【最新版】シマノのシンキングペンシル使い分け術


シマノのシンキングペンシルは3種類ある

現在だとシマノのエクスセンスシリーズでのシンペンは3種類あります。

スライドアサシン、トライデント、スタッガリングスイマーの3つです。

これらをうまく使えば十分釣果をあげる事ができるので使い分け方を紹介します。

  • 3つの飛距離の比較

トライデントスタッガリングスイマースライドアサシン

  •  アピール力の比較

スライドアサシントライデントスタッガリングスイマー

 基本的に3種類どのシンキングペンシルも非常に飛距離が出るのが特徴的です。手前のシーバスポイントより沖の流心などを攻めるのに適したルアーが揃っています。したがって、小規模な河口よりも中規模以上 大規模河口 を攻めるのに適しています。

 河口以外だとサーフや磯などにも適性があります。 しかしスタッガリングスイマーはアピール力があまりないので広すぎるポイントでは効果を発揮しきれないので注意。

 バチ抜けではスタッガリングスイマーとトライデントが活躍します。この二つのシンキングペンシルはかなりボディが細いのでバチ抜けや サヨリパターンで効果を発揮できます。さらにこの二つはアピール力がそこまで高くないのでスレ気味のポイントでも十分釣果が期待できるでしょう。

イナッコパターンではスライドアサシンが活躍できます。 ボディーが太くワイドスラロームなのでアピール力が高くミノーの代わりのパイロットルアーとして使用することができます。

  •  季節ごとの使い分け

 春冬スタッガリングスイマー トライデント

 夏秋スライドアサシン

 主にこの使い分けで十分活躍させることができるでしょう。しかし、シンキングペンシルは どの季節でもすることが十分可能なので毎回三つローテーションするのが一番釣りやすいと思います。

コルトスナイパーシリーズもあるぞ

 コルトスナイパーシリーズは 磯や青物などの ハードな フィールドでの使用を目的としたシリーズですがロックスライドはシーバス狙いでも十分使えるスペックなので使用してみるのも面白い選択肢だと思います。

120mmと140mmがあるので上の3対よりもサイズの面で差別化できます。もちろんサイズがでかい=バイトしてくるシーバスの平均サイズも上がるのでランカー狙いやベイトタックルなどでも十分使えるでしょう。

スライドアサシン、トライデント、スターリングスイマーはサイレントアサシンシリーズと組み合わせてうまく使っていこう

サイレントアサシンはアピール力が高いミノーなのでかなり速いスピードで表層をチェックすることができます。

なので、3種類のシンペンと組み合わせると

サイレントアサシンで表層を早くチェック→ベイトの位置や流れの強弱などをしっかり探っておく→その後状況に応じて3種類のシンペンをうまく使い分ける

という使い方が有効です

例えばアサシンで表層を早くチェックした時にシーバスのショートバイトなどがあれば 活性自体はそこまで低くないので、 スライドアサシンに変更してその付近をしっかりドリフトさせる。

何の反応もなくシーバスの活性が非常に低い場合は、飛距離の出るトライデントでもう一度表層をドリフトさせるなどです。

さらに、ベイトがイナッコなどではなくさよりやバチ抜けであれば スタッガリングスイマーを投入してみるなどです。ここまでできれば年間で釣果が期待できると思います。

 3つのシンペンと釣果例

大きめのサイズも普通にバイトいてきます。もちろん小型も多く釣っているので詳しくは以下のリンクを参考にしてください。

田中フォローページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA