【最新版】ロングロッドを使ったシーバスの釣り方

ロングロッドに適したシーバスの釣り方

  • 遠投+ロングトレースの釣りがベスト

飛距離が出しやすくなるので単純に飛ばしてただ巻きやドリフトさせるというシンプルな釣り方がハマりますね。従ってシンペンやバイブレーションなどのただ巻きだけで釣れるルアーと相性が良いです。

  • 大型ミノーのドリフト
  • 重めの鉄板バイブのタダ巻き&リフト&フォール
  • シンペンのドリフト

特にバイブレーションのリフト&フォールとロングロッドは非常に相性が良いですね。

  • ロングロッドのバイブレーションの飛距離が伸びる→リフトさせるときの幅が伸びてリアクション効果が高くなる

こういった感じですね。

河口での釣果ですね、ディアルーナXR10フィートでテッパンバイブのリフト&フォールでバイト、リフト&フォールだけでなくロッドを立てると根がかりしにくく表層をリトリーブできるのも相性が良いと言えますね。

ロングロッドの釣り方としては全体的に活性が高い状況が得意で、逆に深夜でスレ対策しながら細かく釣っていく方法とは相性が悪いです。

従って…

  • 朝マズメでベイトも入っている
  • デイゲーム
  • 雨後深夜の河口

こういった感じで比較的活性が上がりやすい状況でロングロッド+遠投で広く探るというのが釣るためのポイントになってきます。

遠投性を加味すると移動を繰り返すコノシロやイワシ系などのベイトが入っていると遠投+タダ巻きのロングロッドとは釣り方が合致しやすいくなります。

こちらはディアルーナ106Mとパンチライン80マッスルでの釣果ですね。80マッスルだとだいたい60m前後は飛びますね。

深夜だとシンペン+ロングロッド+ドリフトは鉄板の釣り方ですね。

ロングロッドと相性がよいルアー

単純に飛ぶタイプのルアーなら何でもいいですね。

例えばシマノのAR-CやメガバスのLBOなどの円柱形の重心移動が入ったミノーもおススメです。ダイワだとモアザンのショアラインシャイナーシリーズも飛びます。

  • シンペンなら20~30g程度
  • ミノーなら120mm以上

他にもあえてジグミノーやメタルジグというのもアリですね。使い方は簡単でぶっ飛ばして速く巻くだけなので使用は非常に簡単です。

トライデント115とロングロッドなら100近く飛ばすことも簡単です。ドブ川はそこまで飛ばすと対岸に当たってしまうので主にロングロッドのパワーを目当てに使用していますね。

やはり深夜では特にシンペンがロングロッドと相性がよく飛距離+ドリフトで浮いているシーバスを…というセットプレイが非常に有効です。

こちらはスタスイ100での釣果ですね、ディア106Mと合わせると冗談抜きで80m近く飛びます。バチが沖に流されると遠投して狙う時もあります。

  • ロングロッドと最高に相性がいいのはバイブレーション&スピンテール

やはり一番ロングロッドと嚙み合うのがバイブレーションやスピンテールですね、遠投性とタダ巻きというのが相性が良いです。

ちなみにですが、最近はショアジギも流行っているので青物狙いもしつつデイゲームシーバスも狙うというスタイルがおススメです。広く探るという面でも合致性が高く相性が良いです。

こちらはエンカウンター96MHとサルベージソリッドでの釣果ですね。特に青物なんかはいれば釣れることが多いので飛距離が出るに越したことはありません。上記のセットで約80m前後飛ばせるのでかなり広く探ることができますね。

ロングロッドで釣れない時に見直したいポイント

  • 遠投しすぎて思考停止状態

こちらも多いのですが…

  • ルアーが飛ぶ=釣れる

これは全くあてにならない方程式です。特にバイブレーションやスピンテールだとキャストスキルがあって道具も揃っていると100m近く飛びます。

仮に100m沖にベイトがいてシーバスがボイルしているようなら構わないですが、そんな状況はなかなかないです。あと飛ばし過ぎるとタダ巻きが雑になってきてアタリも一切ないとなると…

  • 回遊してくるまで待つか
  • ベイトはいないっぽいけどそのうち入ってくるだろ

こういった感じで思考停止状態になっている人が多いです。

特に何の気配もない堤防や港の突先でこの釣りをしている人が多いのでマネしないようにしましょう。

  • きちんと飛距離が出ているかを確認しよう

上記の通りロングロッド=遠距離戦なのできちんと飛距離が出て広く探れているかを確認しましょう。

例えば…

  • ロングロッドなのに妙に小さいルアーや軽いルアーでアプローチして飛距離も釣り方も中途半端

こういったケースはとても多いです。飛距離を出して探るつもりが途中で釣れないので中途半端に小型ルアーを使いだして…これをするなら最初から9フィート以下のMLでやった方が効率がいいので注意が必要。

特にタックルセッティングが狂ってくるとロングロッドでも飛距離が大幅に減衰してしまう場合があります。140mm台ミノーでも狂ってなければ70m近く飛ばすことも可能なので飛距離が足りてない方は確認してみましょう。

ロングロッド釣り方Q&A

  • ロングロッドで大型のミノーを遠投して・・・という釣り方は有効ですか?

けっこう微妙ですね。大型のイワシやコノシロがいる時は有効な釣法ですが、最近ではビッグベイトを使ったアプローチが主流になってきているので私の場合だとミノーを使うんだったらベイトでビッグベイトで狙いますね。

こちらはコノシラスシャッドでの釣果ですね。コノシラスシャッドはベイトタックルでも50mは飛ぶので大型のミノーとそん色ない飛距離で探れます。

あと大型のミノーで厄介なのが中途半端な50~60ぐらいの鱸が釣れてしまうという点ですね。

コノシロパターンや大型のイワシについた鱸だとランカーを狙った方が効率がいいので逆に60ぐらいを釣ってしまうと場荒れやスレにつながる可能性もあります。ビッグベイトだとほぼほぼランカーかブリクラスがくるので逆に楽です(笑)

あとかなり強いタックルにできるので大物でも楽に取り込めますし、ビッグベイトそのものがかなり進化しているので飛距離も十分となると中途半端な大型のミノーはちょっと・・・という感じでしょうか。

まとめ

ロングロッドではバイブレーションやスピンテールの遠投が相性が良い。しかし、広く探る釣りは雑になりやすいので注意が必要。

シーバス釣果不足で悩んでいませんか?シーバスラボ有料記事読み放題で学ぼう!

こんにちは!シーバス釣りでうまく釣果をあげられなくて悩んでいませんか?そんな方におすすめなのが、シーバスラボの有料記事読み放題です。
シーバスラボでは、シーバス釣りの専門的な技術やノウハウが満載の記事を提供しています。
釣りの初心者から上級者まで、誰でも参考にできる情報が盛りだくさんです。
さらに、有料記事読み放題であれば、いつでも好きなときに好きな記事を読み放題できるため、釣りのスキルアップに効果的です。
シーバス釣りの秘訣を学び、釣果アップを目指しましょう!

今なら、初めての方に限り、無料トライアルキャンペーンを実施中です。ぜひこの機会にシーバスラボの有料記事読み放題をお試しください。