シーバスライトタックルのメリットやルアー、ロッド、リールの選び方について

今回は「シーバスライトタックルの導入のポイント」をお送りします。昨今のスレシーバスを相手に満足できる釣果をたたき出すにはライトタックルが必要な場面も多いです。今回は使用上の注意やメリットデメリットなどを紹介します。

シーバスライトタックルのメリット

  • バラしにくくなる、乗せやすくなる

ライトロッドはティップから弱い力で曲がるのでシーバスの吸い込みに対して乗りが良くなります。

リアクション系の釣りや、活性が高い時はガツンとバイトしてくるので関係ないですが、低活性の時などはバイト自体も小さくすぐ吐き出すので乗りの良さが釣果に大きく響きます。

潮回りが悪かったり、活性が高くてもプレッシャーを受けて警戒している場合はシーバス自体のバイトが浅くなるのでそういった時に有効です。

  • 小型ルアーの操作がしやすい

ベイエリアや小規模河川河口などではベイトが小さくプレッシャーが高いので小さめ(5~8cm)のルアーで釣りを行うとバイトが通年通して得られやすいです。

MLの通常のシーバスロッドだと硬いので操作しずらかったり飛距離が減衰したりします。ライトロッドなら問題なく操作できるのでアクションをつけたり正確なキャストに貢献します。

  • 小さいシーバスの引きが楽しめる

ベイエリア、運河などのポイントではシーバスのアベレージがだいたい40~60cm程度なので河口用のロッドでいくと物足りなかったりロッドが強すぎて水面付近まで寄せすぎてしまってエラ洗いされてバレるといったパターンが多くなります。

ライトロッドなら引きが増幅されるので面白いですし、ロッドが曲がるのでシーバスが下に潜っていくのでバレづらくなります。

以上の3点がメリットになります。シーバスの乗りづらさとバラしやすさを解消できるのが一番大きなメリットです。

  • ベイエリアアングラーにおススメ

ベイエリアや小規模河川河口などをランガンするようなポイントが多い方におススメです。なおかつバラシが多すぎる方や、ショートバイトが多くて・・・といったスレが入ったポイント中心に攻めている方にもおすすめです。

他にもチニングやメバリング、エギングなども兼用で行う方にもおすすめ。

バイクやチャリなどで釣りを展開される方はロッドを二本持つのはきついですが、車移動の方は通常のMLのセットとライトタックルセットで状況に応じて釣りをするのも良いでしょう。

  • バチ抜け時
  • マイクロベイトが多い春先
  • シーバスの活性が低い冬のベイエリア
  • 人的プレッシャーの受けやすい運河や小規模河川

などがライトタックルがハマりやすいシチュエーションやポイントになります。逆に大規模な場所になるほどタックルパワーを上げる必要があるので注意してください。

特にライトタックルはある程度シーバスとアングラーの距離が近くないと真の力を発揮できないので注意してください。

シーバスを見つけてそれらがスレていて工夫する必要がある場合に有効です。特に遠投を意識すると小さいルアーの集魚力のなさから効率が悪くなってしまう場合が多いので注意してください。

ライトタックルのセッティングについて

  • シーバスライトタックルのロッドとリール選び

ダイワかシマノのミドルスペックのシーバス向けライトロッドを使用すればOKです。

廉価版やエントリーモデルだと重いので操作が疲れます。

ティップはソリッドタイプがありますが、非常に乗りが良くなる分脆いくなってしまうので扱いには注意してください。レングスは基本の8フィートを基準に好みで選びましょう。

長すぎるとキャストが決まりづらくなります。

リールは3000~2500番あたりのハイギアが良いでしょう。それ以上大きいとバランスが悪くなり疲れます。

  • ダイワのシーバス向けライトロッド

ソリッドタイプはかなり食い込むがよく確実に乗る可能性は上がります。しかし、折れやすいので保管や輸送の際は丁寧に扱いましょう。

  • シマノのシーバス向けライトロッド
  • PEラインの号数は08か06がおススメ

基本は08でOKです。

リーダーはフロロかナイロン3~4号を自由にセットといった形になります。

私はリーダーはナイロン4号でPE06というスタイルでやっております。注意点がありPEの号数を1~1.5号にすると大きく飛距離が減衰したり、トラブル故障の原因となりますのでロッドの表記を守ってセットしましょう。

ナイロン10ポンドやフロロ8ポンドを直結するのもアリです。ライトロッドと軽いルアーなら30m以上は飛ばせるので飛距離も問題ないですし、号数が細い分見切られにくくなるメリットがあります。

  • ライトタックルのルアー

サイズは5~8cmでウェイトは4g~10g程度の小型ルアーを使います。

やはりメリットはロッドがしっかり曲がるので飛距離が出るのと、軽いアクションをつけれるので操作性が大きく上がる事ですね。自重も軽いので疲れにくいというのもあります。

ミノーはジャークやトゥイッチで速めに探り、シンペンワームはスローに、バイブレーション、スピンテールはボトムでリフト&フォールなどを使って表層~ボトム中心を探るようにしています。

ライトタックルでは小型ルアーを用いらないといけません。現在使用しているルアーのダウンサイジング版でも良いです。ロッドのセッティングなどがうまくいっていると5g程度のルアーでも30m以上飛ばすことができます。

ベイトフィネスという選択肢もある

シーバス専門にやる人には聞きなじみがないかもしれませんが、昨今ではソルト用のベイトフィネスタックルが多く発売されています。ベイトフィネスは上記のような軽いルアーをベイトでキャストしやすくされたタックルのことで簡単に言うとベイトタックルのライトタックル版という感じです。

ベイトフィネスとスピニングライトタックルを比較すると・・・

  • 慣れるとキャスト精度が大幅に向上する
  • フロロ、ナイロン直結が使用できる
  • 下に移動するフォール系の動きでバイトを誘発させやすい

などのメリットがあります。

スレ対策でライトタックルを用いるなら基本的にシーバスの位置が近い接近戦になることが多いので短い距離できれいにキャストし根ズレに強いモノフィラ直結を使用できるベイトフィネス方がタックル面でメリットが多いです。(ある程度慣れる必要はある)

特にワームや小型バイブレーションなどのそこそこ飛距離が出てシンキングタイプのルアーとベイトフィネスは非常に相性がいいのである程度ベイト慣れしているバスのアングラーや、周りと差をつけたいアングラーにおススメのタックルセッティングになります。

特に壁打ちやストラクチャー打ちなどの接近戦には滅法強いのでベイトに慣れているアングラーだとスピニングよりトータル的な釣果は伸びる可能性が高いので参考にしてみてください。

メバル用シンペンのユラメキでの釣果ですね。以前は5g程度のルアーはベイトでは飛ばすこと自体不可能に近かったですが廉価版のロキサーニでも20~25m近く飛ばせるので壁打ちやストラクチャー打ちなら十分釣る事ができます。

ライトタックルならワームを使え!

通常の河口用バーサタイルミディアムロッドなどではジグヘッドの5gなどは相当に使いにくいです。やはりライトタックルであれば一番スレに強く年間通して釣れるワームが一番です。

ベイエリアや小規模河口、デイゲームなどではかなり強く年間通してライトタックルのワームは強力なので絶対に使うようにしてください。

こちらはグラスミノーでの釣果ですね、ジグヘッドは3gなのでライトタックルでないと使いものになりません。

バチ抜けはライトタックルでないとバラしまくる

バチ抜けはごくごく一般的な小魚がベイトの時と比べて・・・

・吸い込みのバイトが多い

・細くて軽いシンペンを多用

・全体的にサイズが小さい

ので、ライトタックルでないとかなりバラシが増えます。

まだシンペンにシーバスが乗ってファイトでバラすなら何とかなりますが、活性が低いとショートバイト連発で終わってしまいます。

こういった時はライトロッドでソリッドが入っていると格段に乗りやすくなります。

これはバチ抜け時の釣果ですね。

ロッドがディアルーナ10フィートMなのでまずまずバラしてしまいます。というか乗らないことが多いです。特に東京近辺はシーバスのサイズがそこまで大きくないのでライトでソリッドで9フィート前後のロッドでバチ抜けが終わるまで対処してもいいでしょう。しかし・・・

田舎の地域だとこういったサイズが釣れてくるので注意してください。

ライトロッドで水中に根があったりするとこのサイズでは制御不能になる場合もあります。なので怖い場合は通常の河口用のシーバスロッドで臨むようにしましょう。

ライトタックルでのシーバスとのやり取りのコツ

まずは焦らず走らせることがコツです。バイトがあれば一度軽く合わせてロッドを保持しつつやり取りします。

シーバスをなるべく下に走らせてエラ洗いさせないようにするのもポイントです。

なので下に走り出したらそのままロッドを下げて送り込むイメージで走られて左右に行けば送り込みつつ自分も移動するイメージです。

70cm80cm台のやり取りは上に比べて時間をかける事で取り込めます。

岸壁のみのようなオープンなエリアで大型でもラインブレイクする可能性は非常に低いのでもし切られたらノットの結束が甘いか、やり取りが強すぎるのが原因です。

50cm~60cm台でも焦らずやり取りするのがポイント、掛かりが深いとまずばれないので何分やろうが大丈夫です。弱り切ったところでネットインという流れになります。

  • もしシーバスが動かなくなってしまったら

70cm以上のシーバスをかけた場合水中で根がかりしたかのように動かなくなってしまう場合があります。この場合はまず動き出すまでテンションをかけたままほっておくのがポイントです。

実際10分程度待ってもそこまで掛かりが深いのならばれる事はないので座って動き出すまで待っておくのが無難です。

一度30分程度待ったこともありますが無事取り込めました。

動かなくなってしまった場合水中の根に化けてしまっている可能性もあるので20分~30分待ってどうしても動かないようであればシーバスとロッドを一直線にして少しずつテンションをかける事で解消されることが多いです。ベイエリアでは80アップは滅多に来ないですし、動かなくなることも滅多にないので安心してください。

  • ドラグ調整はかなり緩くしておきファイト中に調整する

小型ルアーとライトロッドだとシーバスが下に潜れるのでシーバスの自重で勝手に刺さってくれるのでアワセは必要ありません。

なのでまずバイトがあった場合ジーッとドラグが走るのでそこからドラグを締めて調整するのがおススメです。ドラグを締めこんでおくと何のためのライトロッドか分からないので注意してください。

  • 流れの強い河口でのライトタックルは危険

河口は流れがあるのでそれに乗られるとほぼ制御不能になります。

河口での70cm程度のシーバスの引きはかなり強くそれに流れが加わるとまず切られます。なのでベイエリアか流れのない運河や非常に流れの緩い小規模河口などがライトタックルの出番です。

河口ではボラのスレががかりや40以上のチヌ、ヒラメなども外道で釣れうるのでそれらもかなりのパワーがあり取り込むが難しくなってしまうのでポイントに応じて使い分けましょう。

ライトタックルでの釣果

ライトタックルはマニック75との相性もよく10g程度のルアーでも40m近く飛びます。

ロリベ66での釣果です。こちらも軽いルアーですが操作しやすいです。77になると重いので使いづらくなってしまいます。

ワームもライトロッドと相性は非常に良いです。秋の回遊からスレてきたタイミングで使うとかなり周りと差がつきます。

このサイズともなるとやり取りがスリリングになりますが、正直ライトタックルには慣れているので余裕です。

強いタックルでもPE部分が擦れると一発でアウトなので何かに擦れないようにさえ気をつければOKです。一応やり取りは難しくなるのである程度シーバスを釣ったことがある人向けなので注意してください。

久しぶりのライトタックルですね。60cmを超えるとロッドが曲がって下に潜るのでまずエラ洗いされません。こうなるとほぼフックアウトしないので取り込むのは容易です。

ちなみにビッグベイトで使うようなロッドでこのサイズをかけるとパワーありすぎて合わせた時に水面から飛び出すこともあります。要は狙いたいサイズのシーバスに合わせてパワーを調整できるとかなりバラしにくくなります。

こちらはモアザンシューティングマスターのライトロッドですね。かなり古いですが性能はよくキャストがズバズバ決まります。

こちらはジョイクロ128での釣果ですね、シューティングマスターは20g程度までいけるので128ならギリギリ大丈夫です。ライトタックルでも使えるやや大きめのルアーはしっかり数本入れておきましょう。

こちらはベイエリアの釣果ですね、クレスト2500とモアザンシューティングマスターLなのでかなりライトタックルです。ちなみにPEは08ピットブルでリーダーフロロ12ポンドです。全く切れる感じはないですね。

こちらはバチ抜けの釣果ですね、スライはフローティングで軽いのでライトタックルでないとかなり扱いにくいです。

シーバスライトタックルQ&A

  • ライトタックルでも釣れません、なぜですか?

原因はいろいろありますが、ライトタックルでやるといけないのが沖ポチャスタイルですね。基本的にルアーが小さいのである程度シーバスの位置が絞れていないと効果が薄いことが多いです。

なので、いる位置に正確に通せるスキルがないと無意味なケースもあります。

  • ライトタックルのPEラインは何を使っていますか?

現状だとピットブル08が多いですね。無難な選択肢であればファイヤーラインなどもおススメです。

  • ライトタックル用のリールは用意しておいた方がいいですか?

こちらはあまり必要ないですね。

一応バンキッシュなどのハイエンドモデルのライトタックル向けスピニングなどもありますが、まあ軽くて巻き心地もよいのでしょうけどそれが何十匹、何百匹と釣果アップに繋がるとは到底思えないので必要ないですね。

しかし、替えスプールは非常に便利で河口用1号、ライトタックル用06などを用意しておけばすぐに交換できるのでおススメです。

ヘッジホッグスタジオ公式ホームページはこちらから
ヘッジホッグならほぼどのリールのスプールもあるので用意しておくといいでしょう。

  • サーフや沖堤防などの大場所にライトタックルは必要ですか?

これはカマスやサバを狙わない限りは必要ないですね。特にサーフなどは移動しながら釣るので二本差しは面倒ですし。

その代わりに小型のスピンテールや軽いメタルジグなどの小さくても飛ぶタイプを入れておくと良いでしょう。

 

まとめ

ライトタックルはベイエリア中心で使えば乗る率の向上やバラシ軽減、軽いルアーの操作性やキャスト精度に大きく貢献します。しかし、流れの強い河口で使うとかなり危険なタックルなので使用場所やシーバスの平均サイズを考慮して導入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA