【最新版】エンカウンター96MLのインプレ 

基本ステータス

  • 全長(m): 2.90/継数(本): 2
  • 仕舞寸法(cm): 148.6
  •  自重(g): 140 
  • 適合プラグウェイト(g): 6~32/ 適合ジグウェイト(g): MAX38
  • 適合ライン PE(号): 0.6~1.5
  • エンカウンター96MLのインプレ

まずは安い!これにつきますね。実売14000円程度なのでML以外のスペックが気になったらすぐに買い足せるのが強みです。次に軽さですね。96MLで140gなので値段の割には驚異的な軽さです。

全体的に軟調でMLでもかなり柔らかいです。特にディアルーナシリーズと比べるとかなり差が出ますね。ここはプレイヤーの好みが分かれます。

全体的に柔らかいのでハードなフィールドでパワータックルで臨むというよりはリールやルアー自体もコンパクトにして気軽にさっと狙うスタイルの釣りにハマるロッドです。

飛距離はサイレントアサシン99で約40~60m(PE08)は軽く振っても出ます。全体的に強いロッドではないのでウェイトが5g~20g以内のルアーでの使用がおススメ。

  • エンカウンター96MLに合うリール

ロッドが柔らかく重めのルアーは苦手なのでリールも軽くコンパクトなサイズがおススメです。シマノだと2500~3000番です。これ以上リールのサイズを上げると持ち重りしたり疲れる原因になるので注意してください。

代表的なシマノのリールだと・・・アルテグラ、ストラディック、エクスセンスcl4あたりになりますね。一応ハイエンドではないのでステラやバンキッシュではなくミドルスペックのリールが良いでしょう。

ラインは行う釣りによりますが、全体的に軽いルアーの方が絶対に扱いやすいロッドなのでPE1~06あたりでやると非常にバランスが取れて良いでしょう。現状ではPE08を使用しています。

私は18エクスセンス3000MGHを使用しています。18エクスセンスも自重が200gを切る軽さなのでエンカウンターと合わせても非常に軽いです。

  • エンカウンター96MLがハマるシチュエーション
河口汎用 〇磯 ×
ベイエリア ◎小規模中規模河川 〇
サーフ △ウェーディング 〇

基本重くてでかいルアーをぶっ飛ばす釣り以外ならどこでも使用できる汎用性がいいですね。

96MLは非常に基本的な長さなのでドリフト~ちょっとしたアクションをくわえる釣りなどもこなせます。

次に96MLで使いやすいルアーですが…

  • ミノー→80~100mm
  • シンペン→10~20g
  • バイブレーション→14g
  • ワーム→5~10g前後

小型ミノー、シンペン、ワームあたりを使ってスレ対策を意識しつつややせこくいくのが良いでしょう。あまり大型のルアーに寄せると飛距離の減衰やそもそも釣れないという風になってしまうので長所は生かしましょう。

  • エンカウンター96MLはこういったアングラーにおススメ

まずはコスパが良好なのでタックルを頻繁に替えたい人や用途ごとに揃えたい人向けです。96MLであれば中型~小型のルアーが扱いやすいのでスレ対策やマイクロベイトパターンを攻略したいときにおススメです。

次にランガンが多い人も相性が良くミノーでのジャーキングでガンガン攻めたい時やVJなどで確実に…といった感じで広くさぐったり確実に決めたい時にも出番は多いロッドです。

エンカウンター96MLでの釣果

こちらはシャローアサシンでの釣果ですね、非常に相性が良いので使いやすいです。特に飛距離が素晴らしく50m程度ならスコーンと飛んでいきます。

100mm前後のミノーとはかなり相性が良いですね。エクスセンスシリーズとは抜群の組み合わせです。

こちらはアサシン80での釣果ですね、80は7g前後ですが普通に40m前後は飛んでいきます。ここまで小さいルアーを飛ばせるのなら十分ですね。

特に80と相性がいいですね、テクニカルモデルなのでストップ&ゴーやジャーキングなども駆使して釣っています。特にアサシンでは大量に釣っています。

こちらはハチマルマグナムでの釣果ですね、ジャーキングはかなり得意なのでベイエリアではよく使います。非常に相性が良いルアーです。

メインでストラクチャー打ちで使うなら86でのいいかもしれませんね。

こちらはワンダー85での釣果ですね、MやMHだと相当使いにくいですが96MLなら簡単に使えます。基本は軽めのシンペンでスレ対策という感じがいいですね。

シマノであればスタッガリングスイマーやスライドアサシンなども使用できます。

こちらはVJ16での釣果ですね、相性が良くフォーリングや中層タダ巻きなどを使って使っています。

特に最近は深夜でVJをよく使っています、なかなか効果的に使えていますね。

 

こちらはチニングの釣果ですね、96MLあたりだと上記のチヌでも簡単に寄せれます。チニングやシーバス狙いには非常にコスパの良いロッドになってますね。

96MLだと20g以下の軽量のバイブレーションがおススメです。これ以上重くなると竿負けしだすので使いにくくなってしまいます。

こちらはジョイクロ128での釣果ですね、ベイエリアでストラクチャー打ちで無理やり引っ張り出すというのをよくやります。さすがに178は使えませんが128なら余裕で使うことができます。

コノシロパターンで使う人が多いですが、ストラクチャー打ちで使うと結構効果的に大型シーバスが釣れます。

※釣果が多すぎるので大幅に抜粋しています。

エンカウンター96MLのQ&A

  • エンカウンター96MLはメバリングプラグやチニングポッパーなどは使えますか?

ギリギリ使えるロッドです。さすがに1~3gのジグヘッドとかは厳しいですが、5~7g程度のメバリングハードプラグや軽いチニングポッパーなどは十分使えます。その代わりリールを2500番程度でPE06あたりにする必要はあります。

軟調なので5gジグヘッドでもPEラインを細くすれば結構飛びますので(40mぐらい)都市型河川のスレがやばい場所やベイエリアの壁打ちやちょっとしたキャスティングでワームを使う方にはおススメです。

  • エンカウンター96MLの類似商品はありますか?

エンカよりも上のランクはディアルーナがありますね、下だとムーンショットあたりになります。バランスが良い竿なのでこれでも通年釣ることができます。

ディアルーナの方が全体的に硬くシャープなのでよりきわどいキャストもしやすくなります。しかし、その分弾かれやすい部分もありますね。

  • エンカウンター96MLはショアジギはできますか?

できますが・・・やはりライトショアジギングとかでないとパワー不足です。特にある程度でかい青物だと耐えれない(折れないが取り込みに難アリ)なのでもうワンランクツーランク強い方を使った方がいいですね。

ショアジギや沖堤防、サーフではエンカウンター96MHの方を使用しています。96MHだと30g程度のスピンテールや重めのバイブレーションも遠投できるのでリンクを参考にしてください。

96MHであればビッグベイトやランカー狙いの大型ミノーなども使用できます。96MLでは厳しいのでそういった用途向けに購入したい場合は注意が必要。

おススメ度☆×4

凄くいいです。やっぱり値段ですかねぇ。

値段の割に性能が凄く良いです。これが一番の評価点ですね。別段感度が悪いとかそういった欠点もないのでシーバスやらチニングやらエギングやらといったライト寄りの五目釣りならかなりおススメです。

もしかしたらスピニングロッドはディアルーナシリーズより安いので全部入れ替えるかもしれません。

※Amazonに在庫が入荷中