シーバスが釣れない原因 トレースコースを考えよう

今回は「シーバスが釣れない原因 トレースコースを考えよう」をお送りします。ルアーは横と縦に直線状に引いてくることができます。トレースコースがズレるとシーバスにルアーを見つけてもらえず食わない場合もあります。

トレースコースがずれると食わない理由

図のように橋脚の片側にシーバスがくっつている状態だと青色のトレースコースではシーバスの目の前を一瞬でルアーが通り過ぎるのでシーバスがルアーに気が付かなかったりして食わない場合があります。

こういった状況で流速や濁り、プレッシャーを加味して考えるとかなりバイトしてくるチャンスが減ります。特に大型シーバスだとルアーを積極的に追わないのでシーバスいるのにバイトチャンスがないことになってしまいます。こういった場合は橋脚を打つ場合も両サイドから試すなどの必要があります。

どういう風にシーバスにルアーを見せればいいのか?

このようにシーバスが居た場合は青のコースのように後ろからシーバスの上を通るようにするのがポイントです。こうするとシーバスから見ると上を通っている小魚に見えますのでバイトしやすいです。

紫のコースだとシーバスに向かってルアーが突進する形になりますので警戒されやすくなります。シーバスの頭の向きは流れを受けている方向に口を向けているので通すコースは簡単に分かります。

シーバス ドリフトのやり方

シーバス シンキングペンシル ボトムドリフトのやり方

しかし注意点があり、河川でドリフトさせたりするときにラインをあえて膨らませてルアーの頭の向きを流れに沿うようにします、こうすると流れに乗って流されてるベイトを演出できますのでシーバスに向かう形のコースでもバイトが出やすくなります。要は自分でガーッと巻いた時にシーバスに向かうコースを取らなければいいだけです。流れがあって自然にルアーが流させている状態ではあまり気にしなくてOKです。

カケアガリ付近のトレースコース

シーバスの活性が低いとカケアガリに乗っている感じで流れに頭を向けてボーっとしていますので、なるべくシーバスの真上を通るようにしてやるとバイト率が上がります。

特にスズキサイズないしそれ以上になると一気に上昇して食う事が少ないのでシーバスは居るのだけれど表層系のルアーには反応しないことが多くなります。

シーバス 河口のレンジ攻略について

シーバス ベイエリアのレンジ攻略について

特に満潮付近だとルアーとシーバスの位置がさらに遠くなりますのでなおさら追ってこないことがあります。なのでバイブレーションやシンペンなどのシンキングルアーで一気に沈めてボトムを少し切ってリトリーブすると気配がない場合でも食う事があります。

シーバス ワームの釣れる使い方

バイブレーションやシンペンはコースを自在に変更できるので非常にカバーできる範囲が広くなります。ポイントに通っているとシーバスが居なさそうな場合もよくありますのでこういった時に沈めてボトム近辺を探るようにすると今まで釣れなかったシーバスがバイトしてくることもあります。

レンジキープできる速度やロッドの角度を吟味してコースを選定しよう

意外と把握できていないのが自分のルアーがどのコースを泳いで、どのレンジを泳いでいるかという点です。表層系は潜らないのが分かっていますのでレンジは簡単に分かりますが、上でも書いた通りシンキング系プラグはある程度使い込んでレンジキープできる速度とロッドの角度を調べておかないと思った通りにトレースできなくて根がかりしたり、外れたところをトレースして釣れないなととなってしまうので、明るい場所でしっかり確認して使っていきましょう。

シンペンやバイブレーションでレンジキープするコツ

特にシンペンは少しだけ速度を変えたりするだけで急浮上したりするので思った通りのコースを巻いてくるのは非常に難しいです。こういった細かい差が意外と響いてくるので注意してください。

Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

まとめ

コースを考えてキープして反応を見る、特にボトム、ボトム近辺のレンジはしっかり探って見切りをつけるようにするとよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA