【最新版】エンカウンター96MHのインプレと評価

基本ステータス

  • 全長(m): 2.90/継数(本): 2
  • 仕舞寸法(cm): 148.6
  • 対象魚:シーバス
  • 自重(g): 175
  • 先径(mm): 1.9
  • 適合プラグウェイト(g): 10~52/ 適合ジグウェイト(g): MAX60
  • 適合ライン PE(号): 1~2.5
  • リールシート位置(mm): 410 ※アップロック
  • カーボン含有率(%): 99.8

かなり安いです、の割には自重もそこまで重くなくストレスが少ない作りになっていますね。購入した用途としては簡単なショアジギやサーフのシーバス、ウェーディングでのシーバスなどですね。

スピニングを使う時はエンカ96MLの方で小さめのプラグを使うことが多いですがたまにサーフや誘われて沖堤防にいくことがあるので、それ用に購入しました。やはり実売15000程度で購入したので値段が安く用途ごとに揃えやすいのがエンカウンターシリーズの特徴です。

あと長時間釣行を何度もするタイプではないので専用ロッドよりもぱっと使えるエンカウンターシリーズの方がコスパもいいですね。

  • エンカウンター96MHにあうリール

シーバスその他等狙いなら3000番で十分です。逆にシーバスがおまけでショアジギその他等なら4000番前後でOKでしょう。

釣行頻度が多くない場合は3000番で実売15000円程度で十分だと思いますね。現状だと18エクスセンス3000MGを使用していますがトータル的な重量も軽く全く問題ありません。

ショアジギもやりますが、大概シーバスの方がすぐに釣れるのでまあ3000番で十分かなと思います。詳しくは以下を参考にしてください。

  • エンカウンター96MHがハマるシチュエーション
河口汎用 〇磯 〇
ウェーディング ◎小規模中規模河川 △
ベイエリア △サーフ ◎

こういった感じで遠投というか重めのルアーでも釣果が出やすいポイントでの使用がおすすめです。30~40g前後のスピンテールやバイブレーションなども容易にフルキャストできるのでディープなポイントでの使用がおススメですね。

  • エンカウンター96MHにあうルアー

エンカウンターMHはウェイトのキャパが10~52gと広いので比較的いろいろなルアーが使えますが、全体的にかなり強いのでルアー選びを失敗するとバラシの原因になるので注意が必要。

  • ミノー 100~160mm 〇
  • バイブレーション 20~32g ◎
  • シンペン 15~30g ◎
  • ビッグベイト 60gぐらいまで △

こういった感じで大きめのプラグや重めを選んでおかないとけっこう飛距離が減衰したりバラシの原因になるので注意が必要。やはりロッド的には大型狙いで丁度良いのでスレ対策や繊細な釣りには向いていないというのは理解しておきましょう。

エンカウンター96MHでの釣果

ちょっと分かりにくいですが河口での釣果ですね、至ってシンプルにドリフトでの釣果です。ハチマルマグナムなら何のストレスもなく使えますね。

マグナムももともと結構飛ぶので50m前後の飛距離は簡単に出せます。

こちらはショアジギでの釣果ですが、何だかんだでシーバスの方を釣ってしまいます。サルベージブレードは28gですが普通に振れば70mぐらいかっとんでいきます。

36gのサルベージブレードでも竿負けせずに飛ばせるのでやはりショアジギもこなせます。

こちらはウェーディングでの釣果ですね、ロッドが映ってないですがエンカウンターなのは間違いないです。アサシン99は飛ぶのでこちらも問題ないです。あとボラのスレとダツ1mぐらいもかかりましたが、特に問題ありません。

こちらはサイレントアサシン160での釣果ですね、160は30g程度ですが特に問題なくブーンと飛びますね。シーバスも大きいですが引き自体は弱いのでこちらも特に問題なし。

こちらはアサシン140FBの釣果ですね、このサイズでも特に問題なく取り込めます。シーバスに比べるとと引き自体はかなり強いんですが大した力ではないですね。

アサシンは相性が良く99でも結構飛びます。シマノ系のルアーと合わせてオールシマノでも釣果が出せるのでチャレンジしても面白いかと思いますね。

こちらはショアジギでの釣果ですね、かなりパワーがあるのですがいっても1mぐらいなのでまあ特に問題なく取り込めます。

ちなみにラインはパワープロZ1,5号ですね、リーダーはエクスセンスの20ポンドだったと思います。まあ歯に当たれば即切れなので運が良かったですね。

これぐらいのサイズで竿自体は弧をしっかり描いて曲がります。突っ込みにもかなり強引に対処できるので竿自体はかなり強いですね。

こちらはジョイクロ178Sでの釣果ですね、60g程度なのでキャスト自体は簡単にできます。一応メインで使うには精度や取り回しにやや難がありますが使えることは使えます。

なので河口用のルアー+ビッグプラグでもできるので秋のシーズンなどはサブタックルなどで活躍します。

※釣果は随時記載します。

エンカウンター96MHのQ&A

  • ショアジギメインでいけますか?

まあスタイルによると思いますが岸壁から狙う分には問題ないかなと思いますね、来ても1m行くか行かないかなのでリールやライン選定にもよりますが・・・

最近は以前のメタルジグをしゃくったりするよりもバイブレーションや巻きジグのタダ巻きなどをやってる人が多い印象ですし、タダ巻きでダーッとやる分には全然問題ないです。

さすがに磯でガチガチのショアジギなどはきついので専用のロッドで行った方がいいでしょう。

  • シーバス初心者ですがエンカウンター96MHはおススメですか?

全くおススメではないです。

やはり硬いので40~60ぐらいのシーバスはばらしまくると思います。なのでワンサイズ下のMかMLがおススメです。

あとけっこうパワーがあるのでへんに大型ミノーとか重いシンペンを使いだしてほげまくると思いますね。なのでスタンダードなMかMLでスレに強いルアーでやっていきましょう。

  • ジョイクロ178とかは使えますか?

いけます、問題ないです。しかし、精度が悪くなるのでぶつけて泣かないようにしましょう。コノシロの時期に岸壁から沖にジョイクロをぶっ放すとかなら全然使えます

ウェーディングであればカゲロウ155やサスケ烈波140などの150mm系のリップレスミノーやシンペンやランカー狙いするのも非常にアリです。私の場合はベイトタックルで近距離のランカー狙いが主ですが一般的にはそういうスタイルでやっている方の方が多いので導入するのはいいと思います。

  • サーフメインですがいけますか?

さすがに超広大なサーフを時間をかけてじっくり探るとなるときついですが、朝マズメでちょっとしかやらない場合や、車で移動しつつナブラ打ちなどは全然使えます。

あと40gまでなら普通に使えるのでサーフ用のミノーやその他各種もよっぽど重くない限りは大丈夫です。あとサーフ専用ロッドはけっこう値段が張るのでまあその点もエンカウンター96MHでというのはアリでしょう。

おススメ度☆×5

いいですね、シーバス以外にも全然使えますし、軽く値段も安いので釣行頻度が少ない場合や時期限定の釣りをする時には非常に便利です。

まあ硬いので河口やベイエリア向けではないですが、MやMLを買えばいいだけなので楽でいいです。さすがにハイエンドをポンポン買うのはきついですからね(笑)