シーバスの活性が低い時の見分け方とポイントの見切り方

 

今回は「シーバスの活性が低い時の見分け方とポイント移動のコツ」をお送りします。シーバスは活性の高低でポイント移動したり粘ったりといった移動の効率を上げることができるので重要な項目になります。

シーバスの活性が下がる条件

シーバスにおけるローコンディションというのはまず、流れが弱い(潮が小潮や若潮長潮)、風がない、月明かりが出ている、水温が低い、澄潮などです。これらの条件が複合すればするほど活性は低くなります。逆の条件が複合すればするほど活性は上がります。なのでポイントに着いた際に上の項目があれば低いに対応しながらランガンというのがおススメです。

  • 流れなし(小潮若潮長潮)
  • 風がない
  • 明るい(月明かり)
  • 水温が極端に高い低い
  • 澄潮

これらの条件が複合する時が多いのが特徴で例えば小潮で無風晴れ(半月)などはよく見る気象条件です。年間通してみると釣りやすい条件3割、釣りにくい条件が7割程度になる事が多いので覚えておくと良いでしょう。

小潮~若潮にかけても潮の流れがなく活性が低くなる場合があります。上の条件+潮の流れが悪いと余計に活性が低くなってしまうので注意してください。

ベイトの有無からシーバスの活性を考える

自分が今いるフィールドのベイトを考えて活性の高低を考えるとよいでしょう。例えば全くベイトがいない場合シーバス自体もいない可能性があるので上の表で高低を考える必要はありません。

なのでまずはベイトのチェックから行って活性の高低を考えるといいでしょう。ベイト自体も沈んでいる場合がありますがそれを気にしすぎるとボトムから中層付近を探らないといけなくなりますから時間がかかり移動しづらくなる場合があります。

レンジ攻略はベイトがいてシーバスがいてという条件が揃ってから真価を発揮するので活性が低いと判断した場合は見切って移動するのも重要です。特に河口にイナッコがたくさんいるからシーバスの活性が高くなるというわけではありません。イナッコ自体は良く頻繁に捕食されるベイトですが、身が固く大規模な群れで行動しているのでシーバスも好んで捕食しているわけではありません。

シーバスの活性が高くなるのはイワシやコノシロやアユ、マイクロベイト入ってきた時に活性が上がりやすくなります。これらのベイトは捕食しやすいor栄養価が高いのでシーバスの活性を大きく上げる要素になります。

他にもマイクロベイトはシーバスの活性が高くなることが多いですがその分サイズやトレースコースがずれてしまうと食わないことも多く難易度が高くなってしまいます。

ベイエリアや小規模河口はマイクロベイトに着いたシーバスが年中いるのである程度釣り方を覚えていないとシーバスはボイルしているのに釣れなくてやむなく移動といったパターンに陥りやすいです。

シーバスの活性が低い時の見切り方

  • キャストする前に見切る

上述の項目に数個当てはまっている場合は大概活性が低いです。なのでキャスト前から移動するか否かを判断してもいいでしょう。ポイントの数が多ければ多いほど判断を速く持っていくのがポイントです。体感ですが魚影が少ないところでもさすがに10ポイント程度回れば何かしらの反応があります。なのでキャストする前から移動しても良いぐらいです。

  1. 天気が晴れ無風
  2. 水質がクリアー

特にこの2つが揃うと活性が低いことが多いので釣行前にスラローム系のシンペンや、ワームを多めにボックスに入れておくなどの工夫をしておくと良いでしょう。特に冬と梅雨以外の夏の時期に多くみられるので天気はしっかり確認しておく必要があります。

夏場の釣果です。夏はアングラーの数も多いのでプレッシャーを受けやすくすぐにスレて活性が低くなります。無風の時も多いのでむやみにウォブリングを使うと見切られます。

  • 三回のキャストで見切る

まずは水面直下、水面下50m程度、レンジ1m~2m程度のレンジを刻んで移動するといいでしょう。水深にもよりますがナイトである程度活性がある場合だとシーバスは浮いている事がほとんどなのでこれ以下を攻めるとなると特に時間がかかります。なので三回程度のキャストで回るのもありだと思います。もしそのフィールドのシーバスの活性が非常に高いと確実に反応があります。

  • 潮位差による時合を頭に入れておいて見切る

ポイントごとに釣れる潮位差が必ずあるのでそれらを頭に入れて移動するとよいでしょう。例えば満潮付近に食いが良いポイントがあって満潮から入る場合は当然それらをしっかりチェックして移動してといった感じです。そこから下げ出すと隣の河口に行って・・・という風に釣りをしながら移動する順序を整理しておくとより効率が良くなります。その日にボウズでも効率が良い釣りをすると必ず年間で見ると差が出ますのご留意ください。

  • 活性が高い魚は釣られてしまっているかもという疑問を持とう

例えばミノーの早巻きやバイブレーションの早巻きで取れるシーバスは活性が高くあまりスレていない個体が多いです。なので誰でも釣れます。という事はポイントに入るのが遅い場合や先に人がいた場合はそれらは釣られてしまっているという疑問を持って釣りをした方が良いでしょう。

実際釣られていなかった場合でもある程度ルアーを見せられているので少し賢くなっている場合があります。こういった場合はいきなり小さいシンペンやワームでゆっくり巻いたりしてやると非常に効果的です。特にベイエリアではこれらの戦法は非常に効果的で私の最近の釣果はその戦法で取っています。

  • そのポイントで一番釣れるルアーと釣り方で攻める

どのポイントも釣れるルアーと釣り方が大概あります。なので攻める際に一番強い釣りでやると確率的にヒットしやすくなります。例えば河口ではジョイクロなどのビッグベイトをメインで使うのですが、当然ビッグベイトで飛距離は出ません、しかしアピールやインパクトはでかいので短い距離で一気に攻めれます。となると届く橋脚などがポイントに適合した釣りとなります。

ドブ川での釣果ですね。ビッグベイトを使用する時はベイトタックルなので橋脚に擦れても絶対切れないようなラインやタックルパワーにもできます。フィールドの規模とタックル、ルアーのバランスが良いと8割ぐらいの釣り方で釣れるメソッドもあります。

  • ボトム攻略の強い選択肢を持っておく

大まかにレンジを分けると表層、中層、ボトムとなります。特にローコンで活性が低いと表層に上がって居なくて見かけは居なさそうな雰囲気になることが多いです。

なので探る際に今日はローコンで浮いていないなと思ったらボトム中心に探ってランガンするのも有効です。

冬場のボトムドリフトでの釣果ですね。特に冬場は河口でもボトムにへばりついていて目の前を通るベイトだけを襲うといったパターンを取りがちです。なのでボトムをスローに探れるシンペンのボトムドリフトは非常に有効なので必ず習得しましょう。

注意点がありベイエリアの水深でもシンペンやワームでボトムまで探れますがとにかく手返しが悪く早く巻くと浮き上がってくるので常にスローリトリーブさせないといけません。こうなるとシーバスがいるか分からないのに一つのポイントで時間がかかりすぎてしまいます。なのでバイブレーションやスピンテール(常夜灯付近なら有効)で速く探れるテクニックを持っておくと有利になります。

ベイエリアのポイント移動は効率重視

河口で浸かりつつウェーディングとなるとシーバスが入ってくるのを待ったり時合がくるのを待ったりといった粘り強さと自然読みが重要になりますが、ベイエリアやおかっぱりでは移動して釣れるシーバスを打ったり、コンディションを見切ってそれに対応した釣りを行うといった効率と速さが求められるようになります。なのでなるべく再現性が高い強い釣り方を持っていないといつまでたっても回遊シーバスしか釣れなくてといった釣れない原因にかかるので注意してください。

  • スレやすい常夜灯周りや岸壁際などは移動優先

常夜灯周りや岸壁際はシーバスが着くポイントですが、その分アングラーと接近戦になりやすいので非常にスレやすいです。ポイント到着時に活性が高い場合でも一匹釣ったらスレたり、ミスバイトして警戒されて食わなくなったりするので粘らないようにしましょう。

湾頭部分や潮の流れが強いエリアなら回遊してくることも多くそのまま粘ってもOKですがそれ以外のポイントではいないという判断、バラシなどのミスが起これば即移動しても良いぐらいです。河口での足場が良く整備された都市型河川や小規模河川なども移動中心の方がトータル的に釣れるので粘らないようにしましょう。

なのでシーバスが着きやすいポイントを数多く知っている方が釣れるので日ごろからシーバスがいるかどうかなどの情報収集や水面の観察で魚影を確認するというのがベイエリアでは重要です。仮にシーバスがいるのが分かっただけでも釣れる確率がかなり上がります。

まとめ

シーバスの活性が低い時の条件を照らし合わせながら移動するか粘るかを考える。速い釣りで釣れるシーバスは釣られている事が多いのでローコン時にプレッシャーがかかっている場合は遅い釣りや中層ボトム付近などの選択肢で探っておくとよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA