シーバスの活性が低い時の見極め方と対処法について

 

今回は「シーバスの活性が低い時の見分け方とポイント移動のコツ」をお送りします。シーバスは活性の高低でポイント移動したり粘ったりといった移動の効率を上げることができるので重要な項目になります。

動画解説バージョンはこちらから

※動画解説バージョンです。浅く作ってあるので概要を早くチェックしたい方におススメです。詳細な攻略については記事を参考にしてください。

定期的に発信するので、チャンネル登録お願いします。

シーバスの活性が下がる条件についておさらいしておこう

シーバスにおけるローコンディションというのはまず、流れが弱い(潮が小潮や若潮長潮)、風がない、月明かりが出ている、水温が低い、澄潮などです。

これらの条件が複合すればするほど活性は低くなります。逆の条件が複合すればするほど活性は上がります。

なのでポイントに着いた際に上の項目があれば低いに対応しながらランガンというのがおススメです。

これらの条件が複合する時が多いのが特徴で例えば小潮で無風晴れ(半月)などはよく見る気象条件です。

年間通してみると釣りやすい条件3割、釣りにくい条件が7割程度になる事が多いので覚えておくと良いでしょう。

小潮~若潮にかけても潮の流れがなく活性が低くなる場合があります。上の条件+潮の流れが悪いと余計に活性が低くなってしまうので注意してください。

シーバスの活性が低い時の見極め方

  • キャストする前に見極め!

上述の項目に数個当てはまっている場合は大概活性が低いです。

なのでキャスト前から活性の高低を判断してもいいでしょう。ランガンできるポイントの数が多ければ多いほど判断を速く持っていくのがポイントです。

体感ですが魚影が少ないところでもさすがに10ポイント程度回れば何かしらの反応があります。なのでキャストする前から移動しても良いぐらいです。

  1. 天気が晴れ無風
  2. 水質がクリアー

特にこの2つが揃うと活性が低いことが多いので釣行前にスラローム系のシンペンや、ワームを多めにボックスに入れておくなどの工夫をしておくと良いでしょう。

特に冬と梅雨以外の夏の時期に多くみられるので天気はしっかり確認しておく必要があります。

夏場の釣果です。夏はアングラーの数も多いのでプレッシャーを受けやすくすぐにスレて活性が低くなります。無風の時も多いのでむやみにウォブリングを使うと見切られます。

  • 水面直下、水面下、1m前後のレンジを探って見極め!

まずは水面直下水面下50m程度レンジ1m~2m程度のレンジを刻んで移動するといいでしょう。

水深にもよりますがナイトである程度活性がある場合だとシーバスは浮いている事がほとんどなのでこれ以下を攻めるとなると特に時間がかかります。

なので三回程度のキャストで回るのもありだと思います。もしそのフィールドのシーバスの活性が非常に高いと確実に反応があります。

低活性チェックリストを活用しよう

慣れていないとなかなか活性の高低を判断するのは難しいです。

なので、下記のチェックリストを使ってシーバスの活性を判断してみるのもよいです。

  • 低活性チェックリスト
  • 流れなし(小潮若潮長潮)
  • 風がない
  • 明るい(月明かり)
  • 水温が極端に高い低い
  • 澄潮
  • アングラーが多い

これらの項目が複合すれば確実に活性が低いので、以下を目安にランガンするかを判断してみましょう。

  • リストに5項目以上→即移動
  • リストに3個ほど該当→ワームやシンペンなどで粘ってみる
  • リストに1個ほど該当→普通に釣りをしてみる

こういった感じで判断すればスムーズかなと思いますね。ごくまれにですが、真冬だとすべて条件がそろいます(笑)こうなるとどうやっても釣れないので注意しましょう。

ベイトの有無からシーバスの活性を考えてみる

自分が今いるフィールドのベイトを考えて活性の高低を考えるとよいでしょう。例えば全くベイトがいない場合シーバス自体もいない可能性があるので上の表で高低を考える必要はありません。

なのでまずはベイトのチェックから行って活性の高低を考えるといいでしょう。ベイト自体も沈んでいる場合がありますがそれを気にしすぎるとボトムから中層付近を探らないといけなくなりますから時間がかかり移動しづらくなる場合があります。

レンジ攻略はベイトがいてシーバスがいてという条件が揃ってから真価を発揮するので活性が低いと判断した場合は見切って移動するのも重要です。

特に河口にイナッコがたくさんいるからシーバスの活性が高くなるというわけではありません。イナッコ自体は良く頻繁に捕食されるベイトですが、身が固く大規模な群れで行動しているのでシーバスも好んで捕食しているわけではありません。

シーバスの活性が高くなるのはイワシやコノシロやアユ、マイクロベイト入ってきた時に活性が上がりやすくなります。これらのベイトは捕食しやすいor栄養価が高いのでシーバスの活性を大きく上げる要素になります。

他にもマイクロベイトはシーバスの活性が高くなることが多いですがその分サイズやトレースコースがずれてしまうと食わないことも多く難易度が高くなってしまいます。

ベイエリアや小規模河口はマイクロベイトに着いたシーバスが年中いるのである程度釣り方を覚えていないとシーバスはボイルしているのに釣れなくてやむなく移動といったパターンに陥りやすいです。

こちらはdeeperで撮影した画像ですが、こうなるとシーバスの活性が低いという問題よりもシーバスそのものがいないのでどうやっても釣ることは不可能になります。

狭い範囲で見るとシーバスはおろか、ベイトそのものがいない状況もあるので注意しましょう。

活性が低い時の対処法

  • 手っ取り早い対処法はランガン!

理に活性が低いときにルアーを通しても余計にスレて反応しなくなるだけなので手っ取り早い対処法としてはランガンが挙げられます。

ランガンする際も活性が低いエリアを回るのではなく別河川に移動するなどの移動距離をとったランガンが有効です。

河川や河口なら同じエリアでも上流や下流に下ったりするだけでも効果があるので試してみましょう。

ベイエリアでは、一気に移動して湾頭から堤防に移動したりするのがポイント。中途半端に移動するとそのエリアも水温などの影響で活性が低い場合があります。

  • ワームやシンペンを多用してみる

ワームはシンペンはアクションがおとなしく、スローリトリーブや遅いドリフトにも対応できるので低活性のパターンでは多用してもOKです。

特に、水温変化での活性低下に強く冬場では非常に重宝します。

あとシンペンはドリフトと組み合わせれば活性の低い棚落ちシーバスも中層のドリフトやボトムドリフトなどで狙うこともできます。

シーバス低活性Q&A

  • 活性が低くてルアーを見切ってくるのか、スレてルアーを見切ってくるのか?

両方あると思いますね、例えば人気ポイントなどで何かしらシーバスの活性が低い条件が重なると当然シーバスはいてもすれていて活性が低くてルアーに反応しないというケースもあります。

何が原因で見切ってくるのかは不明ですが、活性の要素も大きいと思いますね。

  • 低活性に強いミノーはありますか?

基本的にシーバス向けのミノーはウォブンロールなので、ある程度のスピードまで落とせばアクションがかなりおとなしくなり、低活性のシーバスにも対応しやすくなります。

逆にハチマルやラパラなどの強ウォブリングでは低活性に対応するのが難しくなってくるので、ジャーキングのダートや早巻きでスイッチを入れるほうがいいでしょう。

まとめ

シーバスの活性が低い時の条件を照らし合わせながら移動するか粘るかを考える。速い釣りで釣れるシーバスは釣られている事が多いのでローコン時にプレッシャーがかかっている場合は遅い釣りや中層ボトム付近などの選択肢で探っておくとよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA