シーバス ビッグベイトの基礎知識や種類について


今回は「シーバスで使えるビッグベイトの種類や基礎知識について」をお送りします。ビッグベイトはシーバスの中ではマイナーなカテゴリーですがランカーキラーとして人気があり興味がある方も多いです。今回は種類や基礎知識をお送りしますので参考にしてください。

ビッグベイトとは・・・? 基礎知識など

ビッグベイトはサイズが14cm以上で、ウェイトが50g以上の連結タイプのルアーのことで、シーバスではマイナーでやや敷居が高いですが使用されています。基本的に連結タイプが多く、ボディが太い、リップがないタイプが多いなどの特徴があります。

さらにビッグベイトを超えるサイズのジャイアントベイトなどもありサイズが30cm程度、ウェイトが1000gとギャグの領域のカテゴリーもあります。(そのサイズでも釣れるようです)

知っておきたいビッグベイトの特徴

  • あまり飛ばない

連結していてボディが太く、重心移動のシステムが入らないので基本飛びません。追い風で30m、向かい風だと20m飛べばいい方でシーバスで使う上で一番ネックとなります。

しかし、流れがあるのならラインを放出して流せるので実質∞と捉えてもらってもOKです。

  • 全体的に高価

ビッグベイトはルアー自体が高価で基本一本3000~5000円で流通しています。

中古品も多いですが割れやアクション不良品も多いのでおススメではありません。後述しますが専用タックルもいるので全体的に高価です。

  • ベイトタックルの専用タックルが必要

最近はスピニングでも使用できるタイプのやや小型なビッグベイトも発売されていますが、サイズを小さくした分アピール力や存在感が薄れてしまい中途半端な感じになっているタイプが多いです。

なので本気で使用する場合はそこそこ高価な専用のベイトタックルが必要になってしまいます。

ここまではどのサイトにも書かれている普通の基礎知識です。以下からは使用者にしか分からない感覚などを紹介します

  • 謎のバイトや集魚力などがある

これは使ってみないと分からない現象でとにかく不思議な位置からバイトが出たり、シーバスがいないと思っていてもビッグベイトの圧倒的アピール力から湧いてきたりと普通のシーバスルアーにはないシーバスの挙動を拝むことができます。

謎のバイト例・・・その日はベタ凪でいかにも釣れなさそうな感じでしたが新しいビッグベイトを試すために先にベイエリアでアクションの確認確認、使用感などを見るために試し打ちしていました。普通に巻いたりして色々していてジャークでの動きを見てみようと思い巻きから急にジャークを入れるといきなり下から80アップが飛び出してきてファイト、しかしあまりにあり得ないと思っていたポイントなので焦ってバラしてしまいました。

他にも水面においていたのになぜかバイト、絶対シーバスがいないような水深でバイトなどよく分からない謎のバイトや集魚力があります。

リトリーブするとあり得ないぐらい釣れない

これも使用していて思ったのですが、集魚力があるので明るい橋脚やベイエリアの常夜灯周りでキャストするといれば大挙してビッグベイトの後ろをチェイスするシーバスを見ることができます。

しかし、何度試してもチェイスのみで終わってしまいよほど条件的に良くないと釣れないですね。傍から見るとシーバスがこんなにいると舞い上がってしまいそうですが居ても食わないのなら意味がありません。

しかし、流すようにしたりほっておくと話は別で見切れずに普通にバイトしてきます。これは単に流れに乗せると人為的な動きが出ないので普通にサカナと誤認してバイトしてくるだけの話です。動かすとアピール力や水の押しに興味を持って寄ってくるだけという事が分かりました。(もちろん普通に巻いて食う場合もあります)

しかし、ただ巻くだけでは飛距離やバリエーションという観点から見ると通常のシーバスルアーを使用した方が圧倒的に効率がいいのでうまく差別化させることが重要です。

  • 最初の方は肩が痛くなったり、体力的にきつい

私は、身長も低く体重も軽いので腕っぷしや体力に自信がありません。ビッグベイトを使うと最初は次の日に異常に肩が凝ったり、釣りの途中できつすぎて帰ったりと使っていてしんどいという印象をすごい受けました

これは慣れの問題があり使用した時の重さや純粋に筋トレをすると大きく改善されました。特に導入当初はかなり疲れるので注意した方がいいかもしれません。

これらが使ってみた時に感じる印象ですね。既存のシーバスルアーとはいい意味でも悪い意味でも一線を画しています。

実際ビッグベイトでシーバスは釣れるのか?

もちろん普通に上のアイキャッチ画像などでもある通り釣れますが・・・数は著しく減ると思います。

しかし、その分平均サイズがめちゃめちゃ上がります。なので釣れるけど一発狙いになるので安定感は一切なしという感じになると思いますね。

仮によく登場するドブ川で通年普通に釣りをした場合は200~300匹ぐらいの釣果になるのですが、ビッグベイトを通して使うと恐らく50匹ぐらいになってしまうと思いますね。

しかし、90アップに該当するモンスター級も普通に釣れてしまうのでかなり魅力的です。2018年の秋のシーズンは平均78cmほどあります。

しかし、ビッグベイトはバイトしてくるかこないかが非常に極端なルアーなので連続してボウズになったり釣れない時期が長くなる場合も予想されます。これはあくまでうまく使用できての話で操作がおぼつかないとほぼ釣れないといっても過言ではありません。

シーバスで使えるビッグベイトの種類やアクション

ビッグベイトはジョイントで連結が一般的ですが、その中でも多少種類があります。その種類に応じてアクションや使用感が大幅に変わるので参考にしてください。

  • S字2連結タイプ

ジョイクロに代表されるごく一般的なS字アクションのビッグベイトです。アクションは以下の動画を参考にしてください。

 

  • 多連結スネークアクションタイプ

ボディが連結されていて一見するとサカナっぽさが非常にあります。アクションは以下を参考にしてください。

二連結と多連結の飛距離の違い

二連結タイプは空中でブーメラン状態になりやすく飛距離が減衰しやすいです。多連結タイプはたまにブーメランになりますが、比較的安定した飛距離が出るので飛距離面では・・・

多連結>二連結

になります。風向きなどによりますが5m近く飛距離に差が出る場合もありもともと飛距離面でハンディのあるビッグベイトには無視できない項目です。

  • アピール力の強さや操作性

二連結はS字アクションをするのでボディのふり幅が大きくより水を押します。さらにロッドアクションを入れると大きくターンできるのでかなりフラッシング効果があります。この光っぷりは尋常でなく結構離れた位置からでもルアーのギラッとした感じが見えるのでかなりアピール力があります。しかし多連結は動き自体は直線なのでダートのようなアクションはできません。従って・・・

二連結>多連結

になります。操作性では360℃ターンや二連結の方が面白い動きが出せるのでおススメです。

  • 結局どちらが良いのか・・・?

これは難しいですが、ポイントに応じてという使い分けが良いと思います。

例えば二連結タイプはフラッシングなども十分使えるのでドリフト+ジャークやグリ巻きなどで強めのアクションを入れるような状況で使うのが好ましいです。

夏、秋で活性が高い場合にピンポイントを流して移動するといった感じで、多連結タイプはアピールが少な目で緩い流量でも動くので完全テンションフリーにしてじっくり流すといった感じです。

  • シーバスビッグベイトはフローティングがおすすめ

まず河口域での使用がおススメなのでフローティングの方が良いですし、シンキングで根がかりしてロストしてしまったら行けないですし、ビッグベイトの特徴としてカスタマイズ性が高いというのがあります。なのでレンジ攻略したい場合は板オモリで微調整していくのが非常におススメです。

完全フローティングだと流す際にあまり動かない場合があります(流れが緩い場合)。なので3~5g程度ウェイトシンカーで調整するとちょうどサスペンドかデッドスローシンキングになるビッグベイトが多く水噛みが良くなり流しやすくなります。

ビッグトップウォーター系


ここ数年ほど前から徐々に盛り上がってきているビッグベイトです。

こちらは通常シーバスで使用することがある、90~120mmぐらいのトップ系ではなくサイズが180mm以上でウェイトが100g越えのトップ系のルアーを使います。

イメージでいうと青物系のトップウォーターをシーバス向けにチューンした感じです。こちらは使用するタイミングはジョイント系よりは限定的になってしまいますが、大型のベイトフィッシュが浮いているタイミングや、ベイトの群れが多すぎる場合などに使用すると効果的です。

とりあえずビッグベイトを試したい方におすすめのジョイクロ148

ジョイクロ148をスピニングタックルで使用してみて釣れたり、興味が湧けばある程度使い込んでみてベイトタックルを揃えてといった流れが非常に安全です。

しかし、148やスピニングで使用できるサイズ感だとビッグベイト本来の水をじっくり噛んで流すという感じが出ないので使用感的にはシンペンやワームに近い感じになります。

それでもバイトやチェイスなどがあれば信頼感は増すと思いますのでよく考えて導入という流れがベストですね。ベイト自体に慣れてなくいきなりビッグベイト+ベイトとなるとかなり使いこなすまでに労力がいるのでそこだけは注意してください。

バス用動画でシーバスに使えそうなビッグベイトのテクを盗もう

釣りビジョンならスマホで釣り動画が見放題です。シーバスに限らずバスからGT、トラウトなど様々な釣り番組があるので研究してテクニックを盗んでしまいましょう。細かいテクニックの盗み方は以下を参考にしてください。

特にブラックバスの動画では以下のようなテクニックが豊富にあります。

・ビッグベイトの細かい使用法

・接近戦の釣り方やランガン、細かいキャストテクニック

・ベイトタックルの使い方など

シーバスよりも釣り方のバリエーションと使うルアーのバリエーションが多いので参考になる場合もあります。

※無料トライアルがあるのでお試しやすいです!



まとめ

二連結か多連結があり、アクションに差があります。なのでその変化でローテーションするのがポイントです。基本的にフローティングでウェイトシンカーで調整するのがおススメです。