シーバス 雨後の濁りに釣れるルアーや釣り方 対策法

 

今回は「シーバス 濁り対策」をお送りします。雨や風などで海水が濁るパターンは非常に多いです。濁りはチャンスになるのでうまくハマれば大型や数狙いも成功しやすいです。今回は濁り攻略のコツを紹介します。

なぜ濁るとチャンスなのか? 濁りのメリット

濁ると「シーバスの視覚が封じられる」ので普段はかなり見切ってくるようなポイントでもルアーをあまり見なくなりバイトが得られやすい状況になります。こういった場合シーバスは側線で海中のベイトの位置を探す場合が多いようです。さらにベイト側もシーバスの姿が見えなくなってしまうので捕食されやすくシーバスの活性が高い状態になる場合が多いです。他の濁りのメリットは・・・

  • 数が釣れやすい
  • 大型のシーバスが釣れやすくなる

などがあります。特に河口は流量が上がりベイトが流されやすくなるのでシーバスが集結しやすく数が狙えます。大型のランカーシーバスもかなり見切りが甘くなりますので比較的取りやすい状況になります。

  • 風とうねりを伴った濁りが非常に有利

例えば少しだけ雨が降って濁った程度だとシーバスの活性も高くならずあまり有利な状況になりません。やはり風が吹いてうねりがついた濁りがシーバスの活性を大きく上げます。これら風などで水面が毛羽立つと余計視覚や側線が封じられてさらに見切りが甘くなるためです。なので風が吹いていて濁っている状況が一番良いです。低気圧を伴った荒れた天気や台風の前などがより激熱の状況になります。

  • シーバスがいればチャンスだがいないと釣れない

雨で濁りが入って釣れそうな雰囲気でもシーバスの数が少ないと反応が悪いです、他にも冬に雨で濁っても水温がかなり下がって逆にシーバスの活性が落ちてしまい深場に移動してしまう場合もあります。あくまで濁りが入りベイトが居てシーバスが居るという条件が揃えば爆発的に釣れる条件なので、濁ったから安易に釣れるというわけではありません。

河川では上流部で連日釣れていた場合ある程度の雨が降ってしまうとベイトが全て下流に落ちてしまいシーバスもそれに伴い下流に落ち、釣れなくなってしまう場合もあります。なので河川+河口は雨後は比較的海に近い側の方が反応が良いでしょう。

濁り時の攻め方

  • ルアーをしっかり目立たせることを意識する

シーバスが目で探しやすいようにルアー自体を目立たせる必要があります、さらに濁り時とベイトパターンが絡むとよりシーバスがルアーを探しにくくなるので注意しましょう。なので基本的にカラーはチャート系かレッドヘッドが有効です。時点で黒金や赤金などの金系のカラーが有効なります。他にもブラック系も非常に有効で濁り時だとはっきりシルエットが見えるので爆発的にハマったりもします。

サイズが大きく波動が強いモノが目立たせるには最適なのでやはりミノーやリップレスミノーが非常に有利な状況です。次点で強波動のバイブレーションが有効です。

ミノー(リップレス)>バイブレーション>シンペンの順番でローテーションすると良いでしょう。変わり種だとトップ系やスピンテール、ビッグベイトなども有効です。普段はかなり強い選択肢のシンペンですが濁りでベイトが絡むとシーバスに見つけてもらえなくてバイトがない場合があるので注意しましょう

  • 速い動きのウォブリングで食わせる

濁り時はシーバスが目でなく側線でベイトを探すのでルアーを巻いて動かすことによってウォブリングの波動で食わせる事ができます。バイブレーションの早巻きやミノーのジャーキングがハマります。

  • シーバスの活性が高い
  • 風を伴った濁り
  • ベイトが多い
  • デイゲーム

などの条件が揃うと速め攻め反射的に食わせるのがおススメです。ナイトゲームでもベイエリアなどはリアクション系のパターンが通用しやすい場合が多いです。ポイントが明るい場合はチャート系よりフラッシングができるホロ系の方が断然強いので反応がない場合はカラーチェンジを行ってください。

ベイエリアでの釣果ですね。基本は濁っていても壁打ちやストラクチャー打ちを徹底するようにしましょう。濁り時はシーバスの活性が高いことが多いのでなるべく多くのポイントをランガンすると数が稼ぎやすいです。

こちらは小規模河口での釣果ですね。濁りが入ると普段はボイルしないようなポイントでもボイルしたりナブラが出たりする場合があるので水面の観察は丁寧に行いましょう。

ジャーキングは通常はホロ系で行うのがベストですが、濁りが泥っぽくて流れが強い時などはより目立たせるためにチャートホロやレッドヘッドホロなどを使用するとよりスピーディーに決着がつきます。

バイブレーションもよりアピール力を上げるために鉄板系のやや重めのモノや、スピンテールジグなどで攻めるとデイゲームの場合は爆発しやすい傾向があります。

しかし、濁りの入った状況の高活性のシーバスでもウォブリング系で攻め続けると短時間で釣れなくなったり、次の日に極端に反応が悪くなる場合も多いので粘りすぎないように注意しましょう。
他にも先行者に高活性のシーバスが全て釣られてしまっている場合も多いです。こういった場合はたとえ濁っていても警戒心が高いシーバスを狙う必要があり、ワームや小型のシンペンでローテーションを組むようにするとよいでしょう。

  • ドリフトで遅く目立たせて食わせる

これはルアーの大きさやカラーのアピール力を上げて行って遅い動きで食わせるパターンです。この場合は・・・

  • シーバスの活性が低い
  • ベイトが少ない
  • 濁りが弱い
  • シャロー帯

などで有効です。どちらかというとナイトゲームの河口や河川で有効な攻め方です。条件が完全にハマる濁りの状況は少ないのでこちらの遅くアピールして食わせるというのが基本的な濁り時の攻め方になります。

この場合は通常使っているルアーサイズを上げてスローに巻いてシーバスに見つけてもらうやり方です。河口ならドリフトしつつルアーのローテーションで合わせていくパターンです。このパターンでは大きいリップレスミノーや大きいシンペンなどが有効です。他にもビッグベイトなども有効です。

こちらは雨後の朝まずめですね。濁りで朝まずめでベイトもありとなるとほぼ確実に釣れますね。この日はランカーもジョイクロで釣る事ができました。

遅く目立たせる釣りはカラーでアピールするのも有効です。チャートホロやコットンキャンディなどのかなり目立つルアーのみでローテーションするのがおススメです。河口だと河川側の濁った水と海水側の澄んだ水が混ざるヨレがある場合があります。こういった水質の変化もストラクチャーになるので丹念に探りましょう。基本的に濁った方にシーバスは居るのでベイトがいる位置を確認しつつ濁った側にドリフトで入れ込んだり出したりして反応を見るのがおススメです。

通常10cm台のミノーで攻めている場合は14cm程度にルアーサイズを上げてさらにカラーをチャート系やチャートホロなどの強アピール系にしてスローにドリフトさせるといった感じです。シンペンなら重めのウェイトにしてカラーも上と同じようにアピールさせてドリフトさせると有効です。

河口で濁り+風+ナイトゲームが揃うとシーバスの近くを通すことができれば高確率でバイトを得る事ができます。やはり濁りのみより風など条件が複合すればするほど釣れるので台風前後や低気圧が通過する時などがチャンスです。

雨後の増水時は流れのヨレを重点的に攻めよう

赤線・・・増水時の激流

青線・・・緩い流れ

紫線・・・トレースコース

増水時に意識したいのは激流とゆるい流れでできる反転流を重点的に攻める事です。激流側にベイトが入ると流れに寄せられて緩い側にどんどんたまっていきます。こうなるとシーバスもそれを狙ってそのゾーン付近に溜まっていくのでそれらを狙い打つのがポイントです。

攻め方でおススメはバイブレーションですね。激流だとシンペンは操作不能になりますしミノーをすぐに流されてしまうのでバイブレーションでごり押しするのが手っ取り速いでしょう。バイブレーションなら波動で位置をシーバスに伝えるのも容易でさらに流れにも強いのでばっちりです。

サルベージ70での釣果ですね。ベイトは反転流側に溜まりますがシーバス自体は激流側か、緩い側のどちらかにいるのでバイブレーションで飛距離を出しつつロッドを立てて巻いてごり押しする戦法が一番手っ取り早いです。カラーもチャート系などにしてより目立たせるを意識しましょう。

濁り時のボイルはワームで安牌がかなり有効

例えばバイブレーションやミノーの強波動+リアクションのパターンでも簡単に濁り時は釣れますが、シーバスの位置が完全に分かっている場合はワームで安牌が非常に有効です。ワームはジグヘッドで使うので乗りさえすればバラしにくいという特徴があります。しかし、アピール力が0なので広く探ってという使い方には向いていません。しかし、上述の通り、位置が完全に分かっていればワームをその付近にさえ通せば高確率でガツンとバイトしてきてさらにバラしにくいです。

こちらは雨後の濁り時の河口での釣果ですね。ボイルはしていなかったですがベイトの下に普通にシーバスらしきギラつきが見えたので通すと一撃でバイト。乗りさえすればバイブレーションの何倍も取り込みやすいのでバラして警戒されてノーバイトというリスクを下げることができます

特に濁りで活性が上がった単発で居るタイプのやや厄介なシーバスでも容易に釣れるので非常におススメです。

こちらは雨後のベイエリアでの釣果ですね。やや白っぽく海水が白濁していました。こういったサイズはベイエリアではあまりボイルしないのでギラつきやベイトの不自然な動きがあれば無理にバイブレーションやミノーなどを通すより安定してバイトに持ち込むことができます。澄潮だと蛍光系のカラーは危険ですが、濁りがあるとパール系でも釣れます。

雨後の濁りQ&A

  • かなり濁流で水が白っぽくなってるけど釣れる?

普通に釣れます。むしろシーバスにさえルアーを見つけてもらえれば即バイトって感じでやりやすいですね。ルアーはかなり大きいミノーやビッグベイトがおススメです。ドリフトなどもしなくていいので時折ジャークしつつ波動などでごり押ししましょう。あと安全には配慮しましょうね。

  • 雨後っていうか雨も降ってるんだけど・・・釣れる?

こちらも普通に釣れます。むしろ影が水面に映らないようになるので余裕で釣れますね。あまりに雨量が多いと危ないのでやめた方がいいですが、小雨ぐらいなら積極的に行ってください。多少寒くても釣れます。私は長靴とカッパは常に携帯しています。

  • 雪が降ってるけど釣れる?

こちらも普通に釣れますが、河口域や深いベイエリアでないと厳しいです。ガイドが凍りつく気温でも普通にいて釣り方があえば割と素直にゴツンとくるサカナです。フィッシュイーターにしてはかなり低水温に強いと思います。

  • 濁り時でも釣れないじゃないか! どうすりゃいい?

まず疑いたいのがもう釣られているかもいう点ですね。ランカーは濁りでも簡単に釣れませんが60ぐらいなら余裕も余裕で釣れるのでポイントに入る前に簡単なシーバスは全て釣られているかもしれません。特に河口はそういったイージーなシーバスを狙う人が多いのでその傾向が強いですね。私は濁りで浮いた高活性のシーバスがいるなら全て釣り切る自信があります。

仮に結構釣られても居着きやでかいシーバスは普通に残っていることが大半なのでそういった難しい奴を狙わないといけない場面も多いので注意ですね。

雨後の濁り時の釣果(でかい奴のみ)

ドリペン110の至って普通のドリフトでバイト。チャート系でなぜか反応しなかったのでホロ系にすると一撃でした。カラーはチャート系が鉄板ですが濁っていてもカラーでなぜか見切ってくる場合もあるのでチャート系に偏らせすぎないようにしましょう。ちなみに流れの緩い側のドリフトはやや速くリトリーブ、きつい側はスローリトリーブにしてルアーの動きが破たんしないように調整してください。

スイムベイトのダンクルでの釣果ですね。チャート系で強波動のスイムベイトなので濁りには非常に強いと思います。あえてドリフトさせずにやや早く巻くとバイブレーションのようにウォブリングするのでそれも色々な使い道ができます。

来ましたねー、90UPです。この日は雨後の増水もありましたし、濁っていてかつ雨も少し降っていたのでビッグベイトで釣れればまずランカーだと確信がありました。(前日に同様のパターンで75を釣っていたため)増水後の流れのヨレをチビタレルでジャークしながら通すと鬼のスーパーバイト!

こちらは12月ごろの釣果ですね。雨で白っぽくなっていましたがバイト。むしろ白っぽくなるほど濁っていた方がかなり釣りやすいので安全に配慮しつつ釣行しましょう。






Twitterフォロワー募集中です!


不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

・風+濁りやデイゲーム+濁りは速いアピール

・濁りのみや濁り+ナイトゲームは遅いアピール

2つの攻め方があります。濁りだけでなく風やベイトなどの好条件が揃えば揃うほど釣りやすい状況になります。雨後は危険な場所も多いので安全に気をつけて狙える範囲でしっかり攻めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です