シーバス 朝まずめに狙ってシーバスを釣るコツ

 

今回は「シーバス 朝夕まずめに狙ってシーバスを釣るコツ」をお送りします。シーバスは特に朝まずめに大きく活性が上がるので非常に釣りやすいシチュエーションです。今回は朝まずめにシーバスを狙って釣るコツを紹介します。

朝まずめのシーバスの活性が上がるタイミングはいつ?

  • 薄暗い時に活性が上がる場合が多い

日が上がっていく段階は暗い→薄暗い→明るいという3つのタイミングがあります。この段階で薄暗いタイミングが非常に釣りやすいと思います。薄明るいとまだシーバスの視界も封じられているのでやや遅い釣りでもハマる事が多く釣るための選択肢が多いです。

徐々に明るくなってくるとそれに応じてベイトも活性が上がるのでボイルが起こったり、ナブラがたったりするのでそれらを狙い打つのが釣るためのコツです。

  • 完全に日が上がってしまうとどうなるのか?

シーバスの活性やベイトの状況によりますが、完全に日が上がってしまうとシーバス自体の動きは日を嫌って沈む場合もありますし、ルアーが良く見えるようになってしまうので警戒心が非常に高くなり、釣りにくくなってしまう場合が多いです。さらに朝まずめの活性が高い時に釣り切れなかった、仕留めることができなかった場合はスレてしまって反応が全くない場合もあります。

しかし、雨が降っている時や風が吹いている、濁りが入っている、好みのベイトが入っている時は釣りにくくなるわけではなく通常のデーゲームにのっとった釣りをすれば釣る事は非常に簡単です。

  • ベイトがいないとカスリもしないので注意

朝まずめは非常に活性が上がり簡単にシーバスを釣る事ができますが、ベイトがいないとカスリもしないので注意してください。仮にシーバスがいたとしても活性を上げて狙う餌がいないと沈んでいるだけだったりまずめに合わせて沖に回遊してしまう場合もあり、ポイントに着いた時のベイトの有無はかなり念入りにやっておく必要があります。

特に朝まずめとセットで回遊してくることがあるイワシや、コノシロ系の完全回遊性の小型ベイトを意識した釣りではベイトがいないと完全に釣れないことが多いので注意しましょう。なので居着くポイントが多い入り組んだベイエリアやイナッコがいることが多い河口に絞った方がかなり確率が高くなります。

朝まずめに効率の良い釣り方

  • リアクション系が絶対におススメ

真冬以外はリアクション系の方が絶対的に釣れるのでバイブレーション早巻き、ミノーのジャーキング、ミノーの早巻きなどの各種リアクション系の釣りを展開しましょう。

朝まずめは活性が非常に上がる時間帯は短いことが多く10分~30分程度しかないので手返しが悪いシンペンただ巻き、ワームただ巻きなどでは釣れるシーバスの数が大幅に減ってしまいます。なので広く速く探れるリアクション系の釣りがおススメです。

まだ暗いうちでの釣果ですね。小型のシーバスは朝まずめにかなり活性が高くなる場合があり小型バイブレーションで入れ食いになる時もあります。

バイブレーションはフィールドに応じてウェイトを調整してください。一番最悪なのがウェイトを重くしすぎて肝心のまずめ時に根がかりしてしまい場荒れしたりしてしまう事です。特にベイトとセットで活性が高い場合は絶対に表層を意識しているのでバイブレーションはウェイトを軽くするのがポイントです。

無難に釣りたい場合はサイズが50~70mmでウェイトが14g以下のバイブレーションを使うようにしましょう。ロッドは立ててある程度速くリトリーブするのがポイントです。

逆に真冬はシーバスの活性が上がっても動きが鈍くベイトの動きも鈍いので速すぎるバイブレーションや、ミノーのジャークではバイトしてこない場合もあるのでベイエリアではワーム系、河口ではシンペン、リップレスミノーのドリフトで狙うのが良いでしょう。

二月の後半の釣果です。この時期だとまだまだ動きが鈍くシンペンでないと釣れない場合が多いので注意しましょう。

  • 朝まずめにおススメのルアー

基本リアクション系しかしないのである程度飛距離が出て、フラッシングするホロ系、ウォブリング系のルアーなら極端にサイズが大きい、小さいを除けば活躍させることができます。しかし、水質がクリアーなのにチャート系のド派手なカラーを使うと警戒される場合もあるので注意してください。

スピンテール系も非常に効果的ですが、アピール力が尋常でないので使うタイミングが速すぎたりすると激烈にスレるので注意が必要です。無難に釣りたいのであればバイブレーションの7cm程度で14g程度の軽めのモノを使用するとストレスフリーに楽しめます。

  • 焦らずにボイルするまで待ちベイトの特定を済ませておく

暗いうちは別段釣れるわけではないのでそのうちにベイトがいる位置と種類を特定しておくとかなりマッチザベイトしやすくなります。特にマイクロベイトとコノシロやサバなどの特大のベイトには注意が必要で中途半端な大きのバイブレーションでは食わなかったりします。マイクロベイトなら小型バイブレーション、特大ベイトならビッグミノーやビッグベイトで攻めるのも十分釣れます。

日ごとにボイルする位置が似通っている場合も多いので位置をしっかり取っておけば薄暗くなるまでルアーを全く投げなくても釣ることは十分可能です。

朝まずめにやらない方が良いこと

朝まずめは簡単にシーバスを釣る事ができるので工夫しなくても釣れます。なので釣るために工夫するのではなくミスをしない工夫が必要です、ここからはなるべく朝まずめにやらない方がいい事を紹介します。

  • ルアーを無駄打ちする

暗いタイミングでルアーを打ちすぎるとシーバスはすぐにスレて朝まずめにボイルしなくなってしまったり、警戒心が一気に上がってボイルしても食わないばいるになってしまう事があります。特に大型のシーバスはかなり警戒心が高いので何も考えずにルアーを明るくなるまで打ちまくっていると全く反応しなくなります。

特に朝に使うバイブレーションやミノーはアピール度が高く活性が高くない時に無駄打ちすると確実に数キャストで場荒れします。なのでウォブリング系は絶対に釣れる確信がない限りは薄明るくなるまで封印しておきましょう。

  • 連続で釣れるのでリリースでグダグダにならないようにしよう

朝まずめで釣れる時は短い間隔で連続で釣れるので一匹釣れた時に手早くリリースして次のシーバスに繋げないとチャンスタイムはどんどん過ぎて行ってしまいます。ある程度マッチザベイトさせたルアーとトレースコースなら連続ヒットも珍しくありません。

セイゴなどは連続で何度もバイトしてきます。なので時間を取られすぎないようにしましょう。

  • 根がかり、ミスキャストは極力しないようにしよう

上でも書きましたが、朝まずめに根がかりしてラインを切ってリーダーを結んでいるうちにボイルが止んだりするのは絶対に避けたいので無理にカウントダウンして丁寧に攻めるよりもロッドを立てて雑に巻いた方が普通に釣れてしまいます。なので根がキツイポイントやシャローを攻める際は根がかりだけは避けるようにしましょう。

他にもミスキャストしてボイルにルアーを直撃させてしまい完全に沈黙させてしまう場合もあります。かなり簡単に釣れるので焦らないようにしましょう。

朝まずめの釣果

群れでシーバスとベイトがセットでいると連続で同じようなサイズがバイトしてくることが多いです。一匹だけしか釣れない場合は手返しが悪いかトレースコースが悪い場合もあるので注意してください。

シーバスの群れが入ってくると同じルアーに連続でバイトしてくるのでフックが甘くなってきて連続でバラす可能性もあります。あまりにバラしてしまう場合はフックの交換をする必要があります。

140mmのアサシンでの釣果ですね。60以上のサイズは大きいイナッコやボラなどを捕食する場合もあるのででかいミノーはせめて一本はボックスに入れておきたいです。

春から夏にかけてはチヌのバイトも多くあります。サイズによりますがシーバスよりも引く場合があり非常に楽しむことができます。

こちらはやや暗い時の釣果ですね。日ごとに活性が上がる時間が結構バラバラなので時間がある時はなるべく広いタイムゾーンで狙いたいですね。シーバスの型のまとまりでも活性の高低があります。

こちらは明るいタイミングでの釣果ですね。特にヒットルアーが偏るので根がかりで失ってしまわないように注意です。

こちらはサーフでの釣果ですね、朝マズメで離岸流があり普通にボイルしていました。こうなるとVJのようなウォブリング系のルアーがハマります。

  • 朝まずめ戦法に頼りすぎないように!

朝まずめだけシーバスを狙うようにしていると活性が高い時の釣り方しかできなくなってしまいます。ある程度上達したいのならベタ凪やプレッシャーが高い真夜中で釣る練習を積む必要があります。朝だけ釣れて深夜に釣れないようであれば釣り方がスレに対応できていないので注意が必要です。しかし、シーバスを多くとって経験をつむ必要があるビギナーアングラーには非常におススメの釣り方です。




Twitterフォロワー募集中です!


不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

朝まずめはかなり簡単に釣る事ができるので数を狙って釣りを展開すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です