ベイトフィネス  ロキサーニのインプレと評価

 


今回は「ベイトフィネス  ロキサーニのインプレと評価」をお送りします。ソルトでも使えるベイトフィネスリールです。高級品ではないですがそこそこ使えるリールに仕上がっています。シーバス以外でも使用できるので参考にしてください。

ロキサーニの基本ステータス

  • ロキサーニの総評

アブガルシアの汎用性ベイトフィネスリールですね。ソルト流用可能なのでシーバス以外にもロックフィッシュやチニングやメバリング、アジングでも使用できます。

巻き取りは一回転辺り80cm糸巻き量はナイロン2号が100m程度です。PE1号なら70mほどですね。ベイトフィネスをPEで使うのはおすすめではありません。ロキサーニを一言で表すとそこそこ使えるベイフィネスリールですね。値段も実売13000円なのでエクスセンスDCのようにバラして丁寧に使う予定はありません。

ロッドやライン、ルアーがうまくかみ合っていると25mぐらいは小さいプラグをキャストできるのでベイエリアか小規模河口でハマるスペックとなっています。しかし小規模河口だとランカーが来る可能性がありやや怖いですね。なのでベイエリアでシーバス+ロックフィッシュ狙いなどで使用すると良いと思います。

  • ロキサーニがハマるシュエ―ション

ベイトフィネス用のロッドと組み合わせることになるので基本はスレを意識したベイエリアの釣りが一番ハマります。他にもブラックバスと兼用で気分に応じて使い分けると良い感じで使用できますね。ブラックバスで使う場合はソルト用のベイトフィネスロッドだと長すぎるので7フィートから6フィート前後で調整すると良いです。

ベイエリア、運河
小規模河口
ロックフィッシュなど

 

ルアーさえ小さくて軽ければなんでもといった感じですね。ロックフィッシュに対して試してはないですがボトム系でワームとなるとかなり相性はいいはずです。

  • 小型シンキングミノーのジャーキング(8cm以下)
  • 小型バイブレーション(14g以下)
  • ワーム(5g)

このサイズやウェイトを目安に釣りを構築するとストレスなく使用できると思います。特にバイブレーションはもっと軽くてもいいのでバス用やかなり軽いタイプを用意しておくと良いでしょう。

シーバス狙いで一番おすすめなのはワームですね。ベイトはかなりワームと相性がよく、クラッチ操作からのフォールやストラクチャー際のキャストなどが非常にスムーズに行えます。

仮にシーバスが釣れない時でもそのままロックフィッシュで坊主回避などもできますし、3gぐらいまでだったら15m程は飛ばせるのでメバル狙いに切り替えることもできます。

  • ロキサーニのバックラッシュ率や飛距離など

基本的にメカニカルとマグネットをある程度調整すれば十分バックラッシュせずに使用できますね。そもそもベイトリール自体に慣れていないといくら良いリールでもバックラッシュしてしまいますからある程度慣れている人ならよほどブレーキ系を緩めない限りバックラッシュはほとんど起きないですね。

  • 6gぐらいのメバルシンペンで25m近く飛ぶ!

最初キャストした時びっくりしたんですが6gぐらいのデュオのユラメキというシンペンで25m近く飛ばせましたね。(ナイロン2号直結) その後色々使用しましたがダウンサイジング版のシーバス用ミノーやバイブ、5g程度のジグヘッドならどれも20~30m近く飛ぶのでベイエリアなら十分使用できると思います。

ぶっちゃけていうと20mも飛ばさなくても十分釣れますが、壁打ちなどでは少し飛ばした方がいい時もあるので使用できる範囲だと思いますね。ベイト自体接近戦専用なので飛距離を出す必要があるベイエリアはスピニングのみでやるのをおススメします。

  • ロキサーニに合うラインセッティング

絶対にナイロンかフロロがおススメですね。ロックフィッシュをついでに狙いたい場合はフロロでシーバスのみを狙いたい場合はナイロン直結で大丈夫です。号数は2~3号以内なら十分使用できるでしょう。

細いPEだと結束強度(リーダー部分で引っ張り強度が50%程減衰する)もありナイロン2~3号と実質の強さは変わらないのでモノフィラ系のラインを直結した方がやり取りと根ズレに強くなるので絶対におススメです。ちなみにPEを巻く場合は08~1号がおススメです。

  • ロキサーニに合うロッド選び

シーバスは足場が高いポイントが多いので7~8フィートのベイトフィネス用のロッドがおススメです。ちょうどアブにはソルティーステージというロッドシリーズがあるのでそちらを使用すると統一感のある見栄えになります。ロキサーニ自体が廉価版のベイトフィネスリールなのでロッドはめちゃくちゃ高級なモノを使う必要はありません。そこそこの性能さえあればロキサーニで十分引き出せると思います。

ベイエリアでの釣果ですね。7フィート以上あれば十分できると思います。満潮付近だけ狙うなら6フィートぐらいでも全然できそうですね。ロッドはベイトフィネス用でないと満足に飛ばせないのでそこだけはしっかりチェックするようにしてください。

私はこちらを使用していますね。もう一段階上のレングスもあるので短いのが苦手な方はそちらを検討してみてください。

ロキサーニの釣果

小規模河口やらベイエリアでの釣果ですね。せこい釣りやってますね笑 ベイトフィネス自体が要はベイトタックルでセコ釣りという意味なんでいい感じだと思います。

特に小型のシンペンはうまく使うとかなり釣れるのでおススメです。逆にスレているポイントで無理くり大きいルアーを使っても全然釣れないですからこういった超小型ルアーで釣るのもアリですね。ベイトフィネスロッドだと小さいセイゴやフッコの引きでも増幅されるのでそこそこ楽しめるというのもメリットです。

こちらはフィンテールバイブ55での釣果ですね。50ぐらいのサイズです。このサイズは掛けると暴れてフックアウトする確率が非常に高いですがナイロン直結ならグイーンと伸びるので非常に取り込みやすくなります。

ワームでの釣果ですね。やはりワームとベイトタックルの相性は非常によくフォールなどでもバイトを取れるので実質飛距離も稼げるのでかなり心強いですね。特に夏場は夜光虫の影響やアングラーの多さからくるプレッシャーなどもカバーできるので活躍させることができますね~。

  • 購入する時の注意点!

ベイトフィネスはロッド操作も多用するので右利きなら左ハンドル左利きなら左ハンドルを使用するようにしてください。河口で使うようなベイトリールなら逆の方が断然良いですが、ベイトフィネスは使用感が大きく異なるので注意してください。

他にもロキサーニには巻き数が複数ありますがシーバスで使うなら80cm巻きが絶対おすすめなので選ぶ際は間違えないようにしてください。ローギアだとスローリトリーブの感覚が速くなるのでスピニングに持ち替えた時かなり違和感を生じてしまいます。(ほとんどのシーバススピニングリールは80cm巻き)

  • おススメ度☆×5

意外にも高評価ですね笑 まずは値段が安いことですね。ロキサーニがハマるような釣りができるベイエリアでは平均サイズがそこまで大きくないので無理に高いリールを使う必要がないというのが理由ですね。例えば河口でベイトがはまるビッグベイトの釣りや大型ルアーのドリフトはルアー自体も高価ですし、バイトしてくるシーバスもでかいのでリールやロッドの性能もこだわってお金をかける必要がありますが、ベイエリア自体そこまでお金を掛けて高性能のベイトフィネスを導入してもあまり意味がないというのがネガティブながら高評価の理由です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA