シーバス 春のパターン3月4月5月の釣り方やルアー選びのコツ

今回は「シーバス3月4月5月のパターン」をお送りします。春の南風が吹くと急に暖かくなり徐々に潮が入れ替わる時期でもあります。3月4月は回遊は良いですがパターンが入り組んでいて難しい時期なので釣れる人と釣れない人の差が出やすいのも特徴的なシーズンです。

3月~5月のシーバスの動向

産卵からも戻ってきている場合が多く、回遊も徐々に良くなっている感じです。河口ではベイトを求めて大型のシーバスから中小型も多く回遊してきますし、ベイエリアも中小型のシーバスが多く着くようになります。水温や天候もあり活発に動くようになります。

三月上旬あたりは水温も低く、寒い場合も多いので冬のパターンを引きずっている場合もあります。3月下旬~5月辺りはだいぶシーバスの動きも良くなっている感じですね。

  • ベイトの種類が多い

水温の上昇に伴い、いろいろな魚が回遊してくるのでベイトの種類と量が12月~2月に比べて非常に多くなります。さらに特徴的なのはベイトのサイズが小さいことですね。

  • バチ抜け
  • ハク(イナッコの稚魚)
  • 何かの小魚(5cm程度)

ベイエリアや河口ではバチ抜けとハクなどのマイクロベイトパターンが多いです。シラスや謎の稚魚などベイトが小さいのが特徴的です。

なのでマイクロベイトパターンはしっかり押さえておきたいところです。河口や河川のナイトゲームではバチ抜けが主なのでこちらも押さえておきましょう。

  • ベイエリア→マイクロベイトパターン
  • 河口→イナッコパターン+マクロベイトとバチパターン

これらが3月~5月に多いベイトパターンですね。特に意識したいのがポイントに色々なベイトがいるので複合的な要素が強いことです。例えば河口なら局所でバチ抜けしていて、イナッコやハクもいて、それらを狙いにシーバスが回遊といった感じです。

3月末の釣果です。ベイエリアではシラスのようなベイトが頻繁に捕食されており完全にマイクロベイトパターンになっています。これに対応できないとシーバスがいるのに釣れないということが頻発してしまいます。

こちらはゴールデンウィーク明けの釣果ですね。5月だとマイクロベイトを追いかけまわしていることが多いのでワームやマニック75などの小型ルアーでしっかり反応を見るようにしましょう。

5月の小規模河口での釣果ですね。普通にボイルもしているのでイナッコなどは頻繁に捕食されます。活性が高いのでジャーキングなどで攻撃的に攻めていきたいところです。

 3月~5月にアツいポイント

  • 河口〇

バチ抜けしている河口が多く、大規模小規模問わずシーバスの釣果が望めます。バチ抜けを狙う小魚を食いにシーバスが来る場合もあり、色々なパターンで釣りを組み立てる必要があるのでやや難易度が高いですが、その分回遊性のシーバスが多いので釣りやすいと思います。

  • ベイエリア〇

マイクロベイトについたシーバスがストラクチャー際や常夜灯付近に潜んでいることが多くなってきます。水温がぐっと上がるのでシーバスの活性が高い場合もあり河口と同様に狙いやすいです。

  • サーフ〇

別段これといったパターンがないのでベイトがいれば食う、いなければ食わないという極端な釣果になる事が多いです。コノシロやイワシが接岸する場合もあるのでそれについた大型シーバスがいる場合もありますが、河口とベイエリアがそこそこ釣れるので狙いたければ行ってみるといった感じで良いでしょう。

全般的に冬と比べると割とどこでも釣れるので釣りたいシーバスのサイズなどに応じてお好みで・・・というのもアリです。

3月~5月の釣り方のコツや要点など

  • ベイエリアでは水面の観察が非常に重要

マイクロベイトパターンが絡んでくるのでしっかり水面は観察しないといけません。暗い場所でも迷惑にならないような場所を照らして水質などを見てマイクロベイトが居ないかを確認しておくと良いでしょう。

特にベイエリアは明るい+スレやすいのでしっかり事前にパターンを確認してなるべく早く正解に合わせていくとより効果的です。

水面を観察してベイトがどれぐらい居るか、どのサイズなのかを確認してマイクロベイトがいれば小型のシンペンや、バイブレーションなどでレンジを合わせてスローに巻くのがおススメです。

小魚系のベイトの回遊が良く強いシーバスがいる場合もあるので回るポイントが多い場合はリアクション系のミノージャーキング、バイブレーションジャーキングなども有効です。

大きいサイズを選んで釣りたい場合はジャーキングが有効です。もちろんリアクション系の天気はやや荒れが良いでしょう。マイクロベイトはベタ凪の方がやりやすいです。

  • 河口では数かサイズかをはっきりさせる

上と同様にマイクロベイトパターンが有効です。それと通常のイナッコパターンやボラパターンなどのドリフトの釣りを組み合わせて狙っていきます、回遊が良い場合はジャーキングやバイブレーションの早巻きも有効ですがスレやすいので注意です。

マイクロベイトを食っている小魚を食うでかいシーバスが必ずいるのでそれを狙うのも良いでしょう。マイクロベイトパターンに合わせるとシーバスの型が極端に小さくなる場合もあり面白くない場合もあります。やはり河口は一発の大きさを求めたいですから一切無視してでかいシンペンやミノーを流す釣りをしても良いでしょう。

  • 釣り方がブレると釣れない

マイクロベイトやバチ抜けなど通常と違うパターンが入り混じるので釣り方がブレると極端に平均サイズが小さくなったり、パターンに合わせるのに時間がかかって時合を逃したりとろくな事が起こりません、

あくまで~~パターンは目安なので漢らしくでかいミノーやシンペンで押し通すのも良いです。自分の得意な釣りをやってシーバスに合わせさせるのも有効なので性格に応じてやってみてください。

  • 3月~5月のシーバスタックル

基本的に通常のMLロッドで十分ですがマイクロベイトに合わせてライトタックルを用意しておくとより快適に釣りが進みます。ベイエリアではライトタックルで十分ですが不意のランカーも十分あり得ますのでやり取りには注意してください。

河口では流れがありシーバスの型が大きいのでライトタックルはおススメではないですね、しっかりした強いセットで臨むのが良いでしょう。

3月~5月のおススメルアー

  • ミノー、リップレスミノー→〇

概ね良好です。春ごろだと浮いている活性の高いシーバスも多いことから河口からベイエリアまで広く使えます。バチ抜けが絡む場合は細身のリップレスミノーを用意しておくと良いでしょう。

全体的にベイトが小さいこともあり120台よりは80~100mmのミノーの方がトータル的な釣果は増えるので狙いたいサイズに応じて準備しておきましょう。

  • シンペン→〇

こちらも同様に良好です。バチ抜け時はリップレスミノーよりも断然食うので関西圏などは春ごろのバチ抜けに合わせて使うと良いでしょう。バチ抜けに合わせるなら80~100mmでスリムタイプがおススメです。

春頃はアングラーも多いのでスレ対策で大きめのシーバスを狙う場合は100~120mmでファットタイプにすれば河口や河川なら一発狙えると思います。年無しチヌもよく反応するのでチニングも好きなアングラーにもおススメです。

  • バイブレーションやスピンテール→〇

悪くはないんですがやや微妙です。夜間は河口や河川ならミノーやシンペンの方がよいのであまり出番はありません。しかし、デイゲームでは有効で活性が高いシーバスがいたなら簡単に釣れるはずです。

マイクロベイトに強いので50~60mm小型バイブレーションを用意しておくとハクパターンはやりやすいので河川のトロ場や橋脚の明かり付近では狙ってきましょう。

  • ワーム→◎

良好です。アングラーが多い分ミノーやシンペンで活性が高いシーバスはバンバン釣られてしまうのでそういった時に使えばかなり有利に釣りが展開できます。

特にシーバスがよく釣れるベイエリアだとスレを通り越して場荒れしている場合もあるのでこういった時にも使えます。河口でも届く範囲なら一定数釣れますし、バチ抜けにも対応しやすいのでおススメ。しかし、浮いている活性が高いシーバスが多くいる場合はテンポの関係上ミノーやシンペンの方が手っ取り早いので使うタイミングには要注意です。

  • ビッグベイト→△

ベイト小さいこともあり、闇雲に使っても釣れません。しかし逆手にとって周りが小さいルアーばかり使っていると結果的に小さいルアーで釣れるシーバスは少なくなるのでボラを捕食しているようなランカーはスルーされがちになります。

なので、あえてごり押しで使うことによってランカー連発を狙う一撃的な使用が好ましいでしょう。釣れるけど周りのアングラーの腕前なども見つつ使用するとより良しでしょう。

3~5月の釣果

3~5月はチニングがかなり熱いです。サイズが50cmを超える特大チヌが釣れるのでシンペンのドリフトで狙っています。

バチ抜けやマイクロベイトパターンに気を取られすぎるとランカークラスを逃してしまう事が多いので無視していつも通りシンペンを流す釣りをしています。

ベイエリアでの釣果です。3月は濁りも入る事が多いので釣りやすい条件が整う場合が多く非常に釣りやすいです。ベイトはイナッコやらバチやらといった感じでした。

ベイエリアでの釣果ですね。マイクロベイトパターン+荒れた天気が揃うと小型バイブレーションでも食うので最近よく使用しています。春はセイゴが多いですが時折80クラスも釣れるのでベイエリアでも慎重にやっておきたところですね。

明るい時に釣ったの4年半ぶりですね。明るいと細かいベイトの動きが分かるので釣りやすいです。ややハマりそうなのでデイゲームも再開するかもしれません。

こちらはアイマのリバーフローズでの釣果ですね。シャロー向けの鉄板バイブで非常に使いやすいです。やや癖があるデザインですがかなりハマりました。

河口ではチヌも多く釣れます。40cmアップが当たり前で釣れるので専門で狙っても面白いかもしれません。バイブレーションなどでも釣れるのでデイゲームでも普通に楽しめます。

5月末の小規模河口での釣果ですね。だいぶマイクロベイトいなくてイナッコなどの小魚がメインベイトになっている感じでした。こうなるとかなり夏場のパターンに近くなってきます。

こちらも上と同様のジャーキングでの釣果ですね、小規模河口でもランカーが浮いてくることもあります。イカを捕食していました。このサイズだとなんでも食べてしまいます。

こちらもバチ抜けでの釣果ですね。こういったセイゴやらフッコがバイトしまくってきます。まあロッドが尋常でなく強いのでほとんどバラしますが面白いっちゃ面白いですね。

ゴリアテhi95での釣果ですね。やっとバチ抜けが終わりイナッコ付近でバイトしてきました。こういった時はルアーはそこまで重要な要素にならない時が多いのでお好みのルアーで釣る事ができると思います。春はシーバスのサイズが極端になりがちなのでサイズ狙いなら大型ルアー、安定狙いなら小型ルアーを意識するといいでしょう。

こちらは磯での釣果ですね、割とヒラスズキも普通の鱸と同じで年がら年中釣れますが水温が高くなってくる春ごろの方が釣りやすいですね。

春はマイクロベイトについたシーバスやバチ抜けを狙うのが主流ですがあえてビッグベイトでごり押しするのもアリです。シーバスはシーズナブルパターンを意識しなくても釣れるので注意!

ベイエリアの常夜灯周りの釣果ですね。ベイトが見当たらない時は大概水面下のマイクロベイトを捕食していることが多い時期なのでワームや小型ルアーは試すようにしてください。逆にサバなどが入っているとビッグベイトや16cmぐらいのミノーがハマるのでタックルはある程度用意しておいた方が安心です。

沖堤防の釣果ですね。やや条件的には厳しかったですがスピンサルベージでボトム付近を探っているとバイト。5月ともなると普通にデイゲームでも釣れるのがよいですね。

こちらは3月ごろのデイゲームでの釣果ですね、3月以降ともなるとデイゲームでも釣りやすいです。逆にバチが絡まないので小魚パターンになりやりやすいかもしれません。

こちらは河口での釣果ですね、ロッドとリールを変えたので釣り方もライトなドリフトでやっています。このサイズは年がら年中釣れますが冬に比べるとかなり活性は高いのでやりやすいです。

小規模河口のイナッコパターンでの釣果ですね、河口の大きさによってシーバスのサイズや回遊が変わってくるのでリサーチはこまめに行っておきましょう。

こちらは小規模河口のマイクロベイトパターンでの釣果ですね、春先はものすごく多いのでイナッコかマイクロベイトのどちらがよく捕食されているか見極めたいですね。

こちらはアサシン80での釣果ですね、マイクロベイトパターンはセイゴやフッコが多いですが、数釣ると確率的に交じってきます。

※釣果は随時アップします。

春のシーバスQ&A

  • 春のシーバスが釣れません、助けて!

まずはルアー自体を小さくしてみてください。特に河口でよく捕食されるイナッコもサイズが小さく10cm未満だけを捕食していたなんてこともあります。

あとは大型シーバスよりも中型小型シーバスの活性が高い時が多いのでそういったシーバスを取るためにもルアー自体を小さくするのは有効です。

  • 春はボトム攻めは有効ですか?

これはあまり意識しない方が良いでしょう。マイクロベイトもバチも表層に浮いているのがほとんどですから無理にボトムを攻める必要性は薄いですね。従って河口ではほぼ表層のみを狙って問題ないです。

ベイエリアでワームを使う時は表層よりも中層付近の方が釣りやすい場合が多いのできちんとレンジ攻略しましょう。

Twitterフォロワー募集中です!


不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

パターンが複雑なので状況に応じて釣り方を選択する必要があります。なのでタックルやルアーを多く選定しておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA