シーバス 潮通しのよいポイントの探し方や攻め方

 

今回は「潮通しのよいポイントの探し方や攻め方など」をお送りします。シーバスは潮目に沿って移動することが多いのでかなり有効なポイントになる場合もあります。今回は探し方や攻め方を紹介します。

潮通しの良いポイントの探し方

  • 潮通しがよいというのはどういうことか

潮通しがよいというのは流れがあるという事で、この流れに乗ってベイトが入りシーバスも入ってくるというのが基本的な考え方となります。逆に潮通しが悪いとシーバスの活性が低くなったりベイトの入りも悪いのでシーバスの引き(移動)も頻繁に起こります。なのでチャンスが多いポイントでありしっかり攻めたいですね。

おススメの時期は夏と秋です。理由はイワシなどの回遊性ベイトが回ってくる頻度が多いからです。水温も安定しているのでシーバスが浮きやすく釣りやすいです・

  • 潮通しが悪いとどうなるか

上記と全く逆の事が起こります。シーバスの活性が低くなる回りが悪いなどです。さらに夏場は夜光虫が沸きやすく難易度が上がります。しかしアミやバチなどの遊泳力がないベイトが多い時期は逆にチャンスとなります。潮通しが悪くても全然釣れるので全くスルーのではなく時期や探る時間を抑えるなどをすればよいというわけです。

あえて潮通しが悪いポイントで釣れる時期が冬から春になります。理由はアミとバチ、マイクロベイトが沸きやすいからです。他にも潮通しが悪いポイントは立地的に風が防がれるようなポイントが多いので水温が下がりにくいというのも良いポイントです。

潮通しの良いポイントの探し方

  • 目で探す

まずはしっかり流れのあるポイントを探しましょう。風での動きでもいいですし潮汐力でもいいですし動きがある場所です。目で見る場合はしっかり潮目が出ている場所がおススメです。潮目も太くて長いのモノが長時間できているような場所がいいでしょう。

流れがある時点で潮通しは確実にいいのでもちろん河口もそれらのポイントになります。潮回りで流れに強弱に変化がでるので注意してください。例えば大潮なら潮汐力が強いので流れが非常にあります。逆に若潮、長潮の場合は潮汐力が弱いので河口全体の流れも弱くなるので注意してください。

  • ルアーで探す

目で確認するのが難しい場合はルアーで探すのが有効です。使い慣れたルアーは巻き抵抗の変化が分かりやすいですのでそれらの変化で探していきます。特に河口付近は海の流れと川の流れの合流部にシーバスが溜まったりしやすく、それらをルアーの巻き抵抗で探って行くのも非常に有効です。

ベイエリアでもゆっくり巻いてきてルアーの回収する軌道が左右にずれている場合はその方向に流れが出ていますから潮通しが良いとなります。ルアーはシンペンのような巻き抵抗が小さいモノではなく、ミノーやバイブレーションなどのウォブリング系がおススメです。

  • 地形変化で探す

簡単に思い浮かぶのが湾内の棒状に突き出た堤防の先端などです。これらは流れが堤防に当たる形になりますので岸際にシーバスが着きやすく、ベイトも流れ着きやすい傾向があります。他にも湾頭なども潮が入ったり出たりする影響を受けやすいので潮通しが良いです。

水面上では変化していない鏡のような場合でも少しでも風が吹くと潮目が現れる場合もあります。こういった細かい変化を探しならルアーを打つといいですね。

基本的にこの3つが探し方となります。大潮中潮の順に流れる強さが変わっていきますので釣行する際は判断材料として覚えておくといいでしょう。日によってどこに動きが出るか分からない場合もありますが基本的にだいたい同じようなところに潮目ができたり、潮位差で潮通しが良くなったりと決まっている場合も多いです。さらに潮止まりは基本的に動かず、潮が動き出した辺りでぐっと動いて時合になる場合も多いです。

潮通しが良い場所の狙い方

  • 基本的にシーバスが居るか居ないかはっきりしているのでざっくり探る

こういった潮通しの良い場所はベイトを求めてシーバスが入ったり出たりと移動個所になる場合が多く居る時と居ない時の差が非常に激しいポイントです。なので深入りせずとりあえずルアーをぶっ飛ばして速く広く探るのがおススメです。特に表面上にベイトが浮いていない場合は期待薄となりますので粘らないのを心掛けるといいでしょう。さらに広い範囲を探る必要がありますから飛距離重視で豪快に行きましょう。なのでおススメルアーはバイブレーション+飛距離の出るシンキングorフローティングミノーが有利となります。

こちらは沖堤防での釣果ですね。沖堤防の先端はかなり潮通しがよく潮目もずっと出ているのでベイトはたくさんいます。シーバスの活性が高いと浮いていますが、低いと沈むのでしピンテールやバイブレーションなどで中層からボトム付近を探るようにしましょう。

バイブレーションやミノーで広くキャストして普通かちょい早目で巻いてきつつ、20mごとにジャークやトゥイッチで食わせを入れるのがおススメです。

ベイトのサイズやボリューム感が事前に分かる場合は合わせて行って分からないようであれば12cm~10cm程度のアピール系カラーで様子を見るのがいいかなと思います。それで探り終えたらバイブレーションでボトム直撃パターンを試して移動といった流れが効率良く探れます。

こちらはサーフでの釣果ですね、サーフだと離岸流は絶対に見逃さないようにしてください。離岸流があるとその付近は必ずベイトがいるので流れの帯を横切るようにルアーを通しましょう。

  • 時間帯によっては粘るのもよい

シーバスの回遊の法則として上げに乗って入ってきて下げによって沖に出ていくというのがあります。そこに付け加えると朝まずめと夕まずめに入ってくる場合もあります。なので潮通しがいい場所でベイトが居てでもシーバスが居ない・・・などの場合は朝まで粘るのも有効な戦略となります。

河口の朝まずめの釣果です。朝まずめの活性が高い状況になると急にボイルが発生する場合も多いです。

こういった場合は目的のポイント付近のストラクチャーや足元を朝付近まで探って時間をつぶして空が白んで来たらボイルするまで待つといったイメージです。ポイントはじっくりボイルが出るまで無駄打ちをしない事です。基本的に回遊性シーバスもルアーの見切りが速いですからルアーを見せずにボイルしだしてしっかり打つのがおススメです。

ベイトが居る+潮通しが良い+朝まずめ+潮が動いているなど好条件が複合すればするほどシーバスの活性が高くなるので狙い打つスナイパー感覚で行きましょう。

潮通しが良い場所はベイトがいないと釣れない

潮目のようなポイントはベイトがいないとかなり期待薄です。なのでベイトの気配が感じられない場合は即移動で良いでしょう。

春先から秋まではベイト自体も浮きやすいので跳ねていたりボイルしていたりと確認しやすいですが厄介なのが冬でベイト自体もかなりレンジが下がってしまいます。

  • 隠れるようなストラクチャーがない
  • 水深が浅い(数m程度)
  • 地形変化が乏しい
  • 常夜灯がない

これらの特徴があるベイエリアはシーバスが居着く場所が少ないのでベイトがいないとシーバスがいない場合が多いです。なので探る事自体が無駄になる場合も多いのでランガンする必要もあります。

シーバス潮通しQ&A

  • 潮通しが良い場所がない! どうすりゃいい?

特に運河などは簡単にいうとプールみたいなものなので潮通しがめちゃくちゃ悪いです。そのかわり人工物が多いのでそのシェードや常夜灯、壁際などを打つストラクチャー打ちに釣り方を変更しましょう。特に目立った人工物がない時は無難にテクトロがおススメです。

  • 潮目が遠すぎる、遠投して探るべき?

例えば潮目が60m程沖にあるような場合は捨ててもOKです。磯やサーフは目星がないので絶対に探るべきですが、ベイエリアや河口ならほとんど30m圏内で釣れるので無視してもOK。河口の流心は遠くても絶対探るべきなので混同しないように。

  • ベイトの姿が見えない、特に夜間! どうすりゃいい?

潮目とベイトがセットでいれば激熱なのですが、夜間だと慣れてないとベイトがいるかどうか分からない場合もあります。なので一旦キャストをやめてベイトの跳ねる音や水面の気配に集中していきましょう。

釣りをしながらだとかなり熟練しないと細かいベイトの気配を見逃してしまいます、なので一旦釣り自体をやめて探すのがおススメです。ちなみにベイトが沈むとどうしようもないのでボトムから中層をさぐるように。






Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

広く探る釣りになるので飛距離が重要となる、しかしベイトと潮の流れがないと期待薄なのでベイトが居ない場合はこまめに移動するのがポイントです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA