【最新版】橋脚狙いのやり方とおススメのルアーについて

 

今回は「シーバス 橋脚狙いのやり方とおススメのルアーについて」をお送りします。橋脚は河口でかなり人気のスポットですが、その分釣るのに非常に難しいストラクチャーでもあります。今回はドリフトを使っての橋脚に着いたシーバスの狙い方を紹介します。

シーバスが着きやすい橋脚の特徴

  • 流量が最低歩くスピード以上ある
  • 街灯などがあり都市部に隣接している
  • 川幅が最低30m以上ある
  • 浚渫工事などがあり水深が干潮時でも深い

これらを満たす河口や河川の橋脚はシーバスが着きやすく狙いやすいです。

しかし、その分多くのアングラーが狙うのでスレている事が多く安易に狙えば根がかりやルアーをぶつけて壊すリスクなどもあり初心者向けのストラクチャーではないというのを頭に入れておいてください。

さらにカケアガリなどもあると大型のランカーも狙えるので地形変化などは調べるようにしてください。

逆に川幅が狭く流量が少ない小規模河口ではほとんどシーバスが着いていることがなくドリフトも使えないのでミノーのジャーキングで速く探るを意識しましょう。

こちらは小規模河川での壁打ちの釣果ですね。小規模だと流量も弱くドリフトできない事が多いので壁打ちやベイト打ちなどを徹底した方が良いです。

  • あまりに橋脚との距離が遠すぎる場合は遠すぎる場合は意識しなくてもよい

河川部の幅が100m以上になると橋脚とおかっぱりの距離が50m以上離れている場合もあります。

こうなると明暗部や使用するルアーが限定されすぎたりウェーディングする必要があるなどの制限がかかる事が多いので注意してください。

橋脚そのものが大きすぎる場合は足元の護岸狙い回遊しているベイトを打って行った方が効率が良いので状況によって狙うポイントを臨機応変に変えて行きましょう。

橋脚の狙い方の基本・・・ドリフトでルアーを送り込む

赤トレースコース

基本的な橋脚の攻め方は上図のように橋の頭に沿ってルアーを流しつつさらに余裕があれば橋脚内までルアーを送り込んでシーバスの反応を見るのがもっともスタンダートな攻め方です。

この攻め方でもっとも重要なのがいかにうまくルアーを操作し橋脚の側面や内部にまでルアーを通すことができるかという点です。

流量が強いと自分のルアーがどこを流れているか完全に把握している必要があります。

仮に把握できていないと橋脚最内部までルアーを行かせてしまって他のストラクチャーに擦れて切られる、橋脚の頭にPEが擦れて痛むなどのラインブレイクに直結するようなミスが起こるので注意が必要です。

  • ルアー操作に意識を割かれすぎないようにしよう

上述の通りかなりうまくルアーの操作ができないと食わないので集中力を要します。

それは別段構わないのですがあまりに集中しすぎて橋脚と全く関係ない場所でのボイルやベイトの気配などを見逃してしまう場合があります。

  • 同じルアーで何度も通しすぎていないか?
  • キャストする前に水面の観察を怠っていないか?
  • 時期ごとのルアーセレクトやマッチベイトできているか?

などはキャスト毎に確認しても良いぐらいです。

私も以前は流すことに集中しすぎてしまいシーバス自体を見逃してしまった経験があります。

特にありがちなのがルアー選びをつい大きいミノーや飛距離を優先してバイブレーションなどにしてしまいスレを考慮せずに橋脚を攻めてしまうパターンですね。

どこの橋脚も簡単には食わないので安易な使用感からルアーを選ばないように気をつけましょう。

  • 橋脚の両サイドから攻めるようにしよう

橋脚は見かけ上は左右対称ですがボトムの形状が異なっているので流量に変化があり片側にシーバスが寄り合って集まる場合があります。

超大型の橋脚ならあまり左右でシーバスの着きが変わる事はありませんが川幅50mぐらいの橋脚なら結構左右にシーバスのばらつきがあるので注意してください。

橋脚のどこにシーバスはついてるのか?

青・・・下向きの川の流れ 赤・・・シーバスの位置

基本的に上図のように橋脚にへばりついているシーバスが多いです。さらにこういったへばりついているシーバスはでかいのが特徴で橋脚付近の複雑な流れのヨレに入ってきたイナッコなどを襲います。

さらに橋脚には明暗の暗があるのがほとんどなのでこういった暗い部分を上流に頭を向けてふらふら泳いでいます。

こういった暗部にふわふわ泳いでいるので40~60cmぐらいが多い印象です。

しかし、ベイトが落ち鮎やコノシロ、イワシなどの好物であった場合は橋脚から出てきて積極的に襲うのでベイトの位置は絶対に把握するようにしましょう。

おすすめの橋脚攻め・・・下流側から橋脚を狙おう

橋脚は一般的に上流側から狙う事が多いですが、実は下流側の方が攻めやすい場合があります。下流側の特徴として・・・

  • 橋脚でできる流れのヨレも狙える
  • 橋脚の工事などでできるカケアガリ

の2点があり、明暗を直撃させるようなやり方はできませんが流れのヨレと、カケアガリ、橋脚と3点が複合するポイントになるので居着くシーバスのサイズがよく積極的に攻めるようにしています。

さらに後述しますがアップクロスでルアーを入れ込んで橋脚に沿うように流すなどのテクニックも非常にやりやすくよりタイトに攻める事もできます。

赤・・・トレースコース

下流側はビッグベイト+ベイトタックルと相性が非常に良い

上述の通り、下流側はサイズが大きいシーバスが居着きやすいポイントなのでランカーサイズが反応しやすいビッグベイトとそれを容易に取り込める強靭なベイトタックル、より橋脚際にキャストできるアキュラシーを兼ね備えたベイトタックルが最も有利です。

特に橋脚際で掛けた場合はポンプしてシーバスを橋脚際から引き離すことができますし、フロロ5号なども普通に使えるのでゴリゴリと擦れたぐらいでは切れません

さらに要練習ですが、ピッチングやフリッピングなどのキャストができる事から橋脚際数センチにキャストでき着水音も非常に少なくすることができます。

メリットは上げればきりがないですが相性は◎です。

75程度のシーバスですね。こちらは上の図のように橋脚際にキャストしてそのまま流すとバイト。

このサイズだとスピニングであればドラグを使う必要があり橋脚に沿ってガンガン走られるとブレイクさせられる恐れも十分あります。

しかし、ベイトなら即手前まで寄せれるので切られる心配はほぼ0です。

こちらも橋脚下の釣果ですね、ルアーを橋脚に投げ込んでそのままダウンで流しているとバイト。かなり強靭なセッティングなので75cm程度ですが1分で取り込めます。

こちらは下流橋脚際と、流れのヨレ、沈み根、カケアガリが複合したポイントでの釣果ですね。このサイズ感でボリュームとなると引きが尋常でなく強いですが、ごくごく普通に取り込めます。

こういった複合ポイントはランカーサイズが居着くことも多く、容易な手段ではバイトさえありませんがうまく狙うとある程度安定して釣る事も可能です。

橋脚狙いにおススメのルアーと相性など

  • フローティングミノーやリップレスミノー→〇

ごくごくベーシックな選択肢ですね。

ドリフトメインで流すのでリップレスタイプよりもリップ付きの方が水の噛みが良く非常に流しやすいです。

安定性を求めたい場合は8~10cm程度のスペックを、ランカー狙いや遠い橋脚なら12~14cmを基準に用いましょう。

しかし、この選択肢は誰でも使用するので時間帯や時期によって使われまくっている場合も多くスレて食わない場合もあります。

  • バイブレーション→△

沈降が速く、飛距離が出すぎるのでやや難しいです。

水深がかなり深い海側の橋脚や流れが速すぎる河川での使用が好ましいですがドリフトさせにくいので使用しなくても大丈夫です。リフト&フォールを使ってボトム付近を流す方法もあります。

ちなみにエアオグルやファシャッドのようなS字系のシンペンに近いタイプなら3~5m前後の水深でも普通に探れるので検討してみてください。

  • シンペン→〇

ミノーにスレている場合やゆっくり流して中層、ボトム付近を流す際はシンペンがおススメです。

サイズ感は8~10cm程度の小ぶりなタイプがおススメです。ウェイトは水深や流量によって調整したいですが、無難にいくなら14~18gあたりを使えば根がかりしにくく表層も探れるのでおススメです。

関東では冬場、関西では4月ごろに橋脚の明暗でバチ抜けでバシャバシャやっている場合もあるのでこういった時はスリムタイプで攻めるのがおススメです。

橋脚Q&A

  • デイゲームでも橋脚狙いは有効ですか?

有効です。しかし、深夜に比べると見切られやすくなっているケースも多いのでクリアーウォーターなら早めに見切ってランガンしましょう。

街灯なども絡むのでやっぱり深夜が一番おススメです。

  • 海側の橋脚と上流側の橋脚はどちらがいいですか?

場所によって大きく違うので一概にどっちが・・・というのはアドバイスできませんが、比較的安定感があるのが海側、一発の大きさがあるのが上流側という認識でOKです。

海側の方が餌が多いのでサイズによらず割と通年いつでもいますね。

逆に上流側はアユやフナやボラなどが絡んでくると体力のある大型サイズはすぐに遡上しますから一発は当然大きくなります。

  • ワームで橋脚狙いはできますか?

余裕でできます。私の場合は7g程度のジグヘッドでねちねちやることが多いですね。

こちらは橋脚下の釣果ですね、注意点があり重いとすぐに根がかりするので軽いジグヘッドでやるようにしてください。

  • 橋脚で全然釣れません、理由はなんですか?

まー、みんな狙いますからスレてますね。

ストラクチャー打ち的な速いテンポで狙う場合は早めに見切らないとすぐに場荒れするので注意が必要です。

私の場合だと・・・

  • 活性が高い時や満潮時→ミノー全般
  • 活性が低い時や干潮時→ビッグベイトないしシンペン

という流れで探っています。

逆にほとんど使わないのがバイブレーションで、ドリフトさせずらい速く動かしたくないという理由から橋脚狙いでは何年も使ってないです。

攻め方は要所ではジャークなども入れますが基本はじっくり流して・・・というスタイルにしています。

こちらは満潮時の釣果ですね、こういったセイゴ~フッコだとある程度ミノーのサイズを下げればいれば即バイトって感じですね。40~60cmぐらいまではわりかし簡単に橋脚狙いで釣れます。

こちらは干潮時の釣果ですね、ビッグベイトを橋脚に添わせるように流すとバイト。ベイトだとキャストが簡単にきれいに決まるので大概ベイトタックルで狙ってます。

  • 橋脚狙いのタックルセッティングはどうすればいいですか?

橋脚はラインブレイクが怖いので・・・

  • 9~10フィート台のMないしMH
  • PE1号以上でリーダー適当

上ぐらいの強さにしておくと良いでしょう。

現状のベイトタックルだと8フィートXXHでPE5号、ワイヤーリーダーのという圧倒的パワータックルでやっています。

面白いのが昔ながらのナイロン4号直結で、普通にスピニングでも使えます。ロッドを強くすればかなり強いのでよほど下手にしない限りは切れない強度です。

まとめ

橋脚は難しいストラクチャーである。自信がなければ狙わないようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA