シーバス初心者向け講座 シーバスは昼と夜どちらの方が釣れるのか?

シーバスは昼と夜どちらの方が釣れるのか?

  • 個人的には断然夜の方がいい

シーバスは夜行性では無いのですが深夜の方が浮きやすくルアーも見切られにくくなるので個人的には夜の方が断然釣りやすいです。

一応シーバスに関しては何でもできますが、自身のシーバスフィッシングのスタイルは小技で居着き狙いをするが一番得意なのでそれにあうとなるとナイトゲームの方がかなりやりやすいです。

あと河川や河口ではドリフトができるのでルアー操作も面白くなることからほぼシーバスに関しては夜の方が楽しいですね。ドリフトはトラディショナルな釣り方で、個性も出やすいのでより楽しいです。

  • 結局のところシーバス初心者には昼と夜どちらがいいのか?

これは昼を推奨します、理由があって…

  • ベイトが見える(偏光グラス推奨)のでマッチザベイトさせてからの釣りがやり易く基本を学びやすい
  • 足場や周りが見えるので危険回避やトラブル回避しやすい

この二点が初心者的な意味で重要だと思います。

昼間の堤防でルアーを遠投するやり方だけは避けよう

デイゲームがオススメと書いていますが、どうしてもルアーに慣れてないと堤防にいってルアーを沖にボチャン!スタイルになってしまいます。

これは最高に最悪で全く持ってオススメしないので絶対にやらないようにしてください。

理由は…

  • ピーカンで昼間だと浮いてないので釣れない
  • 人が多くお互いの邪魔になる
  • 都合よくイワシやコノシロがいることがない

こういった理由があって堤防ルアー沖にボチャン!スタイルは地獄のような結果になります。

  • 地獄のような堤防実釣例

こちらは多人数での釣行時の釣果ですが、釣れているからいいじゃないかとなるのですが・・・

  • 周りに自分らも含め20人以上いた(大半がショアジギ)が、一切釣れてなかった。理由は簡単で何もベイトが浮いていなかった。
  • 浮いてないとボトムを探るしかないが広く撃つにも人が多すぎてできない
  • 岸際も人が多いので狙えない
  • ボトム攻めは慣れないと根がかりする

こういった感じでした。たまたま自分の直線上の沖の潮目のボトム(水深20m)にシーバスがいたので釣れただけの話です。もう少し簡単に説明すると・・・

  • ベイトがいない→ボトムを探るしかない→何度も根がかりする→釣れない

こういった流れになるケースがほとんどです。

人が多いので岸際をじっくり探れないので沖にしかキャストできなくなり結果的に何もカスリもせず何度も坊主になる・・・みたいなことは全国津々浦々の堤防で日夜起こっていることです。

(ちなみに若い子がどうしても釣りたい感じだったのでサルベージ貸してボトム直撃を教えてあげたところ2匹釣りました笑)

イワシパターンやコノシロパターンで・・・うんたらかんたらというのはネットで見たことあると思いますが、それも結果的にただの運でイワシがいなけりゃなり立たないので注意が必要です。

あと仮にイワシがいてもシーバスがいなけりゃ意味がないのも厄介で場所によってはイワシ自体はいるもののシーバスが着いてなくてエソばっかり釣れる・・・なんてのもあります。

  • 水深の浅い河川や河口でとりあえずやろう!

上で書いた通り、堤防は地獄のような結果になりやすいですが・・・シーバスは汽水や淡水に上がってくる習性があるのでオープンな堤防や岸壁よりもシーバスそのものの量が多いのが特徴です。

  • 水深が浅い→ボトムを調べなくてもよい
  • 仮に沈んでいても浅い分表層のルアーに反応しやすい

こういったメリットがあるので水深が浅いというのが特に重要な要素になります。海側の水深が深い場所では上述の通り地獄のようになってしまうので注意が必要です。

釣り方は上を参考にしてください。基本はバイブレーションのみで何とか釣ることは可能でしょう。

こちらはミニエント57での釣果ですね、サイズは小さくなることがほとんどですがその分見切られにくくデイゲームでも非常におススメのルアーです。

シーバス 昼と夜Q&A

  • 昼と夜でタックルは変えた方がいいですか?

同じで大丈夫です。昼間で青物やフラットフィッシュをシーバスと同時に狙うならそれ用のタックルでやった方がいいですが、シーバスのみなら夜と全く同じで大丈夫です。

  • 結局昼と夜はどちらの方が釣れますか?

以前はシーバスは夜行性だと思われていたのですが最近というかここ10年ほどでだいぶデイゲームに関しての考察や実釣が進んでおり現在だとデイゲームの方が慣れていて経験があると釣れるような感じがしますね。

ナイトゲームで厄介なのが浮いてはいるけど活性自体は高くないことが多いというのがあります。

こちらはよく行く都市型河川の釣果ですが、確かに浮いてはいるもののベイト自体を積極的に襲っているという感じでなく、ボイルもなくベイトも逃げてなく・・・といったいなさそうな雰囲気になります。

こうなるとただミノーをドリフトさせるだけだと食わないことが多く、ある程度小技を使わないと見切りまくってくるので慣れてないと難しい側面もあります。

仮にデイゲームで完全に浮いていたら何かしら好物のベイトがいることが多く活性自体が檄高でちょっとマッチザベイトさせると連発っていうのがあります。(ナイトゲームも同様のケースはもちろんありますが、暗かったり波の音がうるさいとボイル自体を見逃してしまう場合もあります。特にやや沖でナブラやベイトが逃げたなどの重要な事柄を見逃してしまう場合も)

多少運や情報が重要になってくるので釣りの腕前というよりは事前準備の周到さという範疇ですが、マッチザベイトさせてそれっぽく釣るというのはなれた人なら簡単にできるのでデイゲームはその点はかなり有利かなと思いますね。

次にルアー面ですがコアマンのVJ、IP、PBのようにデイゲームに特化したルアーが以前よりも格段に多いのでそこも有利かなと思います。特にVJはバカっぽい感想ですが超ヤバいので非常におススメです。

こちらはVJの釣果ですね、バイブレーションよりも格段に見切られにくいのでハマれば連続でバタバタっと釣れます。

Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ