【最新版】ミドルアッパーのインプレや使い方

基本ステータス

2,5in
3,5in
4,2in

特に注意なのはベイエリアで蛍光系のチャートやホワイトを使うと見切られまくるので気をつけましょう。

こだわりがないならイワシ系のカラーグリーン系があれば十分イケると思います。シーバス向けのダイワのワームですね。

カラーバリエーションが豊富でチャート系からイワシ系+銀粉やヒラメを意識したピンク系銀粉などもあります。スレ対策で用いるならグリーン系やクリアー系のブルーなどが良いですね。

材質はややソフトな感じです。指でつまむとグニッとへこむぐらいの柔らかさですね。なので基本数匹釣ってしまうと壊れるので注意してください。

飛距離は5gのジグヘッドでPE1号8フィート台のロッドで30m以上は飛ばせます。

割と飛距離は出る方だと思いますがワーム自体飛ばしてどうこうするルアーではないので20m飛べば十分釣る事ができます。

  • ミドルアッパーがハマるシチュエーション

基本的にスレ対策で使うと思うのでミノーやバイブレーションに反応しにくい状況が一つの目安になりますね。ミノーに反応しない時は活性が低い、ベタ凪、スレているなどが該当する時です。

  • 近距離戦のベイエリア
  • 運河
  • 小規模河口

などが主なシチュエーションですね。やはりワームはシーバスの位置が分かっていないと使い物にならないのである程度絞り込んで使うようにしないといけません。時期は一応通年OKですが特にハマりやすいのはマイクロベイトが多い春先や、夜光虫が湧く夏場などが良いでしょう。

冬は基本ベイエリアより河口の方がいいので無理に使用しなくてもいいですが、幸いワーム全般が冬場に強いので十分釣れると思います。

  • ミドルアッパーに合うジグヘッドや重量

基本的に錘状のジグヘッドなら十分使用できます。ミドルアッパーはややボリュームがあるシルエットなのでジグヘッドの重要は5g~7gがおススメですね。

それ以上軽くなるとジグヘッドに対してミドルアッパーが浮くので使用しにくいかなと思います。さらにそれ以上重くするとレンジが下がりすぎて使いにくいと思いますね。

基本は5gで表層~1m付近を探るようにしてレンジが低い場合や、やや風がある時は7gで安定させるなども有効ですね。私は静ヘッドの5gを中心に使用しています。

  • ミドルアッパーに合うタックル

8フィート台でミディアムレギュラー、PE1号あたりならジグヘッド5g+ミドルアッパーでも30~40m近く飛ばせることができますが、ベイエリアや都市型河川、運河などでスレ対策を意識して使いたいのならもう少しライト寄りのタックルセッティングにした方が乗る率が上がります。

ロッドもライトでソリッドティップならなおよしといった感じですね。

ちなみにシーバスのライトスピニングでも十分すぎるほど性能は引き出せると思いますがおすすめなのはベイトフィネスタックルですね。

そこそこ飛んで完璧なキャスト、フォールでの食わせなどミドルアッパーに限らずワーム全般と非常に相性が良いですね。

私は最近はベイエリアはベイトフィネスばかり使ってますね。

もちろんスピニングでも十分使用できますし釣れますがよりテクニカル操作がしたい場合はベイトフィネスがおすすめですね。ちなみに固いロッドだとバイトを弾きまくるので注意してください。

ミドルアッパーに限らずワームを使用する際はリーダーをやや細めのフロロかナイロンにしておくとかなり見切られづらくなりますのでどうしても釣れない方はフロロ3号スナップなしジグヘッド直結で使用してみてください。

 

  • 基本はただ巻き、食わない場合はただ巻き+α

基本はシンペンやワームのようにただ巻きのみでゆっくりアピールするのがポイントで、スローからデッドスローあたりのスピードを狙って丁寧に巻きましょう。細かいコツは以下のリンクを参考にしてください。

シーバスを寄せる力はほとんどないのでシーバスがいそうなポイントやいるのが確定した場面で使うのがポイントです。闇雲に使っても釣れないので注意してください。

ピンスポットではショートトゥイッチを数回入れて食わせは入れておきたいですね。

ロッドを上向きに数回シャクって上方向にダートを入れるのもいいですね。

連続で入れても食わないので流れのヨレやベイトの群れ付近でアクションを入れてといった感じで多少工夫するようすると良いでしょう。

ミドルアッパーの釣果

春のマイクロベイトパターンでの釣果ですね。ミドルアッパーはそこそこでかいのでサイズをマイクロベイトに合わせるのではなくアクション方面で食うマッチザベイトを狙っていった方がいいですね。

うまくパターンにハマるとこういった感じで掛かるのでほぼばれないですね。逆に突っついてくる時はレンジがあってないか動きがあってないかなので少しづつアクションやジグヘッドの重量を調整したいですね。

スレ出すと面倒な50cm台でもある程度工夫すれば普通に釣れますね、ただし最近はただ巻きでは結構見切られるので普通に使っただけだとあまり釣れない時もあります。

河口のウェーディングでの釣果ですね。ジグヘッドを5gにすれば普通にドリフトさせれるのでウェーディングでもガンガン使っていこうと思います。

こちらも同様に河口でのドリフトですね。もうワンサイズ大きいのがあるようなのでそちらにチェンジして型を意識してもいいかもしれませんね。

こちらも河口での釣果ですね。バイブレーションを突いてきたのでミドルアッパーにチェンジすると一撃でバイト。単発でいるシーバスにワームは効果抜群です。

ベイエリアでの釣果ですね。デッドスローで壁打ちしているとガツンとバイト。5gの静ヘッドがなんだかんだ釣れますね。7gは河口専用でもいいかも。

おススメ度☆×4

無難に釣れますね、多少工夫が要りますがそれもスレきったら食わせを入れるぐらいでいいんで、ある程度魚影の濃い地域だったら使いどころさえ間違えない限りはそこそこのシーバスを引っ張ってくれるんではないでしょうか。

カラーはやや地味目を選んでおくと間違いないです。河口だと流れがあるのでやや派手でもOKです。

まとめ

けっこう使いやすいワームです。基本に沿ってゆっくり巻いていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA