実釣 ジャッカルのダンクルでシーバスランカー炸裂ッ!

 


当日のコンディション

たぶん大潮ですね笑 最近はもう潮回りとかもどうでもいいんで全く見てないですね。好条件でまずは台風後で濁りアリ、風アリといかにも釣れそうな感じのコンディションでした。しかし、ベイトタックルで行ったので結構風が強くやややりづらい感じでした。おそらく向かい風で6mぐらいかな。

気になったのはやはりベイトがいない事ですね。仮に台風後でかなりシーバスのコンディションが良いとしてもベイトがいないと探しにどっかに行ってしまいますから釣るためにはベイトは必要です。まあでも全部が全部移動していくわけではないのでそういった居残り組をじっくり狙うのもアリですね。手っ取り早く釣りたいのならベイトがいないと思ったらすぐに別の河川に移動した方がいいです。

釣果

でかいですね~。とにかく重いです。パワーも尋常ではないので非常に面白い。しかし、こちらもベイトタックルでフルパワーなので全く問題ありません。釣り方としては至って普通のドリフトですね。クロスにキャストしてゆっくり巻くでどっかーんとバイト。ドリペン110はベイトタックルと相性が良いです。特に110は来たらでかいので今からの時期から4月ぐらいまではよく使います。

体型が非常にがっしりしていて如何にも強そうな個体です。もちろんめちゃくちゃ引きました。しかし、余裕で取り込みです。ルアーはジャッカルのダンクルですね。後述しますがなかなか使い勝手イイですね。

  • なかなかダンクル(スイムベイト)いいですね!

ダンクルはバス用のスイムベイトなのですがバス用という事もあり非常にシーバスベイトタックルとも相性がよいです。海水だとスローシンキングになりますし、5インチで30gほどありストレスなく飛んでいきます。さらにドリフトもできるし、バイブレーションのように速く巻いても使えます。さらにでかいスイムベイトが多いのででかいシーバスもバイトしてきやすいなども良かったです。

フックがスイベル付きのダブルフックなので掛かるとまず外れることはないと思いますし、釣れたのでよいというわけでなく純粋に使い勝手が良かったです。個人的に思うのがバス用のルアーの方が色々あっていいですね。どうもシーバスルアーはテンプレみたいなルアーばっかりで面白くないんですよね。

  • ごり押しベイトタックルは一番釣れるかも

上の二匹のシーバスは水深が50cmぐらいのシャローで下にテトラの残骸やゴミなど、さらに上流にいけばそく石畳の橋脚と根が尋常でないぐらいキツイポイントで釣りました。こういった所で上のような太くてでかいシーバスを掛けるとスピニングだと道糸に擦れて切れるので狙う人は非常に少ないです。そういった狙うのには躊躇するがシーバスが着くポイントをベイトタックルのパワーとフロロ直結で通すとスピニングとかなり差別化できるのですぐに釣れると思います。

現に上のランカーも橋脚に一直線で走りましたが無理やり止めてそのままごり巻きで手前まで寄せて取り込みましたからね。スピニングだとどうやっても取り込むのは無理だったと思います。(もしスピニングだったらそのポイントは絶対狙わないです)







Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

実釣 ジャッカルのダンクルでシーバスランカー炸裂ッ!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です