実釣 ベイエリアでスネコン炸裂ッ!

この記事はプロモーションが含まれています。

今回は実釣です。珍しいパターンで釣りました。

当日のコンディション

小潮?風3~4m程度、うねりややありで結構悪くないコンディションでしたがどぶ川は不発でした。どぶ川は釣れる時は大きいシーバスなど色々釣れますが釣れない時はびっくりするほど釣れないのでまあ仕方ないかな~って感じですね。

なので前回の実釣で好調だったベイエリアに移動しました。最近はウェーディングばかりですがやはりなんだかんだでベイエリアの釣りは得意ですし、好きです。安全なのが良いですね。

・明らかに追われているイナッコのスクールを発見!

サイズは15cm以上で20匹程度のイナッコのスクールが追い回されていたのでスズキが居るのはほぼ間違いないだろうって感じでした。このベイトサイズだと普段のライトタックルで使うルアーには反応しないので河口用のスピニングタックルとルアーに交換しました。

釣果

スズキはこの銀鱗と顔がカッコイイですね。

65cmとベイエリアではなかなかのサイズでした。Blue Blueスネコン 130S のジャーキングでガツンとバイト、筋肉質でパワーがあり面白かったです。

ボイルもしていたのでまずはタイドミノースリムのジャーキングをスルー、レッパの早巻きスルー、でスネコンのジャーキングが当たりだったようです。シーバス自体も群れで入ってはないようだったので一発目で終了でした。そのあとは足元のセイゴでちょっと遊んで(2匹バラし)終了。

7月の中旬ぐらいにスネコンでばらしたらいけないサイズをばらしてしまったので雪辱を晴らせてよかったです。

ベイエリアでもでかいルアーで釣れる

基本的に8cm程度のルアーで釣ることが多いベイエリアですが実は14cmミノーや上のようなスネコン、ビッグベイトなどでも結構釣れます。もちろん小さいルアーに比べて数は減りますが一発のサイズがかなり大きくなるのでおススメです。

ベイエリア=小さいルアーというのは常識ですが、アングラー全員が小さいルアーを使うと鱸がルアーサイズを覚えたりするので逆手にとってビッグベイトを放り込んだらいきなり釣れたりもします。シーバスは人と逆をやっても十分釣れる魚なので思い込みせずでかいルアーをぶっ放すと案外簡単に釣れたりもします。今回はマッチザベイトででかいルアーを使いましたが、遠慮せずでかいルアーをぶっ飛ばしましょう。

まとめ

管理人田中のスピニングタックル ヒットルアー:スネコン、ロリベなど。 やはり河口用でセイゴを狙うとかなりばらしますね。

 

橋脚ドリフトのトレースコースの全てを網羅した完全ガイド発売中!
  • 本記事の内容[目次]について
かなり内容が長いです。文字数に関しては約7000字近くあります。あと流し方の画像をもふんだんに入れてあります。橋脚へルアーを流しこむコースがすべて分かるので橋脚攻めを極めたいアングラーにおすすめです。
  • サブスク会員限定 上流側からの橋脚のトレースコース例について
  • サブスク会員限定 橋脚下流側のトレースコース例 
  • 質問コーナー ルアーの頭を下向きにしたまま橋脚に送り込むドリフトについて
3つのサブスク会員限定記事をまとめてパワーアップした記事になります。 目次を参照にしてもらいたいのですが、主に橋脚上部からルアーを流すトレースコースと、下流部からルアーを流すトレースを一覧で図解をつかってまとめています。 かなり内容が難しい部分もあります、初心者向けではありません。あとコードックの規約上返金ができない可能性があります。全体の四分の一ほど無料公開しております。

実釣 ベイエリアでスネコン炸裂ッ!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA