質問コーナー なぜリップレスミノーを使わないのか? 

 

質問内容:なぜリップレスミノーを使わないのか?

今回は友人の兄貴の質問ですね笑 確かにこのシーバスラボでは異様にリップレスミノーの釣果がないですし使用法などもほとんど書いていません。友人の兄貴はリップレスミノーで結構釣っているので不思議に思ったようですね。以前にコンビニであった時根掘り葉掘り聞いてきたので・・・笑

以下回答

  • 今の釣り場とリップレスミノーの性質が全くかみ合っていないから

まず今行っているのが普通のベイエリアの釣りとどぶ川の干潮付近のウェーディングなのですがこの2つの釣り場とリップレスミノーの性質が全くかみ合っていないからです。

ベイエリアですが基本的に河口で使うようなリップレスミノーはサイズがでかすぎるのでNGで、小型のリップレスミノーはウォブリング系なので反応が悪い、ジャーキングしようにもマーゲイやシャッディングXの方がジャーキングに関しては良い動きをするのでNGなどの理由から出番がほとんどない状態です。ベイエリアで小型リップレスミノーをスロー巻きするならワームの方が釣れますし、小型のシンペンの方が良いです。

ドブ川は干潮時は水深が50cmを切るのでリップレスミノーでは底に突き刺さってしまい根がかりが多すぎるという理由から使っていません。さらに干満差が結構あるので満潮時ではシンペンに比べて深いレンジを探れないので反応が悪いという理由もあります。

  • シンペンに比べてリップレスミノーは飛ばない

これも大きな原因で例えばサスケレッパとドリペン90の飛距離を比べるとやはりドリペンが圧勝で大体10~15m程飛距離に穴が出てしまいます。こうなるともっと飛ぶマニック135やトライデントを使ってしまうと飛距離に差が出すぎてしまい探れる範囲に大幅な差が出てしまいます。

シンペンを主に使うドブ川にはピンスポットを探る釣りと広くヨレを打つ釣り方があるのですがピンスポットの方はバイトしてくるシーバスがでかいのでビッグベイトで探った方が良いですし、広く打つとなると上記のように飛距離が若干足りないために穴が出てしまいます。

この2点が主な理由です。使わなくても十分釣れるし、微妙にかみ合ってないからです。他にも少しだけレンジを下げたい時にリップレスミノーだと調整しずらくてルアーを変える必要がある、ボトムに接地した時にすぐさまシャクってボトムから離せないので根がかりしてイライラするなども使用する気がしなくなるという理由です。

  • 使い方が分からないとかそういうわけではありません笑 

岸壁から河口でドリフトさせる時やエンカウンターのようなライト寄りのロッドで小型のリップレスミノーなんかでアプローチするのはたまにやります。こういった場合は表層の浮いたフッコを良く狙うので普通に安定して釣れます。






Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA