ima ハニートラップ95sのインプレや使い方

基本ステータス

95s 25g  大規模河口や磯  水深が深い場所がおススメ
95s カルトラ 20g  中規模河口やサーフ  水深が浅い場所がおススメ

 

  • 飛距離について

使いやすいサイズの95sと70sがラインナップにあります。現在は95sを中心に使用しています。重さがそこそこあるのでベイトタックルでも飛距離は50m程度飛ぶので十分河口でも使用できる設計になっています。95SはPE08のスピニングだと70m近く飛ぶので大規模河川やサーフ、磯などの大場所でも十分使用できます。なので飛距離不足で困る事はほとんどないと思われます。

  • 沈降速度について

だいたい0,8m/sぐらいのやや遅めのスピードでフラッシングして沈降しています。カルトラは0,5m/s程度のかなりゆっくりしたスピードです。なので水深や活性の高低によって使い分けが重要になります。95sは水深1m以上でカルトラは水深50cmを切るようなシャローといった感じです。

95sも通常のヘビー級のシンペンに比べるとかなり沈降自体は遅い方なので十分シャローでも使用することができると思います。

  • アクションについて

ふり幅が大きめのスラロームです。カルトラの方が姿勢が水平に近いのでやや見切られづらくなるかもしれません。アピール力はシンペンの中でも結構高い方なので流れが強い時や濁り荒れた気候にも強いですね。

参考動画

トゥイッチに追従性がいいのも特徴で小さく鋭くトゥイッチを入れるとギラッと平打ちします。なのでピンポイントで攻める時や、ただ巻きで食わない時のワンポイントなどに使用すると良いと思います。

  • 95s、95sカルトラは河口専用

サイズが大きいのでベイエリアではほぼ見切られると思います、なので比較的規模が大きい河口専用です。サーフや磯でも使えるので専用というか大場所専用といった感じです。中規模河口でもスレが入りすぎると大きさで見切られるのでレンジ調整やアクションで多少ごまかす必要もあります。

70の方はサイズ感が小さいのでベイエリアや河口のマイクロベイトパターンでも使用できるサイズですね。基本的に通年95の方を使うようにすれば平均サイズも上がると思いますので特殊なパターンを除けば95だけあれば十分といった感じですね。

ハニートラップの使い方

  • アップクロスにキャストしてドリフトが基本

どのシンペンも言えることですがアップクロスにキャストしてゆっくりリトリーブしてドリフトさせるのが一番釣れる使い方です。しかし、カルトラと95sで沈降スピードに違いがあるのでリトリーブ中底を叩くようであればカルトラにチェンジする工夫が必要になります。

リトリーブスピードの目安はややアクションが出るぐらいにしておくのがコツですね。ワイドスラロームなので暴れさせると見切られやすくなるのでスピードが速くなっていないか確認しながら巻くのがポイントです。

  • ピンポイントではアクションを入れるのが面白い

特にトゥイッチでいい動きをするルアーなので、流れのヨレに突入する時や出るなどに軽くアクションを入れて自分から攻めても良いでしょう。さらに着水後も音に釣られてシーバスが寄ってくるのでトゥイッチを入れていきなり食わせるという事もできます。ただ巻き+トゥイッチのパターンで攻めて他のシンペンと差をつける感じで使うと良いでしょう。

  • 水深と流量に応じてボトムドリフトも良い

比較的沈むのが遅いのでボトムドリフトさせるのも良いでしょう。水深1m前後である程度流量があれば根がかりさせずにボトムドリフトさせるのが容易にできますからボトムを漂わせるように流すのも効きます。これはタナ落ちしやすい大型シーバスやチヌに有効ですので必ず試すと良いでしょう。

基本的にはただ巻き+α程度にしておくのが吉です。中途半端に積極的に動かすと見切られたりするのでまずはウェイト調整しつつゆっくりスロー巻きが基本になります。

  • 推奨ベイト

寸胴のシンペンはイナッコパターンに非常に強いので10~15cm程度のイナッコが多い河口や季節に使用すると良いでしょう。あとカニなどのボトム系の甲殻類にもあうと思います。ボトムに張り付ているシーバスは大きめのカニを食っている事が多くボトム付近をハニトラで流してガツンみたいなこともできます。

バチなどの細長いベイトは合わせにくいのでサヨリやバチが沸いている時は細身のシンペンに切り替えないと見切られるので注意です。

おススメ度☆×4

使い方も至ってシンプルで飛距離も出ますし、実釣力もありますがやや剛性がないのでもろにストラクチャーにあてると破損します。なので☆×4です。あと2000円もするので高いのもやや微妙ですね。

サイズが95mmとやや大きいのでベイエリアでは少々使いにくいサイズです、なのでダウンサイジング版の70mmや70カルトラを使用すればちょうどいいと思います。

全体的に浅く流量がない河口で使用する際は95カルトラ中心にして根がかり回避するようにしましょう。十分実釣力があるのでシンペンのサーチベイトとしても使えます。ハニトラで出ないようであれば・・・みたいな感じですね。

ハニトラでの釣果

80cmに近いサイズです。非常にパワーがありファイトを存分に楽しむことができました。

朝まずめの河口での釣果ですね。濁りとあると明るくなってもレッドヘッドやチャートでも食う時があるのでローテーションしてみましょう。

深夜の河口での釣果ですね、ごくごく普通のドリフトで釣りました。基本的に流して釣るルアーなので基礎的なドリフトと相性は良いですね。少しだけ板オモリを貼ってチューニングしています。

※釣果は随時アップしていきます。





Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です