シーバス 冬のパターン 12月1月2月の釣り方やルアー選びのコツ

 

今回は「シーバス12月1月2月のパターン」を紹介します。かなり寒くなって水温も下がり風も強くなってくる時期ですがしっかり狙えば大型を獲ることも可能な時期です。攻め方やポイントなどを紹介するので参考にしてみてください。

12月~2月のシーバスの動向

  • 産卵を迎えてかなりシーバスの数が減る

シーバスは沖目で産卵するといわれているのでかなりの数のシーバスが沖に移動してしまうので岸から狙えるシーバスの数がぐっと減ってしまいます。

なので秋のように簡単に釣るのは難しい時期です。文献によると産卵できるのは50~80cmのサイズが一般的とされているので良く釣れる50~60cmは数が少なくなってくる感じです。

従って残るは30cm以下のセイゴと産卵しない80cm以上のようにサイズが極端になってしまうのも特徴です。

1月末ともなると産卵を終え50~70cmのシーバスの回遊も良くなりますが強風で釣りができなかったり、ベイトが少なく活性も低いので釣りにくい場合も多いです。

  • ベイトも大幅に減る

シーバスも数が減りますが餌となる小魚系のベイトもかなり数が減ってしまい狙うフィールドがズレるとシーバスもいない場合が多く大幅に釣果にばらつきが出てしまうのもこの時期の特徴です。

ベイト自体のレンジが下がるのでベイエリアの明るい場所でもベイト自体の位置が分かりにくくやや攻めづらい感じになる事が多いです。

小魚系のベイトはボラやイナッコ、柊コノシロなどが多くみられます。シーバスは小魚がいないとバチやカニも頻繁に捕食する場合もあります。

  • 動けるシーバスを狙うのが重要

魚は変温動物なので水温が下がれば動きが鈍くなります。それが小型や弱った個体なら、なおさらで余計動きが鈍くなります。

しかし大きく強い個体は低水温でも十分動けるのでそういった強いシーバスがルアーに食いついてくきます。

低水温でも動けるシーバスを狙うのが重要な要素になります。

12~1月にアツいフィールド

  • 河口◎

水温が安定していて河川の流入や温排水などが出る場所もありベイトが多く集まる傾向があります。

それを狙うシーバスも河口に集まります。特にボラやイナッコは冬に河口に密集している場合も多くそれに着いたシーバスもある一定数はいます。

しかし、その分アングラーにも狙われやすくスレ気味で活性が低い場合も多く、いても食わない場合があり難易度は高めです。

特に今の時期は来れば大きいのでもともと頭の良いシーバスが多くそれらも釣るのを難しくさせる原因にもなります。しかし、やはりシーバスが居る確率が非常に高いのでおススメのポイントです。

  • サーフ〇

サーフは冬でもシャコやカニなどがいる事があり、それらを食いにシーバスが回ってくる事が多いです。

特に柊などが多く接岸するとチャンスでそれを食いに大型のシーバスが群れで入ってくる場合もあり当たれば大型連発なども十分あり得ます。

しかしそれもベイト次第なので事前の情報収集や下見などが必要になってきます。同様に地磯なども似たような状況になる場合もあります。

  • ベイエリア△

水質がクリアーになりそれに伴いシーバスの警戒心が上がるので釣りづらくなります。ベイエリアは基本的にどこも明るいのでそれらも釣りづらさに拍車をかけます。

ベイエリアでベイトのレンジが下がるとかなり深いラインまでシーバスも下がりレンジ攻略が面倒になり釣りづらいです。

もちろん浮いている日もありますがそれも秋に比べるとかなり減ってしまいます。さらにベイトの大きさの関係上セイゴが多く大型はあまりといった状況になりやすいです。

しかし、ベイエリアの形状や構造によってトウゴロウイワシやコノシロが大量に接岸する場所もあります。

こうなると回遊系のシーバスが多く非常に釣りやすいです。なので情報収集も重要です。

釣り方のコツや要点など

  • とりあえず遅くゆっくり巻く!

冬場はベイトの動きが鈍いのでスローリトリーブ主体の攻めが非常に有効です。

ルアーをベイトに合わせてドリフトさせるなり遅く巻くなりすれば基本的にOKですが、やはり狙いたいサイズに応じてルアーの大きさを調整するのがポイントでセイゴ中心に遊びたい場合は5~8cm前後ランカーのみに絞りたい場合は12~15cm前後に合わせるとシーバスの大きさ的にうまく釣り分ける事が可能でしょう。

過度なアクションは見切られることが多くなるので基本的に不要ですがやはり単発ででかいシーバスがいる場合などはドリフトだけではかなり見切られるのでいそうな場所やヨレ付近で軽く誘うといった動きも重要な事が多いです。

ベイトに着いた動けるシーバスが多い場合はバイブレーション早巻きがパターンに反して釣れる場合もあると思います。

  • レンジは低く保つ

ベイトの位置が水面下から下がるのでそれに応じてシーバスの位置も下がってしまいます。

こういった時に表層を探っても反応はないのでベイトの下を通すかベイトに紛れさせる必要があります。

なので水面下1m以下をじっくり下げつつ探る感じが一番良いでしょう。

特に河口はそこまで深い場所はあまりないのでほぼシンペンのみで釣れるといっても過言ではありません。

でかいシーバスを獲るためにやや深いレンジを探る必要があるのでウェイト調整が重要な要素になってきます。

リップレスミノーを使う場合はシンキングタイプやサスペンドタイプを使用するとかなり深いレンジを探れるのでおススメです。

  • ベイトをルアーで探す

底物のカニやエビなどを食っているシーバスはどこにいるのか非常に分かりにくく根がかりなどもしてしまう事からあまり狙うのは得策ではありません。

やはり小魚に着いたシーバスの方が狙いやすく釣りやすいのですがどうしても目で見つけるのが難しくなります。

こういった場合はアサシンなどの巻き抵抗があり飛ぶルアーで一帯をやや早く巻いてベイトに当たる感触をルアーで探すのがおススメです。

ベイトを見つけてしまえばあとはそこ付近をドリフトさせるなりスロー巻きして探るだけなのである意味分かりやすいかもしれません。

シーバスがいない場合は上流に上がるか移動すればいいだけなのでよりベイトを探して動くようにすればよいでしょう。

  • タックルはやや強めがベスト

風があるのでそういった場合はやはりある程度質量のある重いルアーを飛ばせないと釣りになりません。なのでそういったルアーを飛ばせるやや強めのモノがあると便利でしょう。

9ft台でMLがあれば十分イケますがより広く探って狙う場合は10ft台もあればより盤石です。

特にうまくハマると80UPの可能性が高い時期なのでそういった面でも弱いタックルよりかは強いタックルの方が安心です。

特に河口ではより大型に期待できるので強めの方が絶対良いですね。しかし秋に比べてあまり引かないのでラインは08にして飛距離重視というもありだと思います。

この時期はベイトもおススメで飛距離は落ちてしまいますがハマりやすいビッグベイトを使用できる、糸ふけなどをスムーズに処理できるというメリットもあります。

12~2月にハマりやすいルアー

  • バイブレーション△

ややキツイです。速く巻くパターンは反応が悪いことが多いのでリフト&フォールやロッドを立ててやや遅く巻くなどを意識しないと無反応の場合もあります。

ベイエリアや河口ではアミなどのマイクロベイトパターンが多いので50~60mm前後の小型バイブレーションを用意しておくといいですね。

派生形のローリングベイトやトラビスなどのローリング系のバイブレーションを用いるのはアリです。

  • リップレスミノーやフローティングミノー〇

悪くはないですが重心移動システムやAR-Cなどの飛距離を重視したタイプを揃えておくと爆風でも釣りがしやすくなります。不意のコノシロパターンなどにも合わせれるビッグプラグなども持っておくといいですね。

しかし、使用者が多く中途半端に使うとスレていて全く食わない場合もあるので大型ミノーでランカー狙いなどを意識して他のアングラーとうまく差別化したいところ。

水面のウェイク系などはやや厳しいので使用は控えた方がいいかもしれません。

  • ワーム〇

アクションがナチュラルで低活性に強くサイズやジグヘッド重量などの調整もしやすいことから非常に有効です。しかし、風には弱いのでベタ凪のベイエリアや都市型河川などで使用すると良いでしょう。

サイズは8cm前後の小さめがベストですね。こちらもマイクロベイトパターンやバチ抜けに合わせて使用したいです。

しかし、ジグヘッド自体が振動するタイプやワインド系のワームなどはかなり厳しいので注意。ただ巻きだけではなくリフト&フォールやフォールのみなども必ず試しましょう。

1~3月はシンペンが強い

1~3月はベイトの動きが鈍くそれに従ってシーバスの動きも緩慢です。なのでこういった低活性の状況ではやはりシンペンが一番強いです。

ある程度重いシンペンや重心移動のシンペンも使えばある程度の風にも対応できるのでシンペン中心に攻めるのがおススメです。関東地方ならイナッコの他にもバチなども絡みますからチャンスです。

超大型に絞るならサイズが100mm以上で20g以上のヘビー級のシンペンで攻めると良いでしょう。ただドリフトさせるのはなくボトムドリフトやフォールさせて中層をドリフトさせるなどの工夫が必要です。

シンペンは重めの(20g)程度を用いると良いでしょう。飛距離も出ますし、深いレンジも探りやすいので大きいシーバスを釣りやすい状況にハマります。

冬場は普通にバチ抜けしている地域も多いのでさらにシンペン有利になります。多少運が絡むパターンではありますが、うまく水面を観察してバチ抜けを察知したいですね。

冬場に有効な初心者向けシーバス釣法

冬場はでも普通にシーバスを釣る事ができるのですが、水温の低さやベイトの少なさなどもあり初心者の方にはやや厳しいです。初心者の方には冬場はデイゲームのコノシロ付きシーバスを狙うのをおススメします。

冬場は普通の岸壁やサーフにコノシロが回ってくる地域が多いのでそれらに着いたシーバスを狙いましょう。コノシロに着いたシーバスの特徴として・・・

  • 完全に回遊性なので簡単に釣れる
  • バイブレーションやミノーなどのアピール系のルアーでも容易に釣れる
  • 活性が高い
  • ボイルやナブラなども出るのでシーバスの位置などが分かる

などがあります。

夜間は非常に風が強かったり、シーバスの活性が低く釣りにくいですが、デイゲームのコノシロ付きシーバスは非常に活性が高く見つける事さえできればほぼ釣れます。こういったシーバスを狙ってみましょう。

  • コノシロの見つけ方や情報収集など

デイゲームなので普通に目で探すのが簡単です。

群れの規模が非常に大きい事が多いのでコノシロとシーバスがセットで居れば水面に変化が出やすく、見つける事は簡単です。

偏光グラスがあれば非常に簡単に見つけることができるので用意しておくのをおススメします。

  • 水深が深い(10m前後は欲しい)
  • 沖に遮蔽物や沖堤防がなく開けている
  • 沖に太い潮目や速い流れなどがある

こういった特徴を満たす岸壁なら普通にコノシロが回ってくるのでネットや釣具店などの情報を調べつつこまめに通うようにすれば非常に簡単に探せるでしょう。

時期は地域によって異なりますが、12~4月あたりに回ってくる地域が多いですね。時期や細かいポイントは調べるしかないので「お住いの地域 コノシロ シーバス」などで検索してみましょう。

他にもサビキなどでコノシロを釣っているじじいやおっさんもいるので聞いてみるのもありですね。

  • コノシロ付きシーバスの狙い方やルアーなど

これは非常に簡単でホロ系のバイブレーションやミノーなどをコノシロに向けてキャストし速く巻くだけで釣れます。

特にシンペンやワームなどは使う必要はないので少しだけボックスに入れておくぐらいで大丈夫です。他にもデイゲームなのでスピンテールが非常に有効でキャストしてロッドをやや立てつつ巻くだけでシーバスがいれば即バイトといった感じです。

こういったやや大きめのスペックのルアーを用いるのがポイントです。冬の時期に回遊してくるコノシロはサイズが15~20cm程度と大きいのでマッチザベイトと飛距離確保を考えて大きめのスペックにしておきましょう。

チャート系は昼間なので見切られやすいので注意です。

なのでよほど天候が荒れていない限りは封印しておくのが良いでしょう。

釣り方自体は見つけてキャストして速く巻くを意識すればOKです。ミノーはジャーキングも非常に有効ですが、慣れていない場合は速くただ巻きするを意識しましょう。

タックルはやや強めのロングロッドが良いでしょう。コノシロは岸壁際を回遊するというよりはやや離れた位置にいる事が多いのでPEは1号前後で飛距離を確保しておきましょう。リーダーはフロロ5号で十分です。

冬のシーバス攻略Q&A

  • 冬にトップ系って釣れる?

厳しいですね。特にポッパー、ペンシルベイトあたりのアピールしつつのトップ系プラグは絶望的ですね。しかし、シンペンの引き波やダイワのスライなどのフローティングのシンペンとかならバチ抜けが起こっていれば普通に釣れると思います。

もちろんシーバスの活性や水深などにもよるのでどうしても食わない時などは試してみるといいでしょう。

  • 冬の雨ってシーバスに対してどういった影響を及ぼすの?

活性が下がる場合があるので注意です。雨が降ると表層の水温がガクッと下がるのでベイトのレンジが下がってしまい、一見するとシーバスがいない雰囲気になってしまう場合が多いです。

特に雪などもやや悪影響ですね。あまりに寒いといかに寒さに強いシーバスでも活性が下がります。

  • 冬のシャローや干潟とか釣れる?

河口のシャローとかは普通に水温がそこまで下がらないのでシーバスは釣れますが、干潟や遠浅のサーフだと小魚系のベイトが少なくてシーバスも回遊してこないなどもありますね。

単発でボトムのカニやシャコをドカ食いしているシーバスもいますが、どこに着きやすいかなどが分かりにくいので釣るのは難しいですね。

こういったシーバスを狙い時はバイブレーションボトム直撃パターンがおススメです。

  • 水温とかって測る必要ある?

計っても水温を上げれないのでそこまで意味はないですね。

しかし、河川は場所によって全然水温が違うので細かい水温のデータをとっておくとポイント開発や釣れるポイントの発掘に繋がります。割と水温を測ったりするのも面白いので向上心があるアングラーにはおススメです。

ちなみに表層とボトムだと全然水温が違うので接触式の方が良いです。

  • 冬はハゼを捕食しているシーバスが多いって聞いたけど、狙う必要あり?

これはポイントによって異なりますね。確かにハゼは多いので表層付近を探って反応がない時はシンペンのボトムドリフトやローリングベイトのボトムドリフトなどは試したいですね。

私はもっぱらイナッコについたシーバスを狙ってますね。あまりハゼとかの底物系のベイトは意識してないです。

  • 冬は全然釣れん、どうすりゃいいの?

冬のパターンはコノシロ付きとかじゃないと簡単に釣れないのであまりに釣果がない場合は無理しなくても大丈夫です。シーバス以外だと太刀魚や青物などが回遊するポイントが多いので自然が多い田舎のアングラーはそっちの方が美味しいですし、おススメですね。

12~2月の釣果

河口での釣果ですね。12月だとたまにバチ抜けしているのでワンダー80などの小型でややアピール力の高いシンペンを使えば小型のシーバスなら普通に釣れます。

一月末の釣果ですね、十分回遊も良くなっていわゆる「普通」といった感じですね。多少活性が低いですが普段とあまり変わらないコンディションなので十分釣れると思います。しかし、ミノーやバイブレーションなどのウォブリング系には一切反応なしという場合もあるので注意。

こちらはパンチラインの釣果ですね。チヌもけっこう釣れるのでシーバスが釣れない時の暇つぶしには十分です。基本はやや沈めてゆっくりドリフトさせるを意識して釣りましょう。カケアガリなども重点的に攻めたいですね。
こちらは元旦の釣果ですね。ベイトもいなく非常に厳しいですね笑 一応小さいマイクロベイトがいたので下のゾーンを通すとガツン。似たようなサイズがマイクロベイトを追い詰めていたようですね。

2月前半での釣果ですね。今年はどこうろついていたのかは分かりませんが戻りが遅かったですね。でも釣れたのでここからは安心してやれそうです。

こちらは一月ごろの釣果ですね、河口でも40~50ぐらいなら普通にぽつぽつといることが多いので小型のミノーや軽めのシンペンなら軽く釣れますね。バチ抜けが絡むと普通に活性も高いです。

こちらはバチ抜けの釣果ですね。どちらかというと吸い込みのバイトになるのでうまくアワセを決めたいところです。フェザーをつけるとかなり乗りやすくなるのでおススメです。

ローリングベイトのボトムドリフトでの釣果ですね。あまりにビッグベイトでバラすのでうっぷんが溜まりガチで狙いました。シンペンだけでなくワームやロリベでのボトムドリフトできますが、沈降が速く難しいのでシングルフックやダブルフックにしておくのもありだと思います。

こちらは珍しくミノー(エクスリム)での釣果ですね。ごくごく普通のドリフトでガコン。139mmなのでバイトしてくるシーバスのサイズは大きいです。痩せていた割にかなりパワーがありましたね。

真冬のサーフでの釣果ですね、ベイトがイワシでシーバスもセットでいたので非常に甘い釣りでした。とにかくベイトさえいれば逆に釣りやすいシーズンです。

こちらは真冬のサーフでの釣果ですね、コノシラスを沈めて中層を巻いているとドゴンとバイト。結構瘦せているので産卵後の個体かもしれません。

こちらはサーフでの釣果ですね、イワシが結構いるのでVJやワームだと簡単に釣れます。気温が2℃程度でしたが寒さはあんまりシーバスには関係ありません。

このヒラメを釣るためにサーフに行ってたのですが、なぜかシーバスばかり釣ってしまい・・・でもやっと釣れました。PBでボトム近辺を探っているとバイト。これはうれしかったです。

※釣果は随時記載します。






Twitterフォロワー募集中です!

不定期更新なのでツイッターをフォローしてくださると更新が分かりやすいです→田中フォローページ

シーバス 冬のパターン 12月1月2月の釣り方やルアー選びのコツ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 川崎直文 より:

    初めまして。私、主に涸沼にてシーバス釣りのみたのしんでます。この世界にはいりこんで3年目です。HPを偶然みつけて、参考になる記載が多く助かりました。自己流では釣れない事が判明いたしました。PEラインとリーダーの結び方も甘くて釣り逃がしたことも多々あり。年齢てきに70をこえましたので、釣行の範囲が必然的に制限され、涸沼ということです。いまだかって冬季につれたことなく、ルアーは参考になりましたので涸沼川~河口久慈川~河口あたりまで安全をモットーに足を延ばしてみます。

    1. tanaka より:

      どうも、初めまして。こちらこそご覧いただきありがとうございます。なかなかシーバスは厄介な魚なので結構釣るのは難しい部類に入ると思いますね。冬場はゆっくり巻くと釣りやすいのです! ぜひとも安全に気を付けてシーバスライフをエンジョイしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA