表層のシーバスを釣るコツ

今回はシーバス初心者向け講座「表層のみを狙ってシーバスを釣る」をお送りします。シーバスフィッシングのレンジ攻略は非常に重要な要素です、今回は表層にいるシーバスを狙うコツをお送ります。

なぜシーバスでは表層が重要なのか?

シーバスは自分の目線より上のベイトを襲う、かつベイトの下から突き上げて食う、かつ水面にベイトを追い詰めると表層に反応しやすいフィッシュイーターです。デイゲームや常夜灯周りの明るいところでバイトを観察するとルアーの下から突き上げてバイトしてくる事が多いです。

動画のような突き上げバイトのシーバスは活性が高かったり、スイッチが完全に入っている事も多く反転食いするので外がかりしたりハーモニカ食いしたりするので非常にバレづらくなります。

逆に極度に活性が低かったりベイトがバチだったりするとバイト自体も分かりにくくレンジもだいぶ下がってくるので難しくなります。

  • 表層狙いは効率が良い

表層でガツンとバイトしてくるシーバスはベイト付近にいたりボイルしたりベイトが逃げ回っていたりと水面にシーバスがいる挙動が出やすく慣れるとすぐにシーバスのいる場所が分かります

そこにルアーをキャストかなり釣れる確率が上がり効率も良くなります。

シンペンなどでレンジを刻んでバイトがあるまで粘ると時間が非常にかかります。

だいたいそういう時はシーバスの活性自体が低く、スレていたりサイズが大きくて頭が良いなどルアーを見切ってくるので釣るのが難しくなります。

こういうシーバスを相手にしているうちに潮が引きすぎて釣りがしにくくなったり、実は隣町の河口に行ったらイワシが入っていて爆釣だったなんて事もあります。

まずは細かく移動してランガンしていく癖をつけておけば釣果不足になったりしにくくなります。

逆に中級者の方は激スレのフィールドで試行錯誤すると難しいシーバスも釣れるようになると思います。

こちらはサスケ95での釣果ですね、サスケはかなり表層を泳ぐので非常に使いやすいです。

表層狙いのレンジコントロールのやり方

表層をトレースするにはロッドを立てて巻いてくるのが基本になります。このロッドの角度なのですがだいたい二時か三時ぐらいの角度に調整してみてください。足場が低い場合は脇にロッドを挟んで固定すると楽です。

・ロッドの角度(高めがよい)

・リトリーブスピードの調整

上を組み合わせて水面下30cm程度をキープして巻いてきます。

コツはロッドの角度をリトリーブ中はあまり変えないことで、意外とレンジキープして足元付近まで書いてくるのは難しいです。

意図的にレンジを変えるためにロッドの角度を調整するのはよいのですが、訳も分からずロッドの角度を変えるとルアーの動きが変になりシーバスに違和感を持たれるので注意してください。

慣れないうちは明るい場所で大きめ+チャートのルアーを使って練習しておくといいでしょう。

回遊シーバスは適当でも釣れますがスレてきたり、居着きだったりすると、上のような違和感で全く食わなくなったりもします。

こちらは表層のドリフトの釣果ですね。河口では表層+ドリフトは絶対に必須のテクニックなのでしっかり習得してください。できないとほぼ釣れないので注意。

バイブレーションやシンキングミノーでも表層を探るのがポイント

シンキングミノーやバイブレーションでも表層をトレースしていきましょう。バイブレーションの特性としてシーバスを寄せる力が強く、ウォブリングとフラッシングで食わせるアピール系のルアーで特に表層にベイトを追い詰めているシーバスに強い傾向があります。

ボイルしているシーバスは高活性なので速い動き+ウォブリングに弱い傾向があります。水深が深いベイエリアでもバイブレーションやシンキングミノーを使う場合もロッドを立てたりリーリングをかなり速くして水面下1m以上のラインをキープして探っていきましょう。

特にバイブレーションはファストシンキングなのでボトム攻めやリフト&フォールを試したくなりますがやはり表層早巻きが一番効くのでおススメです。

河口でマイクロベイトにボイルしていた個体です。ボイルしている時点で表層にシーバスが浮いているのが分かるのでルアーと釣り方を合わせることができれば簡単に釣る事ができます。

こちらはアサシン80Sの釣果ですね。ジャーキングで表層を速くアクションさせているとバイト。シンキングミノーでも表層を探りましょう。

こちらはハチマルマグナムでの釣果ですね、この場合は橋脚打ちだったのでベーシックにロッドを立ててからのドリフトでガツンとバイト。ハチマルマグナムだと遅くドリフトさせたりすれば1,5m前後は探れますがこの場合は水面から大体50cm前後でトレースしました。

こちらはシンペンの釣果ですね。シンペンはウォブリング系でなくスラロームなのでシーバスを寄せる力は強いですが、その分近くをトレースできるとデカいのがバイトしてきます。

もし表層でバイトがない場合

基本的にベイトのレンジは表層なので通年を通してみるとかなり表層での釣果が多いです。

しかしアングラーのプレッシャーやスレなどでレンジが下がったり釣れるレンジが表層だったとしてもバイトしなかったりする場合もあります。

こういった時はランガンしてポイント移動をこまめに行いましょう。

表層でガツンとバイトしてくれるシーバスを取るのを目的とした釣りですのでレンジを刻むと時間が非常にかかったり、釣れない時期が長くなってしまうのでまずは簡単に釣れるシーバスを探す方が上達が速いです。

シーバス表層狙いQ&A

  • 表層狙いだと小さいシーバスしか釣れない、助けて!

これは良くありがちなのですが、小型ほど浮いて積極的にベイトを狙うので表層を速く探る釣りだとフッコばかりの釣果になってしまいます。

なのでそういったサイズを釣りたくない場合はルアーのサイズを大幅に上げるのが有効です。私の場合はシンペンやビッグベイトで探ると平均サイズは結構大きめです。

基本ビッグベイトだと70は余裕で超えてくるので良く使用します。しかし、扱いが超難しく全く初心者向けではありません。

表層でも125~145のミノーを中心にローテーションすれば平均サイズはあがります。しかし、スレにも弱く使いにくい場合もあります。なので私は80~125程度をローテーションして数釣りつつ確率的に70アップ以上を狙うスタイルでやっています。詳しくは以下のリンクを参考にしてください。

  • 表層のルアーローテーションはどうすればいい?

基本河口ではリップレスミノーorフローティングミノーからスタートしてシンペンという流れがおススメです。ベイエリアではバイブレーションからスタートしてシンキングミノー、ワームという流れがいいでしょう。

ここら辺はポイントのスレ具合によって大きく違うのでしっかり調整していきましょう。



Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

表層を意識したフローティングミノーで広く速くを意識しつつ探る。反応がない場合は粘らずにどんどん移動した方が良いです。ランガンは基本的なシーバスの探し方になるので回遊待ちはせずに積極的に移動しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA