タックルバランス診断 涼さん ボートシーバス メガバス ワールドエクスペディション611XH

この記事はプロモーションが含まれています。

タックルカルテ

ロッドメガバスワールドエクスセンスペディション611XH

リールタトゥーラ300

PE4号 

ルアー メガドッグ230、ダウズワン、ダウズスイマー、ジョイクロなど

ボートシーバスで使用中、飛距離がやや伸び悩む感じがする。失速しやすい。

【最新版】タックルバランスとは? 完璧なセッティング例を紹介

涼さん

以下回答

どうも、では!

  • タックルバランス診断★★★★

悪くはないですね。バランス自体は良好ですね。ショート目のロッドで操作性重視でリールもパワー系のベイトなので持ち重り感などは少なくシーバスにも全く当たり負けしないパワーは確保できていると思います。

ボートシーバスではかなり使いやすいのではないかなと思いますね。

  • 飛距離を確保したい場合は・・・

ワールドエクスペディションは611でかなり短いので、7フィート前後に上げるのが手っ取り早いですね。ボートなのでぶんぶんするのは難しいと思いますが、7~8フィートのXHH系のロッドにしておくといいんではないでしょうか?

もしワールドエクスペディションで飛距離を上げたいのならPEを太くしてもいいかもしれません。100gを超えるようなプラグは糸の太さが結構太くないと意外と飛ばなかったりするのでまずはそこらへんから調整してもいいかもしれません。あとブレーキなんかも効かせすぎの感じがするのでそこら辺も要調整ですね。メガドッグで40m前後は飛ばせると思います。

あとどのルアーも100g越えでかなり重いので純粋に筋力不足というのもあります。

ボートだとそこまで頻繁に行かないと思うので慣れてないとすぐに疲れて振りぬくパワーがなくなってきます。相当ガタイのいい人じゃないと100g越えでマックスパワーで飛ばすのできついと思うので要注意です。

差し支えなければメガドッグ230→180に落としてもいいかもしれませんね。軽くなると振りぬくパワーはだいぶ減りますし飛距離もそのままで飛びやすくなります。

  • 涼さんの今後の課題

特にバランス自体は問題なし。もし飛ばしたい場合はロッドを長くしていくのも検討する。一応今のままでも飛ばせるのでPEの太さの調整や、投げる練習などもしておく。

「シーバスタックルバランス無料診断サービス」 「シーバスタックルバランス無料診断サービス」実施中です。
  • ロッド名 リール名 PEラインの号数
  • 一軍ルアー(できるだけ多く記載)
  • よく釣りをするホームポイント(例 大河川、ベイエリア、運河etc)
  • お使いのタックルに対する不満点など
こちらを下記の問合せフォームに入力してください。数日中に記事にして評価点と改善点を返信します。 ※ベイトタックルでも診断可能です。 ※タックルの購入前での診断可能、迷っている方におすすめ ※返信後は無料メルマガをお送りいたします。

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。