですか?

糸巻き量はラインがスプールにどれだけはいるかという指標ですね、しかし、メーカーごとに基準がバラバラでほとんど役に立ちません笑 後述する番数とスペックを守ってくれれば困らいないようなリールを書いておきますので気にしなくてOKです。ちなみにシーバスではPEライン1,2号が150m巻ければ十分です。

  • ハンドルの形状は何がよいですか?

基本はシングルハンドルですが、ダブルハンドルのモノもあります。

特に初心者はただ巻きが上手くないのでただ巻きがうまくしやすいダブルハンドルの方がおススメです。

他にもシングルでハンドルノブが大きいタイプなどがあります。ちなみに現在の私のリールは大型のハンドルノブがついたエクスセンスCI4XGSを使用しています。

シーバスはただ巻きが丁寧にできれば十分釣る事ができます。非常に重要なテクニックですのでリンクを熟読してください。

  • 中古のリールって大丈夫ですか? 安く売ってるけど・・・

おすすめではありません、理由は管理が雑な場合はゴリゴリ感があったり中の機構がさび付いていたりするからです。

安物買いの銭失いにならないように新品で買うのが一番良いです。リールも数年ごとに性能がアップしますからなるべく最新版を新品でというのは意識しましょう。

  • 一回転辺りの巻き取り量がどれがいいですか?

基本は80cm巻きで十分です。最近はエクストラハイギアなどの1m巻き、1,2m巻きもありますがそれらはスローリトリーブがやりにくいという欠点があるので基本を押さえるためにもまずは80cm巻きから始めましょう。

  • リールは何台持ってた方がいいですか?

一台で十分こなせますが、できれば予備のリール一台は欲しいですね。

予備のリールがあるとPEラインの巻き替えや現場で故障した時の保険など快適さが全然違います。

ライトな感覚でシーバスを楽しむなら一台で十分ですがもっとより上を目指したいのなら予備のリールかスプールを手に入れておきましょう。

予備のエクスセンスBBでの釣果ですね。普段はCI4を使用していますがPEラインが痛んだ時に巻き替えて予備のBBを使用しています。

替えスプールはヘッジホッグスタジオで購入することができます。ミドルクラス~ビギナークラスの替えスプールは3000~5000円以内なので買いやすいですね。

ちなみにセルテートやツインパワーなどのハイエンドの替えスプールは1万以上するので高いです。笑

  • 高いリールを使いたいんだけど・・・

もちろん個人の趣味なので使ってもらってOKですが、率直に言わせてもらいますとビギナーには必要ありません。

当然シーバスをたくさんかけて、たくさん釣るなら高級ロッドの方がいいですがビギナー時代は何週間もボウズの方も多いですし、一年で数匹しか釣れなかったなどの話もよく聞きます。

特に昨今はスレが入っているのでいきなりガンガン釣れるポイントはほとんどありません、従って必要ありません。

エントリークラスかミドルクラスで十分です。最低1000匹釣ってからハイエンドに変えるぐらいでOKです。

  • リールの良し悪しで釣果とかに差が出ますか?

実はほとんどでません。ロッドはルアーの操作面に影響が出るので腕でカバーできるとは言え釣果に差が出ますがリールは巻くだけなので巻き取り量さえ80cmにしてしまえばほとんど影響はないですね。

特にシーバスは引きは強いといっても80cmでもドラグを長時間出しっぱなしにして走るほどのパワーはないですし、青物のようにドラグが焼き付くほど走るわけではありません。

なのでドラグの性能もエントリークラスでも十分ファイト面で耐えれます。

確かにハイエンドはかなりスムーズでリール自体の軽さがあり負担軽減などに役に立ちますが言ってしまえば負担が軽減出来て集中しやすくなるだけなのでシーバス釣りでは上手い人でもそこまでリールの性能は関係ないと思いますね。

これらがよくビギナーの方が悩んでらっしゃるロッドのアレコレですね。

要はダイワかシマノのエントリーかミドルスペックを選んでおけば問題ありません

  • NEW!  安いリールは初期不良はありますか?

これは99%ないですね。たまにAmazonのレビューとかを見ていると初期からゴリゴリするとか書いてますが神経質な方の勘違いなので気にしなくてもOKです。

さすがに釣具屋のワゴンに売っている1000円とかのリールなら初期不良もありますが、国産メーカーのダイワやシマノならほぼ100%ないですね。私も新品でちょくちょく買いましたが一切なかったです。

あとAmazonでマーケットプレイスから買うと中古品が届くので在庫アリの新品から購入してください。勘違いして買って辛辣なレビューを書く人が多すぎます。

  • NEW! 安いリールは壊れやすいって聞いたのですがどうですか?

こちらも壊れやすい感じはしないですね。一応これやると壊れやすくなるっていうのを書いておくので参考にしてください。

  • ベイルを起こさずに巻き始める
  • 根がかり時に強引に引っ張る
  • 魚をかけた時にごり押しする
  • タモアミを使わずにブッコ抜く
  • 落水、落下(落水させるとほぼ100%壊れる)
  • 運搬時何かにぶつける(車やその他) 
  • サーフなどで取り込み後に砂浜にリールを直置きしてしまう

これらが釣り初心者がやりがちなリールを破壊する動作ですね、無理な荷重をベイルやローター部にかけるとそこから破損します。

しかし、上のようなミスは釣り自体に慣れていると起こさないことなので(不意の転倒などは除く)まずはそういった部分から気を付けて釣りを行いましょう。

実売8000円クラスでもシーバスに絞って丁寧に使えば数年は持ちます。

※シーバスを遥かに凌駕するパワーを持つエイや大型青物を何度も釣るとさすがに8000円程度ではすぐに壊れます、ショアジギングをする場合は事前にショアジギング向けのリールを使用してください。

2020 管理人田中のスピニングリール 18エクスセンス3000MHG

2020から新規で18エクスセンス3000MHGを使っています。ミドルスペックのやや尖った性能のスピニングリールです。

本体が190g程度と軽くPE08や06中心に使い小型ルアーでスレ対策をしつつ、テクニカルに攻める釣り方を行っています。詳しくは以下を参考にしてください。

ロッドはエンカウンター96MLで15000円前後のエントリーモデルです。こちらも初心者向けのロッドなので参考にしてください。

初心者向けタックル関連記事



Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA