実釣 朝まずめにウェーディングでシーバスを狙う!

当日のコンディション

今回は二回分+おまけで、最初が忘れました笑 荒れている時だったと思います。二回目が中潮だったと・・・

三回目は大潮で朝のタイミングだけ狙うというスタイルですね。最近はバイブレーションの新しいパターンを探すために朝だけ30分行ったりしています。結果は悪くないですが、ばらしたりいるタイミングに行けなかったりといった感じですね。

釣果

風速が9mほどありました。それでもベイエリアなら十分釣りができるので狙う感じですね。

シーバス 冬の強風対策やルアー選びのコツ

強風時はシーバスの見切りが甘くなり釣りやすくなる分、操作や糸ふけの処理が難しくなります。ある程度風に負けない操作性の高いルアーを選ぶとスレていてもバイブレーションやでかいシンペンでも十分釣る事が可能です。しかし、もし落水すれば確実に死ぬので安全には気を配りましょう。無理をしない事が重要です。

おまけのチニングでの釣果ですね。今年は以前よりもかなり好調で40Upは30匹以上は確実に釣ってますね。釣り方は至って簡単でイナッコに着いたチヌをシンペンのボトムドリフトで狙うだけです。

シーバス シンキングペンシル ボトムドリフトのやり方

こちらは朝まずめの釣果ですね。条件的に・・・

  • 雨後で濁りアリ
  • 大潮
  • やや風あり

という釣れる条件だったので難しくはなかったです。しかし、夜中に散々狙われているのでボイルがボンボン出ているというわけではなく、局所でイナッコが追われていたのを狙ったという感じです。しかし、朝パワーもあるのでいつものドブ川に比べるとかなりイージーでした。

シーバス イナッコパターン攻略

明るいタイミングでもレンジを下げたり、うまくドリフトさせれるとシンペンの遅いドリフトでも釣れるのでおススメです。逆に活性が高いと思ってバイブレーションやミノーで攻めすぎると一気に反応が悪くなったり、攻められた後だとそもそも反応しなかったりもするので注意が必要です。こう見るとほぼシンペンでしか釣ってないのでやはりシンペンはいいですね~。

シンキングペンシルまとめ記事

今年はパンチラインとドリペンが好調ですね。トライデントはチヌに対して効果が出ています。昨年とほぼ一緒なのでまあパターン通りに釣れていますね。ややサイズが小さいのが気になりますがまあバラシもあるので大丈夫でしょう。

シーバス 3月4月5月のパターン

Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

管理人田中のシーバススピニングタックル 

一軍シンペン軍団、ミニエント

Follow me!

実釣 朝まずめにウェーディングでシーバスを狙う!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA