【最新版】23ディアルーナS86MLのインプレと評価

この記事はプロモーションが含まれています。

基本ステータス

仕様/特徴詳細
ロッド全長8フィート6インチ(約2.59m)
継数2本
キャストキャパ5~32g
ラインPE0.6~1.2号、ナイロン3~8lb
パワーML(ミディアムライト)
アクションレギュラーファスト
  • 23ディアルーナ86MLの概要について 仕様や特徴の紹介

23ディアルーナ86MLは、全体的にバランスが良く、手に馴染みやすいデザインになっています。また、軽量化を図ることで、疲れにくく長時間の釣りにも適しています。

23ディアルーナ86MLは、レギュラーファストアクションを採用しています。これは、ロッドの先から中盤にかけてしなりが始まり、その後は素早いリカバリーができるアクションです。そのため、ジグヘッドや小型から中型ルアーを使った釣りに適していまね。

  • 23ディアルーナ86MLのデザインと外観について

23ディアルーナ86MLは、値段の割に軽く、バランスも良いため、長時間の釣りでも疲れにくいいですね。

また、ルアーアクションを入れやすく、しなやかなブランクスが繊細な操作(ショートジャークや連続トゥイッチなど)に適しています。全体的には、高いコストパフォーマンスを誇る優れたロッドだと思います。

23ディアルーナ86MLは艶消しの黒が印象的でカッコいいです。ロッドが持っている重厚感と相まって、高級感も漂いまね(笑)手に取ると、しっかりとしたつくりで高品質な印象を受けます。

  • 23ディアルーナ86ML操作性や取り回しのしやすさ

23ディアルーナ86MLはフッキングが効きやすく、中距離から近距離の連続的なキャストもしやすい操作性が特徴です。また、取り回しもしやすく、釣り場での使い勝手が良いです。

全体的にベイエリアでの細かいキャストや、河川での壁打ちやストラクチャー打ちにも対応しやすいですね。86MLと短めなのでキャスト精度も高いです。

小型~中型ルアーと相性がロッドなのでスレ対策用にもバッチリですね。

  • 23ディアルーナ86MLに合うリールについて

23ディアルーナ86MLには、シマノの3000~2000番クラスのリールが最適です。

商品名でいうとエクスセンスシリーズ、ミラベル、ヴァンフォードあたりが適任ですね。一応、ミドルスペックなのでヴァンキッシュなどのハイエンドはちょっともったいない感じもしますね(笑)

現状ではエクスセンスBB3000番をセットしています。もちろん良好です(笑) PEラインは特に通常のシーバス向け号数であれば特にトラブルなく使用できます。1号ジャストあたりで十分でしょう。

23ディアルーナ86MLでの釣果

こちらはシャローアサシンでの釣果ですね。まさにディアルーナ86に打ってつけという感じです。

アクションは入れやすいですが調子に乗りすぎずにドリフトで行きましょう(笑)

こちらはパンチラインでの釣果ですね、こちらもジャストフィットといった感じです。

小型~中型ルアーであれば特にどれも問題なく使えると思いますね。

こちらはサスケ95での釣果ですね。このサイズのミノーはやっぱり使いやすいですね。飛距離も出やすいですし、平均サイズもそこまで大きくないのでばらしにくいです。

こちらは渓流系ミノーのエデンでの釣果ですね。ディア86mlはだいたい5g程度なら普通に使えるのでマイクロベイトパターンでも使いやすいです。

PEは08にしておくと軽量ルアーでも飛距離は稼ぎやすいので使いやすいですね。

こちらもエデンでの釣果ですね。一応70は越えてますが、瘦せているのであまり引きは強くはなかったですね。

意外と粘りはあるのでランカーでも制御不能になることはないと思います。まあでも86MLなので無理は禁物です(笑)

こちらはガルバでの釣果ですね。ちょうどガルバみたいなシンペンは使いやすいです。やっぱり性能的にはスレ対策用とか居着き狙いの細かい釣りに適したロッドになってますね。

運河とか港湾だと相当使いやすいです。あと都市型河川でもいいですね。

最近はなぜかペンシルベイトにハマっているのでよく使ってます。

ディアルーナ86だとTDペンシルでも飛ぶので使いやすいですね。

こちらは久しぶりのサイレントアサシンでの釣果ですね。やはり小型~ぐらいのルアーで細かくアクションさせたりするのが得意なロッドになってますね。

アサシンだと80~99あたりをメインに使用したいですね。

こちらはミドストでの釣果ですね。ジグヘッド込みで5gなのでギリギリ使えるぐらいですね。

軽量ジグヘッドとかの細かい釣りなども取り入れていくとだいぶ釣りやすくなると思います。

こちらはシーバスラボオリジナルルアーの沈下式イナ棒100Maxシュートでの釣果ですね。マックスシュートは28gなので若干竿負けしてました。

4ヶ月ぶりぐらいにスピニングで釣りましたが、すごく引いた感じがしましたね。ディアルーナはけっこう掛けると曲がる竿になってます。

※釣果は随時記載します。

23ディアルーナ86MLのQ&A

  • Q: 23ディアルーナ86MLはどの程度軽量ですか?

A: 23ディアルーナ86MLは非常に軽量で、わずか130gです。この軽さは、長時間の釣りや、疲れた腕でのキャストでも疲れにくく、快適に釣りを楽しむことができます。2万前後でこの軽さはやばいですね(笑)

ベイトロッドの23ディアルーナも非常に軽いです。河口ではこちらをメインに使っているので興味がある方はご覧ください。

ディアルーナのベイトモデルも初心者から上級者まで広く使えるスペックになっています。

  • Q: 23ディアルーナ86MLのブランクスにはどのような素材が使われていますか?

A: 23ディアルーナ86MLのブランクスには、シマノ独自の高弾性素材「Hi-Power X」が使用されています。フッキング感がよくロッドの中頃は曲がらないのでぶち抜く感じで貫通させれます。

でもMLなのでシーバスのメインサイズとしてはセイゴ~スズキの間に収まるようにしたいですね。平均サイズを上げていきたいときは96M、106MHあたりがおすすめ。

おススメ度☆×4

使いやすいですね。軽いので細かいキャストとテクニックを駆使したいときには最適なロッドになっています。マイクロベイトパターンからイナッコパターンに合わせて河口やベイエリアで使用しやすいスペックです。

小型と中型ルアーを使ってスレ対策しつつ狙っていくのにはうってつけのロッドですね。

まとめ

軽い、軽すぎる!

橋脚ドリフトのトレースコースの全てを網羅した完全ガイド発売中!
  • 本記事の内容[目次]について
かなり内容が長いです。文字数に関しては約7000字近くあります。あと流し方の画像をもふんだんに入れてあります。橋脚へルアーを流しこむコースがすべて分かるので橋脚攻めを極めたいアングラーにおすすめです。
  • サブスク会員限定 上流側からの橋脚のトレースコース例について
  • サブスク会員限定 橋脚下流側のトレースコース例 
  • 質問コーナー ルアーの頭を下向きにしたまま橋脚に送り込むドリフトについて
3つのサブスク会員限定記事をまとめてパワーアップした記事になります。 目次を参照にしてもらいたいのですが、主に橋脚上部からルアーを流すトレースコースと、下流部からルアーを流すトレースを一覧で図解をつかってまとめています。 かなり内容が難しい部分もあります、初心者向けではありません。あとコードックの規約上返金ができない可能性があります。全体の四分の一ほど無料公開しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA