シーバス初心者向け講座 スピニングリールとロッドのメンテナンスのやり方

今回は「シーバス スピニングリールのメンテナンスのやり方」をお送りします。最近のリールは非常に性能が良くメンテナンスを施す事によってより長い時間使用することができます。今回は分解なしでできる簡単なメンテナンスを紹介します。

スピニングリールのメンテナンスの基礎知識

  • スピニングリールのメンテナンスはどれぐらいの頻度でやればいいのか?

水洗いは釣行前に行いましょう。これは非常に簡単でドラグを締めこんでリール全体はかるく水で流して後は自然乾燥させるだけです。

ルアーの塩抜きの時にさっとできるので毎回施しましょう。釣り場はホコリや海水が少しかかったりするのでリール表面は少し使っただけでも結構汚れてしまいます。

今回のメンテナンスは注油と簡単な清掃を紹介します。このメンテナンスは釣行が2日ぐらい空く場合に行っておきましょう。そうするとかなり長い間使用することができます。

  • 塩分濃度が高いサーフや磯で釣りをする場合は毎回行おう

河口やベイエリアは塩分濃度が低いので潮が再結晶してくることは少ないですが外洋と繋がったサーフや磯、沖堤防で釣りをするとすぐに白っぽく潮が再結晶してきます。

こうなるとライントラブルに繋がったりゴリゴリ感が出てくるので水洗い+メンテナンスは注油と簡単な清掃は毎回行いましょう。

準備するもの

  • オイル(純正か自転車用のさらさらしたタイプ)
  • 洗浄用スプレー(PEにシュでも可能)
  • ウエス

まずはこの3つを用意しましょう。シマノは各種-ドライバーがあった方がいいですね。非常に簡単ですので15分もかからずに終わります。

メンテナンスのやり方

 

赤〇に注油するだけでOKです。特にラインローターは潮噛みしやすいので注意。あとローター部分はPEラインのカスが溜まりやすいので注油する前に確認してごみがあるようならもう一度洗浄しておきましょう。洗浄するときはパーツクリーナーで飛ばしてもいいですし、水で洗っても大丈夫です。

シマノのリールはメンテナンスホールがあることが多いので-ドライバーであけてここにも注油しておきましょう。

この2つで基本的にOKです。別に分解していろいろしなくてもいいので非常に簡単ですね。

あと地味にやっておきたいのがロッドとスピニングリールを止める部分です。ここは海水が非常に入りやすいのでほっておくと潮噛みしてガリガリしだすのでロッド自体をぬるま湯のシャワーで洗って吹いておくといいでしょう。

シーバスロッドのメンテナンス

こちらはものすごく簡単でまずはロッドをシャワーなどで大雑把に水洗いします。

その後、ウエスで水気をとってPEにシュをガイドにふって吹いておくだけです。特にガイド部分は潮やごみ、PEラインのカスなどが着きやすいのでメンテナンスなしで使用すると飛距離が減衰したりラインブレイクの可能性も出てくるので丁寧にこなしておきましょう。

リールとロッドのメンテンスQ&A

  • メンテナンスをやればどれぐらいリールは長持ちしますか?

スピニングリールは構造上海水が入りにくいので上のメンテナンスをしっかり行っておけば5年ほどは持ちます。もちろん落としてぶつけたなどのトラブルがなければですが・・・

現在使用中のエクスセンスCL4XGSも中古で買ってそこから何のトラブルもなく数年以上使用できています。エントリークラスでも数年は普通に使えると思います。

  • 釣行頻度が少ないのですがメンテナンスはやった方がいいですか?

ぜひやってください。釣行頻度が少ないほどその分使ってない=長持ちするのでメンテナンスすればより長期間使用できます。週一回のペースでの釣行なら無理に当日にメンテナンスしなくても次の日にやればいいだけです。※水洗いだけは当日やっておきましょう。

  • スピニングリールの巻き感がゴリゴリします、オーバーホールしたほうがいいですか?

ゴリゴリする原因はスピニングリールだとメインギアが腐食してしまっている可能性が高いのでオーバーホールするしかないですね。できればメーカーに問い合わせてやるといいでしょう。スピニングリールは分解するのが面倒なので自分でやるのはできるだけ控えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA