【最新版】 ロングロッドのメリット,デメリットとタックルセッティングについて


今回は「シーバス ロングロッドの使用感や導入のポイント」をお送りします。シーバスはどこでも釣れるのでシチュエーションやポイントごとにロッドを使い分けると円滑に釣りが展開できる場合があります。今回はシーバスのロングロッドの使用感や導入のポイントをお送りします。

 シーバスロングロッドのメリット

  • ロッド自体が強いのでシーバスとのやり取りが楽である

10フィート以上のロングロッドはかなり強いのでモンスター級でない限りは余裕を持ってやり取りすることができます。イメージとしては竿自体の復元力が強いのである程度構えるだけで寄ってくる感じです。

シーバス以外でもヒラメ、青物にも流用できるので力が強いソルトフィッシュイーター狙いに最適です。

  • ドリフトさせやすい

河口のドリフトではラインを水面につけすぎるとラインにルアーが引っ張られすぎて思ったところをトレースできない場合があります。

なのでランメンディングしてスラッグを切る必要があるのですが、ロングロッドはロッドをしゃくった時の幅が大きくラインを切りやすいのでスラッグを取りやすいです。

さらにロッドを高く構えると水面にラインをつけないようにもできるので手前に流れがある時などに操作がしやすくなります。

  • 飛距離が大きく伸びる

これはラインの号数によりますが、8フィートのロッドと10フィートのロッドを投げ比べると明らかに10フィートの方が飛距離が出ます。

これは遠心力の関係上同じ力を加えたら長い分その分飛距離が出るからです。

ロングロッドのデメリット

  • 細かい操作がしにくい、取り回しが悪い

10フィート以上のロッドで軽くトゥイッチしてもかなりの距離を動かしてしまったり、ちょい投げで近くにキャストして短い距離をトレースするなどの細かい操作と取り回しが非常に悪くなります。

さらに後ろに壁があるポイント、電線が多いなどのポイントでも使いにくいですね。

  • ロッドパワーを上げると小さいルアーが使いにくくなる

ロングロッドでパワーをMLやMHにしてしまうとロッドがかなり固くなり曲がらなくなるので小さくて軽いルアーの飛距離が減衰します。

最近は小型ルアーも多いのでパワーをよく見て購入しないと手持ちのルアーが使いにくくなってしまう場合もありますね。

  • ロングロッドはコスパが悪い

一応エントリーモデルでも10フィート以上のロングッドはありますが、ロッドの性能上長いのでその分かなり重くなってしまいます。

こうなると体力がないと使いづらくなってくるので快適に運用するならハイエンドモデルを狙う必要が出てきます。ハイエンドでロングとなると結構値段が高くなってくるので非常にコスパは悪いです。

取り回しが悪くなるというのはベイエリアではかなりのデメリットでロッドパワーを上げるとシーバスのバイトを弾きまくったりバラしまくったりする場合もあります。

快適にロングロッドの選び方とリール、PEラインのセッティングのやり方

  • ロッドの長さは体格や体力によって選ぼう

目安として10フィート以上がロングロッドになってきますが…やはりハイエンドで揃えてもロッド自体にある程度パワーを入れてキャストするので体力がどうしても必要になってきます。

従って…

  • 体力に自信がある、体格が良い→11フィート以上
  • 体力に自信がない、細い→10フィート

こういった感じで選ぶのがポイント。

特にかなりの体力使う遠投してからのメタルバイブのリフト&フォールや重いスピンテールの遠投タダ巻きなどをやりたい方は注意が必要。

私の場合は細くて体力がないので現在はエンカウンター96MHのやや短めのロングロッドにしています。以前は106フィートのディアルーナでやっていましたがちょっと体力が追い付かないですね…泣

あと余談ですが疲れてくるとどうしても釣行時間そのものが減ったり集中力が大幅に減衰してきます。さすがに釣果に影響が出てくるので体力と相談して選ぶのは必須です。

ロッドパワーはMミディアムがおすすめ、MLだとせっかくのパワーが生かせない、MHだと強すぎるので間をとってMがおススメです。

Mであれば…

  • 30g前後の鉄板系も遠投可能
  • 140mm台の大型ミノーも遠投可能
  • ランカー狙いに最適なシンペンも遠投可能

こういった感じで河口やサーフで主力となるウェイトのルアーが使いやすいです。

MLだとワンランク小さいサイズメインになってきて中途半端になってきます。

MHだと完全に竿が勝ってしまいもっと重いメタルジグやバイブレーションを使用しないと思ったよりも飛距離が出なかったりするので注意が必要。

  • リールはEXハイギアがベスト

キャスト飛距離が出てさらにロングトレースすることなるのでハイギアが良いですね。

一回転あたり1m前後のリールがおススメです。

さらに負担を軽減するためにダブルハンドルやノブが大きいタイプの方がストレスなく使用できますね。

あえてショアジギ用のスピニングリールにするのもアリです、糸巻き量も多いですし、ハンドルもつかみやすい大型ノブが採用されているリールが多いです。

  • PEを細くするか、太くするなどの極端なライン選択がよい

PEを08にして細くすることによりロングロッドでより飛距離を稼ぐ戦法もアリですね。

例えば20g程度のバイブレーションを使用する場合…

  • PE1,5号→50m前後
  • PE08号→70m前後

だいたいこれぐらいの飛距離の差が生まれます。これだけ差が出ると数回キャストすると100m近く飛距離に差が出るのでより速く広くポイントを探る事ができます。

これは大河川やサーフなどでは大きなメリットで目星がないようなポイントではかなり有利になってきます。

多少キャスト精度が犠牲になりますが目星がない分遠投して飛ばすしかないのでショートロッドよりも釣果に良い結果をもたらすでしょう。

ロングロッドを選ぶ際に見るべきポイント

上記でも書きましたが、ロングロッドは体力を使うので選ぶ際は慎重にスペックを見る必要があります。

  • ロッド自体の重さが重要

例えば‥‥

  • 20ルナミス106M 160g前後
  • 21ムーンショット106M 180g前後

こういった感じでミドルスペックとエントリースペックのロングロッドを比較すると20g以上の差が出ます。

こうなるとバイブレーション一個分余計に体力を食うのでウェーディングの長時間の釣りや、沖堤防などではかなり差が出てきます。

ミドルスペックからハイエンドなら160g前後かそれ以下であることが多いのでそれらを基準に選定しましょう。

  • グリップの長さ

グリップは長ければ長いほど力を入れてキャストできるので遠投性が上がります。ロングロッドは操作性よりも遠投性を重視する必要があるので重要な項目です。

体格や腕の長さにもよりますが、リールを付ける位置からグリップエンドまでの長さが40cm以上あるとロッドを引きつける力を入れやすくなるので遠投性はかなり上がります。

基本的にエントリーモデルはグリップが短い傾向にあります。

  • ルアーのウェイトキャパ 

ロングロッドは比較的ウェイトのキャパが広いので用途に合わせて購入しないといけません。

例えば‥‥

  • 10~32gであった場合→中型のミノーや20g前後のシンペンの遠投性が高くなる
  • 10~40gであった場合→かなり大型のミノーや鉄板バイブなどの遠投性が高くなる

こういった感じでキャパが重めに設定されているとより大型のルアーや重いルアーに適したロッドになっています。用途にもよりますが、河口でシーバスの大型狙いであれば10~32g程度の方がつぶしが効くので使いやすい時もあります。

逆にショアジギに近い釣り方の鉄板バイブ遠投などでは10~40gの方がやりやすいという感じですね。間違うと割と釣りにならない場合もあるので注意が必要

狙い目のダイワ シマノのロングロッド

  • 狙い目ロングロッド:ダイワ 21ラブラックスAGS 10M

非常に軽く145gなので体力を消費しやすいバイブレーションの釣りには最適ですね、ウェイトキャパが広いのでファシャッドなどのビッグベイトも使用できるのがポイント

どちらかというとモアザンのルアーに合わせて河川や河口でのランカー狙いに適したスペックになっています。

  • 狙い目ロングロッド:シマノ 20ルナミス 106M

こちらは106なのでより遠投性を重視したルナミスですね、ウェイトキャパがやや狭いのでアサシンなどを使って遠投するモデルになっていますね。

スタスイやトライデントのように異常に飛ぶシンペンもシマノにはあるのでそれらの長所をよりパワーアップさせるロッドに仕上がっています。

  • 12フィート以上の長さってどうなの?

主に10フィート前後まではよく使用されていますが、12、13となってくると長すぎますね。さすがに取り回しが悪すぎると思うのでシーバスには長く12フィートまでぐらいでしょう。

注意してほしいのが他の人にロッドが当たらないようにキャストする前に後ろに人がいないか、上に電線がないかなどは毎回確認してください。たまに人が多いベイエリアで何の確認もしないままぶんぶんとロッドを振り回している人が結構多いです。

ロングロッドQ&A

  • 初心者ですがロングロッドはオススメですか?

これはあんまりオススメでないです。理由は…

  • バラシが増える
  • ロッドパワーをいかそうとして大型ルアーを使い結果的に釣れない

こういった感じになります。特に河口やベイエリアで慣れてないのに大型のルアーを使うと恐ろしく釣れないので注意が必要です。

無難に9フィートのMLがオススメです。私も特段目的がなければ96のMLのエンカウンターを使います。

ロングロッドは釣り方もそれに合わせていないといまいち性能を発揮しきれません。

  • ボーダーレスのようなのべ竿風のロングロッドはオススメですか?

こちらはけっこうオススメ。取り回しが劇的に悪くなりますがロッド自体がかなり曲がるのでバラシはよほど下手で無い限り少なくなると思います。

しかし、長すぎるのでアクションやキャスト精度などはかなり犠牲になる可能性が高いです。

  • ベイトのロングロッドはどうですか?

こちらもあまりおススメではないですね。一応キャストの飛距離は上がると思いますが結局スピニングの方が飛ぶのでだったらスピニングのロングロッドでいいんじゃないかなと思います。

あとかなりキャスト毎に力がいるのでばてると思いますね。バーサタイルなら8フィート前後でキャスト精度を上げていかないとスピニングの下位互換になりがちです。

  • ロングロッド高いですね… 安くていいのはありませんか?

しょうがないですね、上記でも書きましたがどうしても長くなるとカーボンの容積的に性能の高いブランクスでないと重くなってきてしまいます。

エントリーモデルだとハイエンドに比較するとかなり重量に差が出てきて結果釣りに影響する…こういった感じで悪い方向に行ってしまいがちです。

一応ショアジギやランカー狙いをする時はエンカウンター96MHでやっています。これ以上エントリーモデルで長くすると体力が持たなくなってくるので96MHにしました。

エンカウンターシリーズは実売17000前後でかなり安いのでロングロッドを使ってみたいという方にはおススメです。

まとめ

ロングロッドは取り回しは悪くなるが遠投性は上がる。釣り方を選んで導入すれば非常に役に立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA