【最新版】秋のパターン 9月10月11月の釣り方やルアー選びのコツ

今回は「シーバス9月10月11月のパターン」をお送りします。この時期はシーバスのベストシーズンなので数を釣ったり、大型を狙ったりと色々できます。コツを押さえて釣りをするとかなり美味しい思いができるので参考にしてみてください。

動画解説バージョンはこちらから

※動画解説バージョンです。浅く作ってあるので概要を早くチェックしたい方におススメです。詳細な攻略については記事を参考にしてください。

定期的に発信するので、チャンネル登録お願いします。

9月~11月のシーバスの動向や傾向

12月ごろの産卵を迎えて荒食いモードに入ります。

50~70cm程度のシーバスの活性が非常に上がる時期です。沖目から沿岸にかけてかなりのシーバスが接岸するので普段よりかなり回遊シーバスが多く釣れやすくなります。

ベイトも小魚のパターンが多くなり、イナッコパターンやサヨリパターン、イワシパターンなどがハマります。

基本的にシーバスが表層をかなり意識している時期でもあります。

  • 9月はまだ暑いので夏のパターンを引きずっている場合も多い

9月後半ともなると涼しくなり秋っぽいですが前半部分はかなり暑いので夏のパターンを引きずっている場合も多く夜光虫やポイント選びをしっかりしないと釣りづらくなったりすることもあるので注意してください。

ベイエリアは潮の循環が悪い場所が多いので10月ぐらいになるまでほとんど夏のパターンになっている場合が多いです。河口は気温の低下とともに水温が下がってくるのですぐに秋っぽい様相を呈します。

9月~11月にアツいポイント

  • ベイエリア→◎

ベイトが接岸しやすく沖に逃げづらい構造なのでベイトが入ってくるとかなりのシーバスも入ってきます。

ランガンしたりストラクチャーを打って行ったりすると簡単に釣れますが、シーバスアングラーだけでなくエギンガ―や太刀魚狙いのアングラーなどもかなり多いのでプレッシャーを受けやすくスレ対策ができないとシーバスが多いのに釣れなくて悔しい思いをすることもあります。

特に奥まったベイエリアは非常にプレッシャーを受けやすくあっという間に釣れなくなるので注意してください。

  • 河口&河川→◎

こちらもベイトとなるイナッコなどが多く回遊してくるので釣りを展開すると比較的イージーに釣ることが可能です。

活性が高いのでバコバコにボイルしている場合もあり適当にやれば釣れてしまいますが、やはりベイエリアと同様にすぐプレッシャーを受ける場所も多いのである程度スレ対策ができないとボイルしているのに食わなかったりする場合も多いので注意してください。

ベイエリア、河口、河川内ともにかなりのシーバスが入ってくるのでどこも優良ポイントとなりますが、小規模な河口や奥まった場所ではスレが入ってくるので対策は必至となります。

  • サーフや磯、沖堤防→〇

サーフの場合はシーバスがいるいないがはっきりしています。秋はベイトが多いのでいる可能性は高いですが、運悪くベイトがいないサーフに行ってしまうと全く釣れない場合もあります。

青物やフラットフィッシュ狙いが有効なのでシーバスはおまけで考えるのもアリですね。

秋の海中をdeeperでソナー

こちらは10月ごろの日中の岸壁際のソナー映像ですね。まあ水温も高いですし、ピーカンだったのでこういった感じで完全に沈んでますね。

おそらくボラか何かです。シーバスではないですね。

こちらは、岸壁の30m沖ぐらいの映像です。秋とは言えど完全に沈んでいて表層は完全に無の気配でした。

後述してますが、普通にイワシやコノシロが回遊してこないとこういった感じで生命感ゼロの海になります(笑)

9~11月に適した釣り方

  • ベイエリアはベイトを探してランガン

スレッからしの賢いシーバスを相手にするよりベイトに着いている銀ピカの回遊シーバスを狙っていった方が効率よくシーバスを狙う事ができます。

この時期はシーバスもベイトについて回遊していることが多く特定のベイトをずっと捕食している場合が多いです。

釣りをする際はしっかり水面を観察してナブラが出てないかや、ベイトがなんなのかを特定していく必要があります。

ポイントについてベイトが薄い、居ない場合は速めに見切りをつけて移動していくいわゆるランガンが有効になります。

釣り方として有効なのが速め+リアクション系を組み合わせてベイトの近くを撃つのが一番効率が良いです。

回遊シーバスはルアーに対する抵抗がほぼないのでこういった速い動きやジャーキングなどのリアクション系の動きに弱くいれば即バイトといった風になります。

ある程度のシーバスの群れを掴んだ場合、まずはウォブリング系のミノーでジャーキングしつつ通して釣ってバイトが遠のいていくようだとシンペンなどにチェンジしてアピール度を落として釣り続けるといった工夫が数を釣るポイントになります。

  • 秋は基礎的な釣り方が一番有効

こういった回遊が良く活性が高い時期は「シーバスの基礎的な釣り方」が非常に有効です。

基礎的な釣り方というとあまり変則的なルアーなどを使うのではなく、天候に応じてリアクション系かスロー系を使い分けマッチザベイトさせて釣るといった感じです。

この時期は回遊性のシーバスと小魚系のベイトが多いですから強波動でベイトの群れで目立たせて、潮目や沖付近にいるシーバスに届くように飛距離が出るルアーが有利です。

特にバイブレーションがハマると爆釣できる場合もあるのでポイントは潮目や沖の地形変化なども狙って広く探るようにすると良いでしょう。

秋におすすめのルアー

  • ミノー全般→◎

特にどのサイズも活躍させることができます。河口では12㎝以上のリップレスミノーなどでベイエリアでは8㎝前後のジャークベイトなどがおすすめです。

比較的表層に出やすい時期なので、できればベイトのサイズに合わせて表層のみをトレースするのがおすすめですね。河口でのランカー狙いの場合はカゲロウ155やストリームデーモン170などの超大型リップレスミノーなども有効です。

  • シンペン→◎

シンペンはできればやや寸胴でボリュームのあるタイプがいいですね。重いので飛距離も出ますしベイトが多くてもアピールしやすいのでお勧めです。

バチ抜け系シンペンや小型のシンペンはあまり出番はありませんが、スレだしたら便利なので少しはもっておくといいでしょう。ショアジギをしつつシーバスを狙う場合はヘビーシンキングペンシルなども有効です。

  • バイブレーションやスピンテール→◎

秋のデイゲームやゆうまず目や朝まず目では有効です。夜間はよい選択肢がほかにもあるので出番は少ないでしょう。サイズはこれといったものはありませんが、ベイトのサイズが大きいこともありコノシラスや鉄板系の大型のバイブレーションでもよいでしょう。

スピンテールも有効ですが、こちらはほぼデイゲーム専用なのでお好みでよいでしょう。

  • ワームやVJ→◎

ベイエリアですれてきたらかなり有効になってきます。アピール力が弱いのでピンポイント狙いや食わないボイル打ちで使うといいでしょう。

サイズはベイトに合わせたほうが釣れるので8㎝前後のイワシ系ストレートワームでよいでしょう。

あとコアマンのVJはイワシが入ってきたらかなり強いので持っておいて絶対損はないですね。

  • ビッグベイト→◎

後述しますが、一番手っ取り早くランカー狙いができます(笑)

  • 結果的にどれもよく釣れるのが秋

どれも相性がいいのでよほどずれたルアーチョイスでない限りは釣れると思います。サイズ感だけベイトに合わせることを意識してあとは適当に使うとよいと思います(笑)

秋で一番おすすめのルアーはビッグベイト

秋は大きいベイトも多くシーバスの活性も高いので手っ取り早く大型を狙いたいならビッグベイトが非常におすすめです。基本的に河口や河川で使用すればハマれば簡単に大型シーバスを釣ることができます。

  • ボラやイナッコパターン→20㎝以下のジョイントビッグベイト
  • コノシロ→マグナムペンシルやジョイントビッグベイト

この使い分けでハマれば釣ることは可能です。

  • 河口+でかいルアー+ドリフトが重要

しかし、ただビッグベイトをキャストしてグリグリ巻いても反応が激薄なので、ドリフトと絡めて使うようにしてください。ドリフトだと自然な動きで誘えるので釣りやすくなります。

ドリフトができないと秋でもよほど甘くないと釣れないので注意が必要です。詳しいやり方は上記のリンクを参考にしてください。

  • ビッグベイトを使うときのタックルについて

ビッグベイトは空気抵抗が大きく巻きも重いのでできればスピニングよりもベイトの方が快適に扱えます。

結果的にバイトしてくるシーバスも大きいのでタックル的にも相性がいいです。

一応中型のビッグベイトならスピニングでも使うことができます。気になる方は上リンクを参考にしてください。

秋のタックルセッティングについて

秋はシーバスのサイズもよく引きも強いのでタックルも強靭にする必要があります。

  • レギュラーサイズ狙いのスピニングタックル

レギュラー狙いの場合はシーバスロッドML9フィート前後+スピニング3000番程度+PE1号がおすすめです。ややPEの太さを上げて調整してもいいでしょう。

エギングや堤防からの太刀魚狙いも兼ねたいときにおすすめのセッティングになっています。

  • ランカー狙いやサイズアップ狙いのスピニングタックル

河口でのランカー狙いや普段よりも大きいサイズを狙いたいときはシーバスロッド10フィート前後MないしMH+スピニング4000番+PE1,5号程度がおすすめです。

いわゆるロングロッドが結構重要で、パワーもあり大型のルアーを飛ばしやすくなります。詳しくは上リンクを参考にしてください。

秋のシーズンに釣れない時の対処法

  • 秋のシーバスがスレ出してからが勝負

9月末ぐらいから一気にシーバスが回遊してきてどこもかなり釣れるようになります。その群れが入れ替わらずにとどまると急激に釣れなくなってきます。

回遊シーバスは誰でも釣れますがスレ出すとそう簡単に誰でも釣れるようになるわけではありません。こういった状況から実力が試されるので心して挑みましょう。

11月ともなるとベイエリアや河口ではスレが進んでいることが多くボイルしていても釣れない場合やシーバスが見えるのに釣れない場合も多くみられます。

スレ出すと小型のルアーでの釣りが有効になります。

通常のMLのロッドで小型ルアーを扱うと使いづらかったりバイトを弾きまくる場合があるのでスレシーバスにはライトタックルが有効です。

  • 秋は小型ルアーでスレ対策するのもアリ

秋は沖から入っている完全回遊性の超簡単に釣れるシーバスが多いので群れに当たると適当すぎても釣れてしまいますが、スレ出した場合は小型のルアーで固めると釣りやすくなります。

秋はビッグプラグも有効なのですが、シチュエーション的に良くないとハマらないので無理して使うのであれば小型のルアーで攻めたほうが安定しやすくなります。

  • ミノー→8㎝前後
  • シンペン→15g前後で細い
  • ワーム→5g程度

などの小型ルアーで固めると平均サイズは下がりますが、反応率もよく釣りやすくなります。

  • ルアーを沖に飛ばしすぎないようにしよう

どこの地域でも回遊が良くなるので普段はあまり良くない飛ばして巻いて釣るが成り立ちやすいですが、回遊性のシーバスも沖から岸際に寄ってきますので飛ばしすぎても無駄なトレースが多くなり、効率が悪くなってしまいます。

ベイエリアでは壁打ち中心で沖にボイルやベイトの気配があれば打つぐらいでOKです。

特に上記のような重くて飛ぶタイプを使用するとつい沖にキャストして結果的に釣れないというのはよくあるので注意してください。

河口でも沖よりも手前のシャローに群れで入ってくることが多いのでウェーディングで浸かる時やおかっぱりで狙う時も手前から重点的に流すようにしてください。

こちらも手前をおろそかにしてしまうとシャローに入ったシーバスがプレッシャーを受けて警戒する場合も多いです。こうなると簡単に釣れる回遊性のシーバスもなかなか難しくなってしまいます。

9~11月の釣果(多すぎるので抜粋)

こちらはメガバスのバス用ルアーでの釣果ですね、ジャーキングやトゥイッチなどもアクションもつけやすいですし、小型で見切られにくいのでシーバス用よりも釣れる時もあります。詳しくは以下を参考にしてください。

こちらはラパラCD5の釣果ですね、ベイトが大きいのが秋の特徴ですがマイクロベイトパターンの時もベイエリアではけっこう多いのでそういったのも取れると他のアングラーよりも釣れますね。

河口ではイナッコパターンで大きなシーバスが釣りやすい時期でもあります。特にビッグベイトは秋から冬に強いのでおススメですね。一撃のサイズは大きく上がります。

秋は数も稼げるのでうまく釣りたいシーバスのサイズに合わせていきたいですね。

9月初旬の河口での釣果ですね。単発でうろうろしているタイプですね。こういった単発で居るシーバスは警戒心が強いのでワームやシンペンで探るのが吉です。

ベイエリアでセイゴいじめですね。何と釣行時間15分でした。なかなかディアルーナのライトタックルはセコイ感じでいいですね。サイズ問わずガチで釣りたいんだったら8フィートでソリッドでルアーももっと小さくすればもっと釣れます。

ジョイクロフィーッシュ!ですね。ロッドがディアルーナのB806MLだったので148ですが、良かったです。ベイトはイナッコでしたね。フロロ3号越しにガツン! あとアップから水面大爆発でした。

同様のパターンでジョイクロフィーッシュ! しかし、普通に流すだけだと食わなかったんでジャーク二回バスッと入れるとドゴンッ! めちゃめちゃ引きました! 丸吞みですね、これだと絶対ばれないので安心。

ジョイクロは秋のシーズンでは非常に活躍します。サイズバリエーションが多いのでベイトやタックルに応じて使いたいですね。

ごくごく普通のドリフトでの釣果ですね。とりあえず見てもらえると分かりますが太いッ!ですね。でもベイトタックルな余裕で取り込めます。5kgはあると思いますね。

今年はベイエリアの方が魚影が濃いような気がします。ベイトが多く小型シーバスが多いのでスレさえなんとかできればかなり簡単に釣れます。

こちらはヴァタリオンでの釣果ですね、40g程度で非常に扱いやすいです。河口だともう少し大きいビッグベイトなどの方がよいですが、まあいい感じですね。

こちらはコノシラススイマーでの釣果ですね、150mmなので使用するタックルは選んでしまいますが癖がなく使いやすいルアーですね。ちなみにコノシロなんかはさっぱりいませんが釣れます。

スライドスイマーでの釣果ですね、11月初旬ならごくごく普通に釣れます。というかビッグベイトはあんまり時期関係なく釣れるので重宝しています。

こちらはハチマルマグナムでの釣果ですね、ジャークベイトは秋にはかなりハマりやすいので持っておくといいでしょう。しかしながら、沖ポチャでジャークしても全く釣れないので多少小技が必要です。

こちらはPB24での釣果ですね。チニングにもよい季節なのでシーバスが釣れない時はやってみてもいいでしょう。

こちらはサイレントアサシンでの釣果ですね。秋のシーズンは160や140でもハマりやすくなります。ちょうど風も出てくる時期なので飛距離が出るアサシンは重宝しますね。

こちらはサルベージソリッド85での釣果ですね。ブリ狙いでしたが、まあ十分かなと思います。秋はシーバス以外にも活性が高いので釣りやすい時期ですね。

こちらはラッキークラフトのLLポインターの釣果ですね。秋はビッグベイトがハマりやすいので面白いですね。

こちらはメガバスのiスライドでの釣果ですね。今年はシーバスの数は少ない感じですが、積極的にボラなどを食っているのでやりやすいですね。年によってベイトの量とかで回遊量が変わるので注意が必要です。

こちらはショアジギの釣果ですね。ベイトはコノシロか鯖でコノシロペンシルでちょうどマッチザベイトでした。タックル的にも余力があって余裕でしたね。

こちらはダウズスイマーでの釣果ですね。ボラパターンでの釣果です。今年はスコーピオンMDを買ったのでビッグベイトばかり使っていますね。いい感じです。

※釣果は随時記載します。

その他の釣果はこちらからどうぞ。

秋のシーバスQ&A

  • 秋のデイゲームって有効ですか

もちろん有効です、この場合だと上述の通りイワシなどの回遊系のベイトに着いたシーバス狙いが一番有効ですね。フィールドは沖堤防や潮通しのいい岸壁、大きめの河口などがねらい目ですね。

秋だとシーバスの活性が非常に高いので昼間でもボイルしていることも多いです。偏光グラスなどでじっくり観察して探していきましょう。

  • ハイシーズンと言われていますが、あまりシーバスの気配が感じられません。なぜですか?

シーバスもある程度回遊魚的な側面があるので、場所によってはあまり回遊してこないところもあります。一応ベイエリアや河口や河川といった場所は比較的どこも回遊してきます。

しかし、サーフや磯や沖堤防などのオープン系の大場所はベイト次第になることが多く水温や天候によっては全く釣れない場合もあります。

まとめ

秋はよく釣れる。しかし、ある程度基礎的なことはしっかり押さえておこう。

【最新版】秋のパターン 9月10月11月の釣り方やルアー選びのコツ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA