質問コーナー なぜリップレスミノーを使わないのか? 

 

質問内容:なぜリップレスミノーを使わないのか?

今回は友人の兄貴の質問ですね笑 確かにこのシーバスラボでは異様にリップレスミノーの釣果がないですし使用法などもほとんど書いていません。友人の兄貴はリップレスミノーで結構釣っているので不思議に思ったようですね。以前にコンビニであった時根掘り葉掘り聞いてきたので・・・笑

以下回答

  • 今の釣り方とリップレスミノーの性質が全くかみ合っていないから

リップレスミノーの性質としては…

  • 表層を探れる
  • ドリフトと相性がいい

などが、挙げられますが現状今のやっている釣りとかみ合わないことが多いので使用頻度になっています。

  • 今やっている釣り方とリップレスミノーの相性の悪さについて

今行っているのが普通のベイエリアの釣りどぶ川の干潮付近のウェーディングおかっぱりからのドリフトなのですがこの3つの釣り場とリップレスミノーの性質が全くかみ合っていないからです。

  • ベイエリアの釣り→ワームやシンキングミノーなどがメインなので出番なし
  • ウェーディング→橋脚などはビッグベイトに任せる、広い範囲のドリフトはシンペンでOK
  • おかっぱりの河口→潮周りなどを見ずに行くので足場が高いときが多い

こういった感じでリップレスミノーでないとダメという状況が少ないから使っていないというわけですね。

こちらベイエリアでの釣果ですが、ベイエリアでリップレスミノーを使いたいという状況はないですし、小型のリップレスミノーなら出番はあるかもしれませんが、だったら同サイズのワームでいいじゃんっていう風になってしまうから使っていないですね。

おかっぱりの河口とかだと使いたい場面もあるんですが、足場が結構高いところが多いのでドリフトさせるにしても浮き上がって使いにくいのでなんだかんだでアサシンのシンキングなどを使ってしまうことが多いですね。

シンキングのリップレスミノーだと浮き上がり自体を抑えることは可能ですが、それだと別にアサシンでいいじゃんともなってしまいますね。

  • シンペンに比べてリップレスミノーは飛ばない

これも大きな原因で例えばサスケレッパとドリペン90の飛距離を比べるとやはりドリペンが圧勝で大体10~15m程飛距離に穴が出てしまいます。

こうなるともっと飛ぶマニック135やトライデントを使ってしまうと飛距離に差が出すぎてしまい探れる範囲に大幅な差が出てしまいます。冗談抜きでトライデントとかなら100m近く飛ばせます。

シンペンを主に使うドブ川にはピンスポットを探る釣りと広くヨレを打つ釣り方があるのですがピンスポットの方はバイトしてくるシーバスがでかいのでビッグベイトで探った方が良いですし、広く打つとなると上記のように飛距離が若干足りないために穴が出てしまいます。

この2点が主な理由です。使わなくても十分釣れるし、微妙にかみ合ってないからです。

他にも少しだけレンジを下げたい時にリップレスミノーだと調整しずらくてルアーを変える必要がある、ボトムに接地した時にすぐさまシャクってボトムから離せないので根がかりしてイライラするなども使用する気がしなくなるという理由です。

  • 使い方が分からないとかそういうわけではありません笑 

満潮付近の岸壁から河口でドリフトさせる時やエンカウンターのようなライト寄りのロッドで小型のリップレスミノーなんかでアプローチするのはたまにやります。こういった場合は表層の浮いたフッコを良く狙うので普通に安定して釣れます。

Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA