シーバス 大潮時の釣り方とルアーセレクトについて

 

今回は「シーバス 大潮時の釣り方とルアーセレクトについて」をお送りします。海は淡水と違い潮汐力の影響を受けます。フィールドごとに釣りやすい潮回りが必ずあります。この記事ではシーバスの潮の動きによる動向も紹介します。

シーバスと上げ潮下げ潮の関係について

基本的にシーバスは上げ潮の時に接岸し下げ潮の時に沖に移動するという性質を持っています。

上げ潮で食事場所に行き、下げ潮で食事をし沖に帰っていくというイメージです。これは河川や河口などで顕著に現れます。上げ潮の時は結構上流まで遡上し、海から200kmほど上流で釣れる場合もあるそうです。まず意識したいのは下げ潮で捕食モードに入った魚を狙っていくほうが釣ることが簡単という事です。

しかし、規模が広い河口だと上流まで上がる分細かいシーバスの位置の特定が難しくなるというデメリットもあります。こういった場合はベイトの動きや群れなどで判断するのがベストです。シーバスが河口を遡上するのはベイトを追い詰めるためだからです。

シーバスと潮回りの関係

潮には大潮、中潮、小潮、長潮、若潮があります。端的にいうと潮の満ち引きの強さです。大潮になれば潮位が高くなるし、さらによく引きます。ということは潮の動きが早いので結果的にベイトが流されやすいのでシーバスの活性が高い従ってよく釣れるというのが基本的な考え方です。

初心者の頃は大潮中潮あたりの下げを狙って釣行していけばよいでしょう。ここで更に色々解説していくと、小潮や長潮などは釣りにくいという記事や、ブログなどをよく見ます。これは簡単に説明すると潮の流れが緩いもしくは効かないのでシーバスは活性が低くなります。

シーバスの活性が低いと釣り方や場所の選定、ルアーの選択、レンジの選択、・・・その他もろもろがかなりシビアでパターンを正確につかまないと食ってくれないので難しいというわけです。

  • 前中潮、大潮、後中潮、小潮~におけるシーバスの動きや流れ

基本的に前中潮付近に沖から回遊してきて河口やベイエリアをうろつき大潮周りで頻繁に捕食活動をし、後中潮から徐々に沖のポイントへ移動していく流れになっています。その間で潮が満ちてくれば岸際に寄ったりしてフィーディングモードに入ったり、回遊したり、潮が引いて来れば沖に戻って休憩したりしています。

基本的にシーバスは回遊や移動が多いのでしっかり時合がくる時に良いポイントに入っている事が重要なポイントになります。ざっくり覚えておくといいのが大潮周りは活性が高い、前中潮は普通、後中潮はちょっと高め、小潮長潮若潮は低めと覚えておくといいでしょう。

大潮周りの基本的な攻め方

  • 大潮周りの釣り方

大潮周りはベイトを求めた回遊性シーバスを狙うのが鉄板になります。なのでルアーは飛距離が出た方が釣りやすくなります。フィールドによって大幅に違いますが最低50m程度飛べばどこでも通用すると思います。

朝夕まずめやデイゲームではバイブレーションの早巻きが有効です。真冬以外だとベイトとシーバスがセットでいるゾーンを探せば簡単に釣る事ができます。

  • バイブレーションの速巻き
  • ミノーのただ巻きかドリフト

などのウォブリングタイプを使ったやや速めの釣りを心掛けると良いですね。他にも意識したいのがなるべく表層付近を狙う事です。シーバスがベイトとセットでいて活性が高い場合は真冬を除き確実に浮いてくるのでそれらを狙うためにもロッドを立てて巻く事やウェイトを軽くするなどの調整は必ず行うようにしましょう。

夜間の河口での狙い方はリップレスミノーやフローティングミノーを使いドリフトさせて釣るというのが基本的な釣り方になります。この釣りは大潮周りのシーバスの活性が高い時に有効な釣り方でどこでも通用するベーシックな釣り方です。

  • 大潮時は目立つカラーを使用しよう

上述の通り、浮いた活性の高いシーバスを狙うのが大潮周りのでテッパンですのでベイトにルアーを紛れ込ませても分かるように視認性の非常に高いチャートやチャートホロ、レッドヘッドホロなどのド派手なカラーを使用するようにしましょう。

チャートホロのシンペンでの釣果ですね。シンペンは波動が弱くスラロームの動きですがそれらをカバーするためにチャートホロなどの派手なカラーを使用するのもアリですね。

大潮周りは活性の高いシーバスがいると最初の内にパパッと釣れることが多いです。多少釣るとスレて警戒してくるのでカラーを地味目のホログラムに変えてみると反応が持ち直したりするのでローテーションは欠かさず行いましょう。

  • 大潮~中潮時はボイル打ちも非常に有効

他にも大潮周りはボイル打ちも有効でボイル自体は発見するとシーバスとベイトがセットでいるのが確定しますから非常にチャンスです。特に静かなポイントだとザシュッ、ボンなどの水を爆発させたような音が聞こえることがあります。それらは大概シーバスのボイルなので絶対に見逃さないようにしたいですね。

ボイルをうまく見つけてそれらにあうルアーをうまく通せた場合一匹だけでなく数匹以上まとめて釣る事も十分可能です。移動するタイプのサバやコノシロがベイトの場合はボイルする位置が細かく変わるのでボイルを見つけたらすぐ打つぐらいでないと逃してしまうので注意してください。

大潮周りに意識したい行動やポイント

  • 場所取りが重要

大潮周りの満潮付近の潮止まりから場所を取っておくのが重要です。潮止まり中は食いが悪くシーバスがポイントに着ききっていない場合が多いのでしっかり待ちましょう。ここで我慢できずにルアーをぶち込むとすれたりして釣果に大幅に響きますので注意してください。おススメは橋脚付近の流れのヨレやシャローに隣接するカケアガリやなどです。始めたてはどこに行けばいいのかさっぱり分からんとなりますが大きめ川幅30m以上の中規模河口以上がおススメです。ある程度慣れてきた方はタイドグラフを見て釣行してみるのもいいでしょう。

  • フィールドごとの時合を掴むのが重要

シーバスは特に時合の影響を受けやすいです。食物連鎖の上の魚ですからフィールドにボラのようにうじゃうじゃ居るわけではありません。なのである程度時合を意識してルアーをキャストしないとすれたりセイゴを釣ってしまったりして場を荒したりします。こういった地味なテクニックは重要で難しいイメージがあるシーバスですが時合が来たりするとボイルしだして割と大型シーバスが簡単に釣れたりもします。

こちらはベイエリアでの釣果です。ベイエリアは足場の問題もあり満潮付近が釣りがしやすく、ベイトも岸際に寄ってくる事が多く時合が来ることが多いです。

フィールドによって時合が来るタイミングは違いますがだいたい満潮になる手前と干潮になる手前に来ることが多いので頭に入れておきましょう。細かい時合を知るにはデータが必須となります。

  • 潮止まり中はルアーを投げない方が絶対よい

潮止まりになるといきなりボイルがやんだり釣れなくなります。理由は潮の動きが少なくなるのでシーバスの活性とベイトの活性が下がります。なのでこのタイミングで無駄打ちすると急激にすれたり潮が動き出すタイミングの時合で釣れなくなります。なのでフックのチェックや休憩、リーダーのまき直しなどを行うとベストです。
釣れた事は何度もありますがボイルがずっと続いていたりランガンの途中で・・・といった流れが多いです。

潮止まりの目安はだいたい一時間程度なので待ち続けるのはきついですがその間に良くフィールドを見て潮が流れ出したらここにキャストしようなど考えておくとスムーズに釣りができます。
潮止まり中はさらに水面の観察をしてヨレがないかをチェックしたりベイトのサイズや位置を探しておくといいでしょう。特にざわついたベイトがいると激熱でその近くにシーバスがいる可能性が高いです。潮が動き出すとボイルしたりすることも多いのでじっくり待つ方がいいでしょう。

上のやり方を試したけど全く釣れないんだけど・・・

こういった基本的なシーバスを釣り方を試して釣れない場合もよくあります。基本的に上のようなやり方で釣れる高活性の浮いたシーバスは誰でも簡単に釣れます。例えば釣りをしたことない女の子でも子供でもです。なのでいれば釣れる=釣られてしまっている場合が非常に多いです。なのである程度スレ対策なども考慮しないと釣れません

秋は日単位で回ってくることが多いので簡単に釣れますがそれ以外の季節となると回ってこない場合も多くポイントに寄りますが一か月に一回程度しか・・・なんて場合も多いです。なので露骨に釣れない場合は釣られてしまっている事が多いでしょう。




Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

基本的に大潮の下げ潮がシーバスを釣るのに適した潮回りです。特に河口は時合や潮回りの影響を非常に受けやすいので潮が動き出すタイミングで適切な釣りを行う必要があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA