河口でのシーバスの動きや回遊ルート

今回は「河口でのシーバスの動きや回遊ルート」をお送りします。シーバスは頻繁に移動するので回遊ルートや位置を特定するのが釣る上で重要です。河口でのシーバスの動向はシンプルですが、日によっている位置が細かく変化するので非常に重要です。

上げ潮と下げ潮でシーバスの動きは違う

シーバスは河口に餌を求めてやってきます。河口は上げ潮で海水が押し上げられて水位が増え、下げ潮で引きながら水位が減少します。なので上げ潮と下げ潮で動きがかなり異なります。ちなみにシーバスは群れで入ってきたり、単発で入ってきたりします。

  • 上げ潮時のシーバスの動向と回遊ルート

河口のメインベイトのボラはかなり上流域まで上がっていきます。用水路のような場所でも上まで上がります。それに連動してシーバスも上に入っていきます。ボラだけでなくアユの類や、コノシロ、イワシなども海水と共に遡上する傾向が強いです。

上流に上がれば上がるほど水位が浅くなっていきますのでシーバスも餌が取りやすい状態になります。なので上げ潮時は堰のような場所がない限りは上に上にアングラーも移動すると結果が出やすい傾向があります。

特に堰がない大規模な河口ほど上にどんどん上がってくるのでポイントを開発しておくとかなり結果が出やすくなります。基本自分で釣ったことのあるポイントが多ければ多いほど有利です。

  • 上げ潮時の回遊ルート
  • 流れの流心

これは橋脚でできたヨレや川の流れの強弱によってできる変化です。これらが通っている場合は基本的に底がえぐれていたりするので地形変化を起こしやすく、それらに沿って移動したりしています。特に流量の変化がある場合は強い方を好んで移動したり、弱い方を好んで移動します。

  • 岸際や岸壁際

これは護岸で整備されたポイントに多いです。岸際は流れが緩い場合が多く移動しやすいのでそれらに沿って移動している事が多いです。自然河川ではアシ際に沿って移動している場合もあります。遮蔽物があって外敵に襲われにくいのでこういったルートを通っています。

  • ベイトの近く

これは海から入ってくるイワシや、ボラなどに着いているパターンです。このパターンは外洋の回遊シーバスが多く釣りやすい傾向にあります。ボイルしていたりナブラが出ていたりします。基本移動スピードが速い場合が多いのであっという間に沖に移動したり見えなくなったりします。しかし発見できれば簡単に釣る事ができます。

これらが主にシーバスが取っている移動ルートです。もちろん適当に移動していたりする場合もあります。傾向的に岸際が多い印象です。実際釣りをしている時や、ポイント開発している時にシーバス見えることもあります。次は下げ潮時の動向について紹介します。

  • 下げ潮時の回遊ルートとシーバスの動向

回遊ルートは上述の流心や岸際などですが、下げ潮時はベイトや水量によって下流に降りてくるということがシーバスを狙う上で重要です。 これは上げ潮時の図です。アングラーが青でシーバスが赤です。図のようにシーバスが上流側にいます。

これは下げ潮時の図です。下げ潮で川の流量や水位が減るとベイトが下るのでシーバスも同時に上から降りてきます。そうすると図のように狙えます。

なので河口で釣果を安定させるには下げからエントリーしてシーバスが上から下ってくるのを待つ回遊待ちが基本になります。特に干上がるような流量の河口なら特に有効で、絶対上に上がっているベイトやシーバスも落ちてきますからルアーをしっかり近くに通せます。もちろんいないので釣れない場合もありますがこれが根本的な河口の釣りになります。

シーバスフィッシングでウェーディングが発展しているのもこの現象に基づいた考えで、浸かっていくことにより岸際からと比べてのルアーの飛距離が伸びますからよりシーバスに当たる形になります。

基本動けないので回遊待ちになり下げから入ることが多いのも理にかなっています。

  • 実釣例・・・上げ潮で上がってきたシーバスを狙う

これは上げ潮時の釣果です。こちらは上げ潮とともに流心にイナッコが上がっていくのが見えたのでルアーを通しているとイナッコが見えてから5分後ぐらいにバイトでした。

もし仮にイナッコとセットでシーバスがいるとイナッコ自体が焦って不自然な動きになったり高活性だとボイルしていたりするので一目瞭然です。しかし今回はゆったり何もなくイナッコが移動していたのであとからシーバスが入ってきたという感じです。

  • 実釣例・・・下げ潮で下ってきたシーバスを狙う

これは下げ潮時の釣果です。このシーバスは水深が非常に浅い橋脚下のシャローにいたのですが、これを釣る前に橋脚の上側で若干ボラやイナッコがざついていたので水位が下がるのを待ってボラと共に下がってきたところを狙いバイトでした。

この考え自体は非常にシンプルで上流にいたから下がってくるのを待って釣ったというだけのものです。シーバスは普通の動物ですので動きや動向自体は非常にシンプルで餌をとるという考えのみで行動しています。なので複雑に考えすぎないようにしましょう。

上がってくるシーバスは沖から入ってくる場合も多く腹をすかした状態なので食い気が立っている場合があります。下げ潮時に上流で狙われすぎるとスレた状態で下ってくる場合もあります。

  • 自分が取りたいシーバスについてしっかり考える

上がってくるシーバスを取りたいのか下がってくるシーバスが取りたいのかで大きく違うので自分がしっかり何をしたいかを整理して釣りを組み立てるのが重要です。

ルアーや釣り方を知っておくのも良いですがこういった釣りの前にどうしたいかを整理しないと適当な釣りになってしまうので釣っても不明瞭な部分が多いです。ある程度決めて釣らないと運任せになりすぎるのでルアー的な価値は非常に下がります。

シーバス河口回遊Q&A

  • 堰がある河川ではどこまでシーバスは遡上するのですか?

シーバスが着きやすいポイントがあればそこにつきますが、意外と堰の真下につくことがあります。堰の真下は上からエサが降ってくる絶好のポイントなので真下で狙っている感じですね。

なので基本堰下から海側の下を狙っていく感じになります。

  • ベイトはどういった回遊コースを通りますか?

ベイトはシーバスや鳥に食われないように物陰がある岸際を通って回遊してくるケースが多いです。特にイナッコはその傾向がかなり強いです。ボラとかになるとあまり食われないので好き放題泳いでいるという感じです。コノシロやイワシなどの海系のベイトの場合は流心について遡上するケースが多いですね。

特に春先に多いハクや稚魚のマイクロベイトは流心の流れに負けるので弱い岸際を通ってなるべく食われないようにシャローに入ってくる傾向が強いです。溜まる場所も大概通年同じなので狙いやすいです。




Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

河口でのシーバスの動向はシンプルですが、日によっている位置が細かく変化するので非常に重要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA