22エクスセンスDC XG シーバスタックルデータベース

基本ステータス

  • サイズバリエーション

XG

  • スペック解析

技術の進歩により生まれ変わったNEW 4×8 DC EXSENCE TUNE。

これまで以上により緻密なブレーキの制御が可能になりました。また、MGLスプールⅢ、サイレントチューン、S3Dスプールとの相乗効果によりキャスト性能が劇的に進化しています。

特にPEライン使用時に多いキャスト直後のトラブルに対して、瞬間的なブレーキコントロールにより高切れしてしまう可能性を大幅に低減しています。

また、最大ドラグ力や糸巻量が増え、よりバーサタイルになりました。時には青物とも対峙できる潜在能力を秘めたベイトリールが誕生しました。

  • プロモーションビデオ

  • ハマるシチュエーション

シーバスバーサタイル

  • 田中考察

22発売のエクスセンスDCですね、シマノのテクノロジーでこれでもかというほど詰め込まれています。リールの性能的にはバーサタイルを意識して作られてますね。

従来DCが苦手であった軽量ないしやや軽量ルアーに重点を置いて細めのPEでもバックラッシュしにくいDCブレーキを搭載しています。ルアー的にはアサシンシリーズや、レスポンダーシリーズなどがマッチしそうです。

重量級ビッグベイトはやや糸巻き量的に不安ですが、軽量~2オンス程度までなら非常に快適に扱えるスペックになっていますね。DC搭載モデルながら230gと軽いのも特徴的です。

ロッドですが、やはり合わせるならエクスセンスベイトモデルがおすすめですね。リールの性能的にMLないしMあたりのスペックがベストマッチでしょう。

20エクスセンスとは全く別物のリールです。アンタレスSWDCといった方が正しいかもしれませんね。

シーバス汎用→◎ショアジギ→△
シーバス大場所→◎サーフ→△
ウェーディング→◎ライトゲーム→△
ベイエリア→◎餌釣り→×

 

コスパ→×サブとしての性能→×
使いやすさ→◎初心者向け→×
メインとしての性能→◎軽さや性能→◎

Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ